防災意識を高める子ども向けクイズ15選!保育園の避難訓練に役立つ〇✖問題

防災に関する子ども向けクイズを保育園で活用しましょう。避難訓練のときにわかりやすい防災クイズを交えれば、子どもの意識を高められそうですね。今回は、保育園で使える子ども向けクイズを地震編、火災編、日頃の備え編と、ジャンル別に紹介します。あわせて、防災について伝えるときのポイントもまとめました。


まるばつクイズ

GARAGE38/shutterstock.com

 

保育に防災意識を高める子ども向けクイズを導入しよう

いつどこで起こるか予測のつかない、地震や火災などのあらゆる災害。

万一のときに備えて、子どもが正しい知識を身につけて安全に避難できるように保育園でも防災意識を高められるとよいでしょう。

 

幼児クラスでも理解できるように工夫しながら防災知識について伝えられれば、災害が起こったときどのような行動をとればよいのか、子どもたちが覚えられるかもしれませんね。

今回は、〇✖形式で簡単に答えやすい幼児クラスの子ども向けクイズを用意しました。

 

避難訓練時だけでなく日常保育でも気軽に防災クイズを取り入れれば、自然と防災知識が身につくかもしれません。

次より、地震編、火災編、日頃の備え編など、ジャンル別に子ども向けクイズを紹介します。

防災意識を高める子ども向けクイズ【地震編】

地震が起きたときの正しい行動が身につく、〇✖クイズをまとめました。

 

問題①:「地震が起きたら大声を出す」

答え:✖

 

突然の地震に驚き、大きな声を出して騒ぐ子どももいるかもしれません。

しかし、保育士さんの声が聞こえないと安全に避難できなくなってしまうため、静かに落ち着いて行動することをきちんと伝えましょう。

 

問題②:「地震が起きたら急いで外に出る」

答え:✖

 

地震の最中に外に出ると、上からさまざまなものが降ってくる可能性があり危険です。

室内に留まり、机の下などにもぐって落下物などから頭や体を守りましょう。

 

問題③:「地震で揺れているときに歩きまわっても大丈夫」

答え:✖

 

地震が収まっていないうちに歩きまわると、揺れによって転ぶ可能性があり危険が伴います。

揺れが止むまでは、机の下などに身をひそめましょう。

 

問題④:「地震で揺れているときは机の下にもぐって遊ぶ」

答え:✖

 

机の下にもぐることは間違いではありませんが、揺れがおさまるまで静かに待ちましょう。

保育士さんが「地震」と言ったら机の下にもぐる練習を遊びの一環として取り入れれば、地震が起きたときに瞬時に身を守る姿勢をとれるようになるかもしれませんね。

 

問題⑤:「外にいる時に地震が起きたら丈夫な建物のなかに逃げる」

答え:〇

 

地震の際に自動販売機や塀に近づくと、倒壊して怪我をする恐れがあり危険です。

頑丈な建物の中に逃げ、揺れが収まるまで身をひそめましょう。

 

子ども向けクイズで防災知識を身につけたら、地震が起こった場合を想定して避難訓練を行いましょう。

静かに保育士さんの話を聞くことができるか、すぐ机の下にもぐることができるのかなど、一連の行動が身につくまで練習することが大切です。

防災意識を高める子ども向けクイズ【火災編】

 

問題①「火事がおきたときには消防車が活躍する」

答え:〇

 

消防車は火事のときに、水をかけて消火する役割があります。

実際に消防署見学をしてみれば、消防車により興味が持てるかもしれませんね。

 

問題②「火事になったら走って急いで逃げる」

答え:✖

 

走って逃げると、人とぶつかったり転んだりする可能性があり危険です。

保育士さんなど近くにいる大人の話を聞いて、落ち着いて避難しましょう。

 

問題③「火事になったら火を見に行く」

答え:✖

 

火災中の場所に近づくのは危険です。

火事を見つけたら、まずは近くの大人に火事のことを伝えることをしっかり説明しましょう。

 

問題④「火事のときは煙をできるだけ吸わないようにする」

答え:〇

 

火事の際に発生する煙を吸うと、気分が悪くなってしまいます。

そのため、ハンカチや手で口を隠してできるだけ吸わないことが大切です。

 

問題⑤「火事から逃げるときは背伸びをしながら歩く」

答え:✖

 

火事の煙は高い方へ上昇しやすいため、逃げるときは小さくかがんだ姿勢をとります。

 

煙を吸わないように、低い場所で呼吸するようにしましょう。

身体をかがめて口をハンカチで覆いながら進む避難方法を、保育に取り入れて練習してみましょう。

 

日頃から行っておけば、いざというときでもスムーズに行いやすいかもしれません。

防災意識を高める子ども向けクイズ【日頃の備え編】


避難訓練 机

maroke/shutterstock.com

 

問題①:「9月1日は防災の日である」

答え:〇

 

日本は自然災害が多いため、災害認識を深めることを目的に防災の日が制定されたようです。

幼児クラスの子どもには、カレンダーを見せながら説明するとよいかもしれませんね。

 

問題②:「災害が起きたら静かに話をきく」

答え:〇

 

災害が起きた時は、保育士さんの話をしっかり聞けるよう、しゃべったりふざけたりしないことを約束しましょう。

日頃の保育から、話を聞く姿勢をとれるよう意識することが大切です。

 

問題③:「避難訓練は1回行えば大丈夫」

答え:✖

 

