冬にぴったりな毛糸遊びを楽しもう!保育のねらい、雪だるまやみのむしなどの作り方

室内で行う保育活動に毛糸遊びを取り入れてみましょう。毛糸は、くるくると巻きつけたり穴に通したりとさまざまな形に活用することができるので、製作遊びにぴったりの素材と言えそうです。今回は、クリスマス製作や節分の鬼のお面など、保育園の行事でも活躍する毛糸遊びのアイデアを、ねらいとあわせて紹介します。


毛糸の画像

Evgeniya369/shutterstock.com

 

保育園で毛糸遊びをするねらい

保育園で行う製作遊びでは、身近な素材として毛糸を使うこともあるでしょう。

 

毛糸は編み物などに使うイメージがありますが、子どもたちが楽しめるごっこ遊びや季節の飾りアイテムなどに活用することもできます。

 

そんな毛糸遊びをするのには、以下のようなねらいがあるようです。

 

  • 毛糸の感触を楽しみながら製作に取り組む
  • 遊びを通して毛糸のさまざまな使い方を知る
  • 完成形をイメージしながら毛糸を扱う

 

毛糸は触り心地がやわらかくあたたかみがあるため、手で触ったときの感触や見た目のかわいらしさなどを楽しむことができるでしょう。

 

また、毛糸はひもとして結ぶ以外にもさまざまな活用方法があるため、使い方次第では製作のメインの材料として使うこともできそうです。

 

では、毛糸遊びのねらいをふまえたうえで、毛糸の特性についてみていきましょう。

保育に活かせる毛糸の特性

保育に活かせる毛糸の特性をまとめました。

 

ひもとして使える

 

毛糸はモビールやネックレスなど、さまざまな工作のひも部分として活用することができます。

また、ひもの形をそのまま活かして食べ物の工作に使うことも可能でしょう。

 

さらに、毛糸は太くて柔らかいため、2歳児頃のひも通しの練習の材料にも適していると言えそうです。

 

毛糸を束ねて形を作れる

 

ポンポンなどのように、毛糸は何本も束ねれば形を作ることができます。

 

また、このあと紹介するクリスマスツリーのように、毛糸を円錐状に巻きつけたものを乾燥させることで、形を作ることも可能ですよ。

 

肌触りがよくあたたかみがある

 

毛糸はふわふわとしたやわらかい感触をもち、あたたかみのある見た目をしているのも特徴の一つです。

 

このような特性から、秋冬の製作の材料としてもぴったりと言えるでしょう。

 

ポンポンや毛糸のニット帽など冬らしいアイデアを作れば、子どもたちが季節感を楽しみながら製作に取り組めそうですね。

 

編むことができる

 

毛糸と言えば編み物の材料。

 

編み物は少し難しいイメージがありますが、保育園の子どもも挑戦しやすい割り箸などを使った簡単なやり方もあるようです。

 

また、編み物をすることで、集中して物事に取り組むことを覚えたり、手先の器用さを育んだりすることにつながりそうです。

 

あやとりに活用できる

 

毛糸遊びの代表格といえば、あやとりでしょう。

 

1人向けや2、3人向けなどさまざまな遊び方もあり、4歳児や5歳児くらいの子どものなかには、あやとりを楽しんでいる子どももいるかもしれません。

 

指にかけたり引っ張ったりしても痛くならないのは、毛糸ならではの素材のやわらかさによるものと言えそうですね。

 

保育に活用できる毛糸のさまざまな特性をふまえ、次からは毛糸遊びのアイデアを見ていきましょう。

毛糸遊びのアイデア:日常保育編

普段の保育のなかで活用できる毛糸遊びのアイデアをまとめました。

 

毛糸でお絵かき

 

用意するもの

【毛糸ローラーでお絵描き】

  • トイレットペーパーの芯
  • 毛糸
  • 絵の具
  • 画用紙
  • お掃除ローラー

 

