社会保険の【106万円の壁】とは?保育士が働き損を回避するためのポイント

106万円の壁とはどのようなものでしょうか。条件によっては扶養を外れて社会保険に加入する必要があるラインのようですが、くわしく知らない保育士さんもいるでしょう。制度について知れば、働き損を回避できるかもしれません。今回は、106万の壁や、扶養の範囲内で働くために気をつけることを解説します。


家族

T.TATSU/shutterstock.com


保育士が気になる「扶養内で働く」とは?

家族の扶養内で働きたいと考える保育士さんが、一度は聞いたことがある「〇〇の壁」。さまざまな数字があるため、制度についてよくわからないという保育士さんは多いかもしれません。

「扶養内で働く」とは、配偶者や親族の扶養控除が受けられる年収の範囲内で働くことです。


扶養から外れると、給料が増えても手取りが減ってしまういわゆる「働き損」になることがあるため、「〇〇万円の壁」について押さえておくことが大切です。

2018年の税制改正により、現在、「100万円・103万円・106万円・130万円・150万円」など扶養に関する複数の壁が存在します。


「100万円・103万円・150万円」の壁は、住民税や所得税など「税制上の扶養」に関わります。

一方「106万円・130万円」は、健康保険や年金など「社会保険上の扶養」を考えるときに重要となります。


この「〇〇万円の壁」とは、その金額を超えて働くと、条件により住民税や所得税、社会保険料の負担が増えるラインと言われていますが、具体的にどうなるのでしょうか。

今回は、扶養に関わるあらゆる壁のなかから、「106万円の壁」に焦点をあててくわしく見ていきましょう。



出典:国税庁

出典:「平成30年度税制改正」(平成30年4月発行)/財務省

保育士が気になる「106万円の壁」とは

まず、社会保険に関わる「106万円の壁」について説明します。



106万円の壁とは


「106万円の壁」とは、勤務先の社会保険の加入対象者となる年収のラインです。。


総支給額が106万円を超えると自身で社会保険に加入することもできるため、場合によっては配偶者の扶養ではなくなってしまう可能性があります。


壁表

表を見ると、扶養で働く際の年収額が106万円以内であれば配偶者の社会保険上の扶養内でおさまりますが、106万円を超えると社会保険の加入対象になるため場合によっては自身で社会保険料を支払う必要があるということがわかります。


自身で保険に加入するようになると、年収によっては手取り額が減ってしまう場合もあるようです。



106万円の壁はいつから?


2016年10月から社会保険の適用範囲が拡大し、「106万円の壁」が加わったようです。


下記の条件に全て該当すると、勤務先の社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入しなければならなくなりました。


  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 給与が月額88,000円以上(年収106万円以上、残業代や通勤手当は含まず)
  • 会社の従業員(社会保険の被保険者)が501人以上
  • 1年以上勤務する予定である
  • 学生以外

なお、2017年4月からは、従業員500人以下の職場で働いている場合でも、労使で合意がなされれば、職場の社会保険の加入対象となっています。


さらには、2022年10月より従業員が100人超の企業、2024年10月からは従業員が50人超の企業で社会保険加入対象になるなど、この先「106万円の壁」が徐々に低くなる見通しのようです。


社会保険料を負担することになると、年収106万円未満と106万円以上では手取り額に差が出るため働き損になるかもしれません。

しかし、勤務先の厚生年金に加入することで、将来受け取れる老齢基礎年金が増えるなどのメリットもあるということを覚えておきましょう。



130万円の壁との違い


社会保険上の扶養を考えるうえで、106万円の壁以外に130万円の壁も存在します。


130万円の壁とは、社会保険に加入する義務が発生するボーダーラインを示しています。

年収が130万円未満までは、保険料を支払わずとも健康保険や国民年金保険に加入している扶養内で働くことができます。


しかし、130万円の壁を超えた場合は、勤務先の社会保険加入条件を満たしていなくても扶養から外れてしまいます。

自ら国民健康保険と国民年金を支払う義務が生じるため、年収が106万を超えるものの勤務先の社会保険に加入できない場合は、130万円以内におさめるよう意識して働くとよいでしょう。



出典:パート・アルバイトの皆さんへ社会保険の加入対象が広がっています。/厚生労働省

出典:被用者保険の適用拡大について/厚生労働省

出典:事業主の皆様へ/厚生労働省・日本年金機構

出典:社会保障制度改革の動向等について/財務省

出典:短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用の拡大/日本年金機構

保育士が106万円の壁を超えたらどうなる?


考える保育士

metamorworks/shutterstock.com


パート保育士さんが年収106万円を超えて働くと、具体的にどうなるのかをまとめました。



社会保険上の扶養から外れる可能性がある


先ほど説明したように、年収が130万円未満までは配偶者の扶養に入っている状態なので、保険料を支払わずとも健康保険や国民年金保険に加入しているとみなされます。


しかし、106万円を超えて勤務先の社会保険(健康保険・厚生年金保険)の加入条件を満たした場合は、夫または妻の扶養から外れる可能性があります。



働き方によっては手取り額が減る


年収が106万円を越えて勤務先の社会保険に加入した場合、毎月の給料から社会保険料から天引きされるため、その分手取り額が減ってしまいます。


勤め先の社会保険加入条件を満たしていなければ年収130万円までは家族の扶養に入れるため、従業員500人以下の職場で働くなど園選びを工夫するとよいかもしれません。

保育士が106万円の壁を越えないためのポイント

手取り額を減らすことなく社会保険の扶養内で働きたいと考える保育士さんは、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。注意点と合わせてまとめました。



交通費や残業代、賞与等を含めずに計算する


まず、1月から12月に支給される給与、つまり前年の12月から11月分までの1年間の年収を106万円以内に収める必要があります。


その際、交通費や残業代、賞与等は含めずに計算します。

つまり、月額賃金8万8000円を超えないように意識すると、106万円の壁を越えずに働くことができそうです。



掛け持ちしてして働く


1カ所の企業の年収が106万円以内であれば、社会保険加入の対象になることはありません。


そのため、アルバイトを掛け持ちすると、各仕事の年収の合計が106万円を超えたとしても社会保険加入の対象にならなければ、手取り額を減らさずに働くことができるでしょう。


ただし、各仕事の年収額を合わせて130万円を超えた場合は社会保険の扶養から外れてしまうため注意が必要です。



希望の働き方をあらかじめ伝える


106万円の壁を超えると社会保険に加入する必要のある勤務先では、面接の段階で扶養範囲内の働き方を希望する旨を知らせておくと安心でしょう。


アルバイトやパート、派遣保育士として働けば、年収を超えないようなシフトの調整がしやすいかもしれません。

保育士として106万の壁について知り、働き損を回避しよう

今回は、106万円の壁について、社会保険加入の対象となる条件や、壁を超えない働き方のポイントについて紹介しました。


「106万円の壁」とは、勤務先の条件を満たした場合に社会保険に加入する必要のある年収額のボーダーラインです。

この壁を超えると毎月の給料の手取り額が減るケースもあるため、働き損になる可能性もあるかもしれません。


しかし、勤務先の社会保険に加入できれば、将来もらえる年金が増えたり医療保険の手当がついたりするメリットもあるので、制度の内容を確認して、自分に合った働き方ができるとよいですね。



扶養範囲内で働ける保育求人を紹介



関連する記事

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

扶養内で働くため、自身の年収が103万円以内になるよう、勤務日数の調整をしているパート保育...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!