【保育士試験】順番に沿った進め方と対策のポイント。勉強方法や合格に向けたコツ

保育士試験の対策として、何から勉強すればよいのか、どんな順番で進めればよいのか悩む方もいるかもしれません。範囲が広く、科目によって難易度が異なるため、合格するには効率よく勉強することが大切です。今回は、保育士試験の概要や対策となる勉強方法を紹介します。また、合格のためのポイントもまとめました。


試験勉強の様子

tkyszk/shutterstock.com

 

保育士試験の対策をする前に概要を押さえよう

保育士資格を取得するためには、養成校を卒業する以外に保育士試験に合格する方法がありますよね。

保育士試験は範囲が広く科目数も多いため、合格するには効率よく勉強する必要があるでしょう。試験について理解を深め、ポイントを押さえた対策が大切です。

 

まずは保育士試験の概要を確認しましょう。

 

保育士試験の流れ

 

保育士試験は、前期(春)と後期(秋)の年2回開催されます。

最初に筆記試験が行われ、全科目合格すれば実技試験に進む流れです。

 

試験科目

 

筆記試験

筆記試験は、以上の9科目が出題範囲です。

 

  • 保育の心理学
  • 保育原理
  • 子ども家庭福祉
  • 社会福祉
  • 教育原理
  • 社会的養護
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論

実技試験

実技試験は、以下の3分野のなかから2分野を選択して試験を行います。

 

  • 音楽に関する技術
  • 造形に関する技術
  • 言語に関する技術

 

合格点と合格率

 

次に、保育士試験の合格点と合格率を紹介します。

合格点

  • 筆記試験:各科目100点満点中60点以上(ただし「教育原理」と「社会的養護」はそれぞれ50点満点中30点以上)で合格
  • 実技試験:各分野50点満点中30点以上で合格

合格率

厚生労働省の資料によると2019年の保育士試験の全体の合格率は約23%です。

過去の筆記試験の合格率の推移と比較しても大きな差はないため、例年20%前後が筆記試験の合格率の目安と言えるでしょう。

 

合格した筆記試験科目については3年間有効となり、次の試験で免除されるため、難易度が下がることもあるかもしれません。

自身が目指す試験までの流れや概要を押さえたら、それを目標に勉強方法などの対策を練っていきましょう。

 

出典:保育士試験の概要/厚生労働省

保育士試験に向けた勉強法や対策

ここからは、保育士試験対策となる勉強の進め方について、順番に沿って紹介します。

 

STEP1.科目をグループ分けする

 

9つの筆記試験科目は、以下のように近い分野をグループ分けすると学習がスムーズになるかもしれません。

 

(1)教育原理・保育原理・社会的養護→原理系

(2)社会福祉・子ども家庭福祉→福祉系

(3)保育の心理学・子どもの保健・子どもの食と栄養→子どもの心身発達系

(4)保育実習論→保育施設・実践系

 

以上の4グループに分けて勉強すると、頭の整理がしやすいかもしれません。なかには内容が重複していたり、横断的に学習したほうがわかりやすかったりするケースもあるので、自分なりにアレンジしてみましょう。

 

STEP2.テキストを読んでインプットする

 

科目のグループ分けをしたら、次にテキストをしっかり読み込みましょう。途中でわからない箇所があったとしても最後までひと通り読み進め、概要をつかむことが大切なポイントです。

 

そのあとに、わからなかった箇所を重点的にもう一度読み込んだり、ノートにまとめたりして、より深くインプットしましょう。

 

STEP3.問題を解いてアウトプットする

 

科目の概要をインプットしたら、次にアウトプットを行います。

一問一答式の問題集や過去問などを解き進め、ミスしても再度挑戦して正解するまで繰り返すことがポイントとなります。

 

過去問に取り組むときは、100点中80点など本試験よりも高得点取得を目指すことが実践対策となるでしょう。

 

STEP4.得意科目と苦手科目を把握する

 

次に、得意科目と苦手科目の把握をします。

勉強を進めるなかで、得意な科目と苦手な科目が見えてくるかもしれません。

その際に、苦手な科目は重点的に学習するなどの対策を取りましょう。

 

