保育園で泡遊びをしよう!石鹸とペットボトルやスポンジなどを使った泡の作り方

泡遊びは子どもたちが夢中になれる保育遊びの1つ。泡まみれで遊ぶのも楽しいけれど、保育園でできる泡遊びのアイデアを知りたい保育士さんもいるのではないでしょうか。いろんな感触を楽しめる泡の作り方や、ペットボトルやスポンジなどの材料をつかった泡の工作のアイデアを紹介します。子どもといっしょにいろんな泡を作りながら楽しみましょう。


手を洗う様子

3445128471/shutterstock.com

 

泡遊びとは

泡遊びとは、石鹸を泡立てたり、色をつけたり、息を吹きかけたりしながら、泡の不思議な感触を楽しむ遊びです。

 

保育園でも取り入れられることが多く、石鹸と水を混ぜて泡を作ったり、混ぜ方を変えたり道具を使ってみたりすることで、泡の感触が変化することを遊びながら学ぶことができるでしょう。

 

いろいろな方法を試しながら次はどんな泡ができるのか、子どもたちの好奇心を刺激する効果も期待できますね。

 

泡遊びを通して、子どもといっしょにいろんな泡を作って楽しみましょう。

感触を楽しめる泡遊びのアイデア

ここからは、いろいろな泡を実際に作って、全身で泡の感触や形を楽しむ保育遊びを紹介します。

 

全身で泡遊びをしよう

 

用意するもの

  • 固形石鹸、または赤ちゃん用のボディソープでもOK
  • おろし器
  • 洗面器、またはボボウル
  • 砂糖
  • 泡立て器
  • 泡立てネット
  • スポンジ
  • 紙コップ

 

作り方

1.固形石鹸をおろし器ですりおろして洗面器に入れます。

2.(1)に水と砂糖を入れて、泡立て器で混ぜて泡を作ります。

3.スポンジや泡立てネットを使って、自由に泡を作って遊びましょう。

 

(1)と(2)は保育士さんがあらかじめ準備しておきましょう。

遊び方のポイント

砂糖はなくても大丈夫ですが、砂糖を入れることで泡立ちがよくなります。

 

子どもが好きな道具を使って、思い思いの泡を作っていきましょう。きめ細かい泡を作り腕いっぱいに大きくした泡を抱えて楽しんだり、いろいろな泡作りを遊びながら進めていけるとよいですね。

 

できた泡に絵の具や食紅を少し入れて混ぜると、いろいろな色の泡ができて面白いかもしれません。

 

また、作った泡を紙コップなどに入れてアイスクリームを作ったり、ビニールプールやタライに泡を入れて泡風呂で遊んだりすると、遊びのバリエーションが増えてより楽しめるでしょうね。

 

ペットボトルでブクブク泡を作ろう

 

用意するもの

  • 固形石鹸、または赤ちゃん用のボディソープでもOK
  • ペットボトル
  • 輪ゴム
  • ハンドタオル
  • はさみ、またはカッター

作り方

1.水を入れた洗面器に固形石鹸を溶かして、石鹸水を作ります。

2.はさみかカッターで、ペットボトルの底部分を切ります。

3.ハンドタオルを水で濡らし軽く絞ります。

4.(2)の底を塞ぐようにタオルをあてて輪ゴムで止めます。

5.(1)またはボディソープをタオルにしっかりと塗って、ペットボトルの口から息を吹くと、泡のできあがりです。

 

(1)~(4)は保育士さんがあらかじめ準備しておきましょう。

遊び方のポイント

タオルを輪ゴムで止めるときは二重にしてしっかり止めると、吹いた息が漏れにくく泡が出やすくなるでしょう。

 

また、タオルは薄いハンカチよりもタオル生地のほうが泡立ちやすくなります。ある程度の肺活量が必要なので、5歳くらいから取り入れると進めやすいでしょう。

 

0歳児や1歳児など低年齢児と遊ぶときには、必要に応じて保育士さんがペットボトルを吹いて、子どもがでてきた泡で遊ぶように進めるとスムーズかもしれません。

 

もこもこの泡がたくさん出てくるので、子どもの手の上に泡が乗るように吹くと、ペットボトルを吹くことが難しい子どもでも楽しめるかもしれませんね。

泡遊びを活用した製作アイデア

泡遊びをする男の子

Wasitt Hemwarapornchai/shutterstock.com

 

ここからは作った泡を使ってできる製作のアイデアを紹介します。

 

バブルアート

 

用意するもの

  • 石鹸、またはハンドソープや洗剤でもOK
  • ストロー
  • 紙コップ
  • 絵具
  • 画用紙
  • スプーン

作り方

1.紙コップの中に水を入れて石鹸を溶かし、石鹸水を作ります。

2.(1)に好きな絵具を入れて混ぜ、石鹸水に色をつけます。

3.(2)にストローで息を吹き泡立てます。

4.泡がコップから溢れるくらいまで息を吹きかけて、できた泡を画用紙に押し当てて模様をつけます。

5.(2)をストローにつけて、画用紙の上に吹きかけて模様を書きます。

6.コップの中で作った泡をスプーンですくって、画用紙の上にのせて模様をつけてできあがりです。

 

(1)は保育士さんがあらかじめ準備しておきましょう。

製作のポイント

いろいろな形状の泡を作ることで、できあがる模様の種類が増えて楽しめるかもしれませんね。
石鹸水は複数の色を準備すると、できあがりがカラフルでバリエーション豊かな仕上がりになるでしょう。

 

また、アレンジとして石鹸を洗濯のりとシェービングフォームに変えることで、また違う形のバブルアートになり遊び方の幅が広がるかもしれません。

 

