小松島市(徳島県)の保育園の保育士求人一覧

保育園とは何か

保育園は両親の共働きや病気等の理由により、家庭において十分に子どもを保育できない場合に、家庭に替わって0~6歳の乳幼児を保育するための「児童福祉施設」です。「保育園」という名称には、認可・認可外含む多様な園が含まれています。

エリア
小松島市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
保育園
こだわり
こだわり無し
01

小松島市教育委員会

坂野保育所

キープ
  • 施設情報

所在地 徳島県小松島市坂野町字根上り13-1
施設形態 保育園
02

小松島市教育委員会

目佐保育所

キープ
  • 施設情報

所在地 徳島県小松島市坂野町字目佐101
施設形態 保育園
03

小松島市教育委員会

和田島保育所

住宅街や田畑に囲まれた場所に位置する、小松島市の公立保育所です。

キープ
  • 施設情報

和田島保育所は、1950年に認可された、小松島市の公立保育所です。定員は45名で、おおむね1歳から5歳児までを対象としています。周辺には、小松島市立和田島小学校があります。徒歩10...

所在地 徳島県小松島市和田島町字明神北130
アクセス JR牟岐線阿波赤石駅車で9分
施設形態 保育園
04

小松島市教育委員会

県前保育所

キープ
  • 施設情報

所在地 徳島県小松島市中郷町字加藤18-1
施設形態 保育園
05

小松島市教育委員会

立江保育所

豊かな自然環境の中で、伸び伸びとした子どもたちを育んでいます。

キープ
  • 施設情報

立江保育所は、1950年に開園した小松島市の公立保育所です。定員は60名で、1歳から就学前の子どもを対象としています。開所時間は、7:30から17:45までです。JR牟岐線立江駅か...

所在地 徳島県小松島市立江町字鍋寺109-4
アクセス JR牟岐線立江駅徒歩15分
施設形態 保育園
06

小松島市教育委員会

横須保育所

キープ
  • 施設情報

所在地 徳島県小松島市横須町11-7
施設形態 保育園
07

小松島市教育委員会

泰地保育所

JR牟岐線の中田駅から徒歩1分の場所にある、小松島市の公立保育所です。

キープ
  • 施設情報

泰地保育所は、徳島県の東端に位置する小松島市内にある公立保育所です。この小松島市は県庁所在地である徳島市の南隣にある市で、北部から東部にかけては海に面しています。市内での位置につい...

所在地 徳島県小松島市中郷町字西久保4-1
アクセス JR牟岐線中田駅徒歩1分
施設形態 保育園

7件中 1〜7件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

小松島市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
小松島市 × 保育士 × オープニング
小松島市 × 保育士 × 住宅補助あり
小松島市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
小松島市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

保育園に勤める保育士の給料は?

厚生労働省の調査によると、全国の保育士の平均給与は月額22.3万円、年間賞与は58.8万円、年収では326.8万円です。(2016年度賃金構造基本統計調査)

保育園で必要な資格は?

正規職員なら保育士資格が必須です。保育補助なら無資格でも働くことができます。調理員として栄養士、保健業務として看護師の募集も。

保育園のメリット、おすすめポイント

子どもの成長に関われる仕事です。毎日、毎年、変化があるため退屈しません!様々な社会経験を生かすことができます。

保育園と幼稚園 保育の中身は近づいている

保育園と幼稚園、なにがちがう?おさらい2 保育士・幼稚園教諭とも、メインとなるのは子どもの保育です。 特に保育士は、長時間を保育園で過ごす子どもたちが、健全に育つように生活面に力を入れて対応します。認可保育園では、ほぼ必ず自園調理の給食を提供するのもその一つです。 保育内容的には近年幼稚園と保育園は近付いており、幼児期の学びは「遊びを通した学び」であるのは、保育園も幼稚園も変わりはありません。その中で、どちらかというと、幼稚園では、保育園よりもスイミングや英語、体操教室など、課外活動的なプログラムを充実させている方向にあります。 働き手としてのポイントは、勤務形態が違うこと。延長保育を行っている保育園は多くがシフト制で、働く時間に変動があります。一方、幼稚園では朝8時ごろ出勤で17時に退勤と勤務時間が決まっているところがほとんどです。また最近では、幼稚園と保育園の特徴を合わせ持つ、複合型施設(認定こども園)も増えてきました。

日本で最初の保育園はどこ?

日本初の本格的な保育園(託児所)ができたのは、1890年(明治23年)のこと。赤沢鍾美によって”静修女学院附設託児所”が開設され、このことをきっかけに、託児所は全国各地に開設されていきました。当時の保育施設は、現在の保育園などとは少し異なり、弟や妹の面倒を見ながら、学校に通う子どもたちを対象に開かれていた場所でした。全国的に託児所が増えていくにつれて、働く女性のための託児所や、農業の繁忙期のみに合わせて開設する託児所など、様々な形で子どもを預かる施設が登場しました。この時期のものも、現在の幼稚園や保育園などと異なり子守りをする場所として知られていました。

保育園と幼稚園の違い 学校と児童福祉施設

保育園は、子どもの保護者が働いていたり、病気などの理由で子どもを十分に保育できないという理由で、家庭に代わって子どもを保育する場所と位置付けられています。施設としては、児童福祉法という法律に基づいたもので、家庭保育の自宅、企業の託児所などでも働く事が出来て、適切な保育が行われるよう、厳しい基準が定められています。 一方で、幼稚園は文部科学省が定める「学校」という位置づけになっています。 その主な違いは、保育時間にあります。幼稚園では、満3歳以上で未就学の希望する幼児が、1日に9時~14時の4時間程度。保育園では、7時半から17時~18時(原則11時間)で、最長は12時間と決められています。とはいえ、近年ではほとんどの幼稚園が預かり保育を実施していて、ほぼ保育園並みの保育時間に対応する園も出てきており、両者は近付きつつあります。そこで働く保育士と幼稚園教諭という資格については、どちらかというと、保育園以外にも様々な働き口のある保育士のほうが、柔軟性があるといえますね。

上京特集