【毛糸をはじいてお絵描き】

  • 毛糸
  • テープ
  • 絵の具
  • 画用紙

 

【毛糸を画用紙にはさんでお絵描き】

  • 毛糸
  • 絵の具
  • 画用紙 2枚
  • ゴム手袋
  • 紙コップなどの入れ物

ポイント

毛糸が画用紙からはみ出てしまうかもしれないので、テーブルの上に新聞紙を敷いて製作するとよいでしょう。

 

毛糸を並べたり転がしたりするだけなので、2歳児くらいからチャレンジできるかもしれません。

 

毛糸で作った模様を背景にしてちょっとした一言をかけば、簡単にメッセージカードにアレンジすることもできますよ。(毛糸でお絵かきの詳しい説明はこちら

 

美容師さんごっこ

 

用意するもの

  • 紙コップ
  • 毛糸(髪の毛用)
  • 毛糸(ひも用)
  • ペン
  • はさみ
  • キリ

ポイント

先生は、紙コップの底に穴をあけたものを用意しておきましょう。

 

カットモデルを作ったら、お客さん役と美容師さん役に分かれて美容室ごっこをすることができます。

 

「前髪を切ってください」「二つ結びにしてください」など、お客さんのオーダーにあわせて髪型を変えて遊んでみてくださいね。

 

また、以下の動画はごっこ遊びに活用できる毛糸を使った製作です。気になる方はチェックしてみてくださいね。(毛糸で美容師さんごっこの詳しい説明はこちら

 

関連動画:「ホットドッグ型の穴通しのおもちゃ/保育士バンク!」

関連動画:「お店屋さんごっこ♪ラーメン屋さん/保育士バンク!」

 

けん玉

 

用意するもの

  • 紙コップ 2個
  • 毛糸
  • ダンボール
  • 色画用紙
  • はさみ
  • テープ

ポイント

先生は、あらかじめコの字形のダンボールを用意しておきましょう。

 

毛糸をきつめに固定すると崩れにくくなります。

 

また、ポンポンを作る工程では、周りを細かく切っていって形を調整するときれいに仕上がりそうです。(毛糸のけん玉の詳しい説明はこちら

毛糸遊びのアイデア:行事イベント(季節)編

保育園の行事や季節のイベントなどに活用できる毛糸遊びのアイデアをまとめました。

 

春:3月~5月

 

ひな祭り人形

 

<用意するもの>

  • 乳酸菌飲料の容器 2個
  • 毛糸 3色(赤、青、白)
  • 画用紙(黄色、黒)
  • 接着剤
  • はさみ
  • ペン

 

<ポイント>

乳酸菌飲料の容器に毛糸を巻きつけるというシンプルな作り方なので、2歳児くらいの子どもから作れそうなアイデアです。

 

子どもたちの好きな色の毛糸を使って、自由にひな祭りの人形を作るのも楽しいかもしれません。

 

ひな祭り以外にも、七夕やクリスマスなどさまざまな行事の製作に活用できるので、チャレンジしてみてくださいね。(毛糸で作るひな人形の詳しい説明はこちら

母の日のカード

 

<用意するもの>

  • 厚紙 1枚
  • 画用紙 1枚 
  • ハート型の型紙
  • 毛糸
  • つまようじ 1本
  • テープ
  • 鉛筆
  • クレヨンや色鉛筆
  • キリ
  • のり
  • はさみ

 

<ポイント>

ハートの線に沿ってキリで穴をあける工程までは先生が事前に済ませておきましょう。

 

少し大きめの穴をあけておけば、ひも通しの練習となるので1歳児や2歳児でも挑戦しやすいかもしれません。

きれいに模様を作るコツは、向かい側にある穴に通すことです。上手く模様を作れない子どもがいたら伝えてみてくださいね。(母の日カードの詳しい説明はこちら

 

夏:6月~8月

 

冷やし中華

 

<用意するもの>

  • 毛糸
  • 色画用紙
  • 紙皿など(盛り付けの際に使用します)
  • はさみ

 