<アレンジした作り方>

1.洗濯のりとシェービングフォームを1:1の分量で混ぜあわせます。

2.(1)に絵具を混ぜて色をつけます。

3.画用紙にアイスクリームのコーンやカップを書いて、(2)をアイスクリームに見立てて画用紙にのせてできあがりです

 

泡を作るときは、お菓子作りのメレンゲをイメージして混ぜると作りやすいでしょう。泡を置くときに、ソフトクリーム状にしても面白いかもしれませんね。

 

乾くと立体的な泡の形のまま固まります。泡は薄くのせると下の画用紙が透けてしまうため、厚めにのせると綺麗に仕上がるでしょう。

 

乾かすときは、下に新聞紙などを重ねて敷いておくと画用紙に水が染み込んでも机が汚れずにすみますので、台紙や汚れても良い紙を使って進めるとよいですね。

 

泡のお人形

 

用意するもの

  • 固形石鹸、ハンドソープ
  • おろし器
  • 洗面器、またはボウル
  • 砂糖
  • 絵具
  • 紙コップ
  • 折り紙
  • はさみ

作り方

1.洗面器の中に、おろし器ですりおろした石鹸と水、砂糖を入れて混ぜます。

2.(1)に絵具を入れて混ぜ、色をつけます。

3.(2)を紙コップに入れて、コップを人形の体・コップから溢れるように盛った泡を顔に見立てて泡を入れます。

4.顔部分に、折り紙で作った目や口のパーツをつけてできあがりです。

 

(1)は保育士さんがあらかじめ準備しておきましょう。

製作のポイント

泡を作るときはよく混ぜて、きめ細かい泡にすると人形ができあがった後もすぐに泡が消えず、長く楽しむことができるでしょう。

 

人形をうさぎやきつねなどの動物をイメージして作っても、かわいい仕上がりになるかもしれません。
子どもたちが好きな色の泡で作ったオリジナルの人形を並べて、個性あふれる展示会を楽しむこともできますね。

 

泡で作る食べ物・飲み物

 

泡ケーキ

<用意するもの>

  • 固形石鹸、またはハンドソープ
  • 洗面器
  • おろし器
  • 砂糖
  • 泡だて器
  • スポンジ
  • はさみ
  • 折り紙

 

<作り方>

1.洗面器の中に、おろし器ですりおろした石鹸と水、砂糖を入れて混ぜます。

2.スポンジをケーキの形に見立てて、三角や丸に切ります。

3.(1)をケーキのクリームに見立ててて、スポンジに塗りデコレーションします。

4.ちぎった折り紙を上からふりかけて飾りつけをしたらできあがりです。

 

泡を作るときは、たくさん混ぜてメレンゲに近いくらいきめ細かい泡を作ると、本当の生クリームのような感覚で楽しめるかもしれませんね。

 

ケーキの飾りつけとして、折り紙で苺を作ってケーキにのせたり、シリコンカップやアルミカップを用意してカップケーキに見立てて作ったりしても、かわいい仕上がりになるでしょう。

パフェ

<用意するもの>

  • 固形石鹸、またはハンドソープ
  • 洗面器
  • おろし器
  • 砂糖
  • 泡だて器または洗濯ネット
  • コンビニスイーツの透明な容器、透明なコップ
  • スプーン
  • 絵具
  • ビーズ

 

<作り方>

1.洗面器の中に、おろし器ですりおろした石鹸と水、砂糖を入れて、泡だて器で混ぜたり洗濯ネットを使ってしっかりと弾力のある泡を作ります。

2.(1)を何個か容器に分けて、絵具で複数の色の泡を作ります。

3.(2)をスプーンですくって、透明な容器の中にいろいろな色の泡が重なるように入れます。

4.ビーズでトッピングの飾りつけをしたらできあがりです。

 

いろいろな色の泡を作っておくと、容器にいれたときにカラフルな泡のグラデーションができて面白いかもしれません。

 

子どもが好きな色の泡を組み合わせて、オリジナルのパフェを作ってお店屋さんごっこをしても面白いですね。

 

容器の代わりに画用紙でアイスクリームのコーンを作っておいて泡をアイスにしたり、たくさんの色の泡を重ねてダブルやトリプルアイスを作ったりしてもかわいい作品ができあがるでしょう。

噴水の泡ジュース

 

<用意するもの>

  • 500mlのペットボトル
  • 水 200ml
  • 食器用洗剤 大さじ3〜4杯
  • 重曹 40〜50g
  • 酢 適量
  • ボウル

 

<製作のポイント>

水や重曹を入れるのが子どもだけでは難しい場合は、保育士さんが入れるなどしてサポートするとよいでしょう。

 

保育士さんといっしょにお酢の入れ物を持つなど必要に応じて補助をしながら、できるだけ子どもがお酢を入れる工程ができると、自分でできたことに達成感を持てるかもしれません。

 

勢いよく吹き出る泡に驚きながらも、ネットや泡だて器で作る泡とは違う泡の姿を見て楽しめるとよいですね。

泡遊びで子どもたちのワクワクを育てよう 

今回は、保育でできる泡遊びのアイデアを紹介しました。

 

泡遊びは子どもが全身で泡の感触を楽しみながら、スポンジやペットボトルなどを使うことで、いろいろな泡の形を知ることができる機会でもあります。

 

また、身近な材料を使ったり自分でアレンジしたりすることでオリジナルの泡遊びを生み出すことができるなど、子どもの発想を豊かにする効果も期待できるかもしれません。

 

保育でできる泡遊びを通して、ふわふわもこもこの感触を子どもといっしょに楽しみましょう。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!