火事や地震が起きたときに、安全に逃げたり身を守ったりする方法を練習するのが避難訓練です。

災害時に落ち着いて正しい行動をとれるように、避難訓練を定期的に行うことが大切になります。

 

問題④:「避難訓練は遊びながら参加してもよい」

答え:✖

 

子どもが自分の身を守る判断力を身につけるためには、避難訓練に真剣な態度で臨むことが大切です。

避難訓練は自分の命を守るための大切な練習であるということを、子どもにしっかりと伝えましょう。

 

問題⑤:「日本は災害が少ないので安心」

答え:✖

 

日本では近年とくに、大震災や洪水などの被害が相次いでいます。

災害時に自分の命を守る行動がとれるよう、子どもが緊張感をもって避難訓練に臨めるようにしましょう。

 

また、保育士さんも、災害時に子どもたちをどのように誘導するのか、避難訓練を通してしっかりシミュレーションしておくとよいですね。

〇✖の札を子ども一人ひとりに渡し、答えだと思う札を一斉に上げて行います。全問正解を目指して、何度でもチャレンジしてみましょう。

 

答えを丸暗記できるほど繰り返し行えば、子どもの防災意識を高めることができるかもしれません。

あらかじめ問題の書かれた紙や〇✖の札などの小道具を用意しておくと、スムーズに行えそうですね。

保育園で子どもの防災意識を高めるためのポイント

災害は前触れなく突然襲ってきます。

日常の保育で練習できることや、子どもに伝えておきたい内容などをまとめました。

 

命を守るポーズを練習する

 

災害時に身を守る大切な姿勢です。

子どもが真似できるように、保育士さんが見本となって、虫や動物に見立てたポーズを練習しておきましょう。

ダンゴムシ

地震の際に頑丈な建物内に逃げたあと、周囲に机などの身をひそめる場所がないときに活用できます。

 

1.ひじ、ひざ、足の甲を床につけます。

2.頭の後ろで両手をしっかり組みます。

3.身をかがめて、ダンゴムシのように身体を小さく丸めます。

 

手の平で覆うように、しっかりと頭を守ることがポイントです。

サル

地震の際に、周囲に机など落下物から守れる場所があったときに活用できるポーズです。

 

1.机にもぐって頭を守ります。

2.両ひざを床につけます。

3.机の脚の上の方を両手でしっかりと持ちます。

 

脚が4本ある場合は、斜めに持つとより安定させることができます。

アライグマ

火災が起きたときに身を守るポーズです。

 

1.膝を半分折り曲げて、姿勢を低くします。

2.ハンカチや腕、手の平などで口と鼻をおさえます。

 

火災で煙が充満しているときを想定し、煙が入らないように鼻をおさえることを知らせましょう。

いざというとき反射的にこれらの姿勢がすぐに取れるよう、普段から遊びのなかで練習するとよいですね。

 

「ダンゴムシはどんなポーズ?」「サルはどんなポーズだったかな?」など、クイズ形式にすると子どもは覚えやすいかもしれません。

 

語呂合わせ「おかしもち」で説明する

 

災害が起きたときの避難時に気をつけるポイントをまとめた「おかしもち」という合言葉があります。

頭文字を並べた語呂合わせになっているので、子どもでも楽しく暗記できるでしょう。

 

「お」:押さない

「か」:駆けない

「し」:しゃべらない

「も」:戻らない

「ち」:近寄らない

 

避難する時に、早く逃げたいからと前の人を押してしまうと、自分が怪我をするだけでなく相手にも怪我を負わせてしまうかもしれません。

 

慌てて走る(駆ける)ことも、転ぶ可能性があり危険です。

また、保育士さんの話を聞いて行動することが大切なため、指示が聞こえるようにおしゃべりをやめることも説明しましょう。

 

さらに、もしも忘れ物をして避難したとしても、再び災害のある場所へ取りに戻るのは危険であることも、子どもにしっかり伝える必要があります。

「おかしもち」の意味を一通り説明したら、「おかしもちの『お』はなんだったかな?」などと、クイズ形式にすると子どもは覚えやすいかもしれません。

 

出典:未就学児のための防災訓練の手引き/内閣府

楽しい子ども向けクイズを出題して、幼児と防災意識を高めよう

今回は、保育園での防災活動に役立つ子ども向けクイズを紹介しました。

 

防災クイズは、子どもが保育園以外で災害にあったときにも役立つ情報が盛り込まれています。

保育園で定期的に避難訓練を行うことも大切ですが、日頃の保育のなかでも防災クイズなどを導入すれば、子どもの災害に対する意識が高まるかもしれません。

 

また、いざというとき慌てず大人の指示に従えるよう、日頃の保育のなかで保育士さんの話を聞く姿勢を身につけることも大切です。

防災にちなんだ子ども向けクイズを行って、子どもが楽しく防災の大切さや災害時の正しい行動について学べる機会を作りましょう。

 

自分に合った保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

冬の季節に子どもと楽しめる折り紙製作のレパートリーを探している保育士さんもいるのではないで...

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

ダンボールを使って手作りのパソコンを作ってみましょう。テレワークが普及した昨今、お仕事をし...

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

保育園でのリズム遊び指導案の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。手作り楽器やカスタネ...

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

保育園での絵本の日の過ごし方のアイデアを探している保育士さんもいるのではないでしょうか。絵...

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

子どもたちの誕生日に、メッセージカードを贈ってお祝いする保育園も多いでしょう。しかし、どん...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!