保育士お悩み相談 第03回「自分にとって、よい保育とは?」

保育のあるある ゆるりホッと相談室タイトル

Q.「自分にとって、「よい保育」が、まだよくわからないのですが...」


A.「よい保育」...何が「よい保育」なのか。保育士さんが考えこんでしまうことは、よくあることだと思います。
それは、それだけ「よい保育」をしたい!という思いがあるということです。
素晴らしいことだと思います。


20170908-03.jpg

よい保育って何だろう?



では、今回は「よい保育」について考えてみましょう。
ご質問は「自分にとって」という言葉で始まっています。
自分が何をしたいのか、するべきなのか、というトコロでしょうか。
この質問は、「どのバスに乗ったら良いですか?分からないので教えてください」と同じ類の質問です。

もし、誰かにバスターミナルで、そのように質問されたら、あなたは何と答えますか?
「えーーーっと、どこに行かれるんですか?」じゃないですか?ですよね(笑)
行先を教えてもらわないと、どのバスに乗ったら良いのか、答えられませんよね。

つまり、大事なのは行先だということです。
あなたが保育の仕事に取り組むうえで、行先はどこですか?そこを明確にしてもらったら、おのずと答えが出てきます。
行先とは、つまり目的地=目的です。


保育の目的は、子どもたちの未来が望ましいものになること



保育の仕事の目的は何でしょうか?
「保育所保育指針」にはこう書いてあります。
「子どもが、現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の、基礎を培うこと」。

子ども自身の「最大の利益」を尊重し、子ども自身の持っている力で、それぞれが望ましい未来を作っていけるよう、乳幼児期の今、基礎部分を培いましょう。これが「保育の原理」です。
つまり、保育の目的は「子どもたちの未来が、望ましいものになる」ことです。


目の前に子どもたちが、どんな大人になってほしいか考えよう



目の前にいる子どもたちが、「どんな大人になって欲しいのか」と考えてみてください。
「こんな大人になって欲しい、こういう人になって欲しい」
そうして思い描く子どもたちの未来の姿が「保育の目的」なのです。
いかがですか?
きっと将来の姿、こうなって欲しいという姿が、ありますよね?
それを目的にすえたとき、では今、何をしたら良いのか、ということです。

こうなって欲しいという姿が明確になったら、あとは簡単です。
その姿を先生が見せていけば良いのです。

子どもはどうやって学びますか?
周りを見て真似をして学びますね。
日本語を聞いて育てば、日本語を覚えます。
アメリカで生まれた子は英語を覚えます。
関西の子は関西弁です。
周りにあるものを吸収するワケです。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

よい保育とは、よい見本を見せること



例えば、日本語を覚えて欲しいと思えば、周りが日本語を使うことです。
正しい日本語を覚えて欲しいと思えば、周りが正しい日本語を使うこと、美しい日本語を覚えて欲しければ、美しい日本語...。

子どもたちに、自分の意見をしっかり言って欲しいな、と思えば、先生が自分の意見をしっかり言うこと。
挨拶のできる人になって欲しいと思えば、保育者が挨拶をしっかりすること。
まずは保育者が、良い見本を見せていくことですね。

優しい人、思いやりのある人になって欲しいな、と思えば、先生が優しい人でいてください。
思いやりの姿を子どもに見せてください。
人を大切にする姿を、先生自身がお手本として、子どもたちに見せていくこと。
これが一番大切なことです。

先生たちの姿を、子どもたちはよく見ています。
私たちは、いつも、子どもたちに見られています。
「よい保育」とは「よい見本をみせること」です。


迷ったら、保育士の姿が子どもにどう見えているかを考えよう



まずは「保育の目的」がブレていかないことが何より大事です。
何かに疑問を感じたら、「子どもに、保育者の姿がどう見えているか」を考えてください。
その姿が、将来なって欲しい大人の姿なのかどうか。
おのずと答えは出るハズですよ!!
※この連載では、現役の保育士の皆さんからのお悩みを募集しています。
こちら(info@hoikushibank.jp)まで、保育士お悩み相談と明記の上、お送りください。


プロフィール



内田淑佳(うちだよしか)
一般社団法人そだち 代表理事。心理カウンセラ―。
保育士、認可保育園の園長などを経て、一般社団法人を立ち上げ、子育て支援、保育運営サポート、研修講師を数多く務める。
カウンセラーとしてメンタルサポートの仕事に取り組みつつ、現役の保育士、保育教諭から主任・園長などの管理職、資格取得を目指して勉強中の人、潜在保育士などに向けて、保育の仕事の素晴らしさや、保育をする上で大切なことを伝え続けている。
ウェブサイト https://www.sodachi.net/

関連する記事

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

Q.保護者に「もっと子どもに、こうしてあげて欲しい」と伝えるには? 子どもに対する言葉...

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

Q.行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する? 1歳児の副担任です。組んでいる同僚が凝り...

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

Q.研修で学んだことを自分の園で広げるには? 外部のさまざまな研修に出かけて、知見を...

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

Q.ピアノへの苦手意識がなかなかなくなりません。 ピアノで、生の音で歌を教えたり、歌っ...

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

Q.「園全体の行事の司会が何度やっても緊張してしまいます...」 誕生会、クリスマス会...

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

Q.「初めての学年主任になりましたが、後輩指導が上手くいきません。」 後輩に言わないと...

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

Q.「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回りません!」 日案、週案、月案、誕生会やクラ...

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

Q.「.保育の引き出しをひろげるためにはどうしたらよいか?」 いつも保育がワンパターン...

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

Q.「いつも笑顔でいるのがしんどい......」 保育士は子どものためにいつも笑顔でいる...

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

Q.保育以外の一般社会も経験しておくべきでしょうか? 「今の保育・仕事環境には満足してい...

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

Q.そろそろキャリアも中堅。主任を目指すべきでしょうか? 保育歴も10年を超えてくると、...

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

Q.「新人の指導係を任されたのですが、何をやってもダメで、毎日怒ってばかり。どのように...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す