ただし、得意科目であっても覚えたことを忘れないようにするため、少しずつ復習する時間もとりながら勉強するとよさそうです。

 

STEP5.本番を想定した実践練習をする

 

最後に、試験当日を想定した実践練習をします。

本試験では1科目1時間、1日4〜5科目を受験します。まずは過去問を利用し、1科目1時間以内に解けるか時間を計りながら実践してみましょう。自身の問題を解くスピードと時間を把握したところで、ペースを掴んでいきます。

 

また、試験当日に向けて集中力を保つトレーニングも行いましょう。休憩を挟みながら、5科目続けて解くことができるよう実践練習をしておくとよいかもしれません。

保育士試験の合格を目指すうえでのポイント

合格証明書の写真

umaruchan4678/shutterstock.com

 

保育士試験に向けた勉強法をおさえたところで、最後に合格を目指すうえでのポイントを紹介します。

 

目標を決めてスケジュールを立てる

 

試験当日までに達成したい目標を決めて、スケジュールを立てましょう。

 

試験までの日数を逆算し、いつまでにどの科目を学習するか、スケジューリングします。その際、最初からハードルの高い目標を設定するのではなく、「〇日までに1科目インプットする」といった短期的な目標を設定することが大切です。それをコツコツと達成していくことで、モチベーションの維持にもつながるかもしれません。

 

目標の設定と達成をくり返し、筆記試験日までに本試験の過去問を3回ほど解けるようにスケジューリングすると、余裕をもって実践練習もすることができるしょう。

 

やりやすい科目から順番に進める

 

インプットは、以下の例のように自身がやりやすい科目から進めましょう。

 

  • 子育てに関わることに興味がある場合は「保育の心理学」や「子どもの食と栄養」、「子どもの保健」から始める。
  • 保育の基礎からしっかり勉強を進めたい場合は「保育原理」から「教育原理」、「社会的養護」とインプットしていく。

 

まずは自身のやりやすい科目や興味のある科目から順番に進めるとスムーズに頭に入っていくかもしれません。また、その後の勉強のリズムも掴めそうですね。

 

過去問を活用する

 

過去問を活用して解くことで、その時点での学習水準を把握しやすくなるでしょう。

過去問のテキストには、あわせて問題の意図や必要な情報が解説されていることがあります。解説を読み込むことで、保育士試験の傾向をつかむこともできるかもしれません。

 

ただし、テキストや問題集は必ず最新版を選びましょう。なかには、法改正の関係で出題範囲が変わりやすい科目があるようです。特に「社会福祉」や「子ども家庭福祉」、「保育原理」、「教育原理」、「社会的養護」の5科目は、出題範囲が変わりやすいと言われています。

 

テキストや問題集選びに注意すると同時に、ニュースや新聞などをチェックして最新情報を集めておくようにしましょう。

保育士試験の勉強方法を把握して、当日までの対策をとろう

今回は、保育士試験の概要や対策となる勉強の進め方について紹介しました。

 

筆記試験科目によっては難易度が高く、覚えることも多いためどのように勉強すればよいか悩むこともあるかもしれません。やりやすい科目から順番にインプットしたり、一問一答式の問題を使って少しずつアウトプットしたりするなど、自分なりにやりやすい勉強法を探りながら進めるとよいでしょう。

 

当日までのスケジュールを立てて勉強し、準備を万全にして本試験に臨めるとよいですね。

 

これから保育士サムネ

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格は免許更新が必要なのか、疑問に思う保育士さんもいるかもしれません。更新は不要です...

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは、特定の地域で働ける保育士のことで、保育人材不足の解消を目的として201...

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育士の転職活動において、面接の日程や時間がいつでもいいというケースもあるかもしれません。...

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

保育士試験を受験する方のなかには、独学での一発合格を目指している方もいるかもしれません。い...

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

保育士試験の筆記に合格したあとに行われる実技。科目は造形・音楽・言語とありますが、それぞれ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!