<ポイント>

黄色い毛糸を麺に見立て、カラフルな折り紙を具材に見立てれば、簡単に冷やし中華を作ることができます。

 

楽しめる年齢の目安は3歳児からとしていますが、1歳児や2歳児の子どもの場合は、折り紙をちぎって具材を表現してもらうとよさそうです。

 

また、4歳児や5歳児が遊ぶ場合には、まず冷やし中華にはどんな具材がのっていたかを考えてもらい、思い思いの具材を色画用紙で表現してもらうのも面白いでしょう。(冷やし中華の詳しい説明はこちら

足型サンダル

 

<用意するもの>

  • 色画用紙
  • 絵の具
  • ダンボール
  • 厚紙を貼った色画用紙
  • 毛糸
  • パンチ
  • はさみ
  • のり

 

<ポイント>

自分だけのオリジナルサンダルを作れる製作です。

 

穴に毛糸を通すひも通しの練習もできるので、2歳児や3歳児の子どもにぴったりの製作と言えそうです。

 

交差する通し方が分からない子どもがいたら、穴の横に丸シールなどを貼り「赤、黄色、赤、黄色の順番だよ」などと説明すれば、自力で靴ひもを結べるようになるかもしれませんね。(サンダルの詳しい説明はこちら

 

秋:9月~11月

 

きのこ

毛糸で模様をつけるきのこの製作を紹介します。

 

<用意するもの>

  • 毛糸
  • 画用紙
  • キリ
  • はさみ
  • のり

 

<作り方>
1.画用紙を切って、きのこのかさと柄のパーツを作ります。
2.キリを使って、きのこのかさの周辺に等間隔で穴をあけます。
3.(2)の穴に毛糸を通し、ランダムな模様を作ります。
4.(1)で作った柄のパーツと組み合わせればきのこのできあがりです。

 

<ポイント>

画用紙は少し厚めの厚紙などを用いると穴をあけやすいでしょう。

 

何色かの毛糸を使ってカラフルなきのこを作ってみてくださいね。

できあがったきのこを大きな画用紙に貼りつければ、秋の壁画製作にも活用できますよ。

みのむし

秋の製作モチーフの一つであるみのむしを、毛糸を使って作ってみましょう。

 

<用意するもの>

  • 毛糸
  • ダンボール
  • 画用紙(白色)
  • はさみ
  • 接着剤
  • ペン

 

<作り方>
1.ダンボールをみのむしの形(楕円形)に切ります。
2.ダンボールの大きさに合わせて毛糸を切ります。
3.毛糸をランダムにダンボールに貼りつけます。
4.画用紙を丸く切り、真ん中を黒く塗って目玉を作ります。(2個)
5.毛糸の上から(4)を貼りつけます。
6.ダンボールの裏面に毛糸を1本貼りつければみのむしのできあがりです。

 

<ポイント>

ダンボールは厚みがあり子どもの力では切るのが難しいかもしれないので、先生が前もって切っておくとよいでしょう。

 

できあがったみのむしは壁画製作に活用したり、そのまま保育室に飾ったりすることができます。

 

また、木の枝に結びつければより季節感のある作品に仕上がりそうですね。

松ぼっくりの首飾り

 

<用意するもの>

  • 毛糸 1m
  • 松ぼっくり 1個
  • ストロー 数本
  • はさみ

 

<ポイント>

先生はあらかじめストローを細かくカットしたものを用意しておきましょう。

 

カットするストローの長さをアレンジすれば、一風変わったネックレスを作れるかもしれません。

 

ストローの穴が小さいため難易度は高いですが、2歳児や3歳児の穴通しの練習になるうえに、集中力を身につけることにもつながりそうですね。(松ぼっくりネックレスの詳しい説明はこちら

 

冬:12月~2月

 

毛糸で作るクリスマスツリー

 

<用意するもの>

  • 画用紙
  • 毛糸
  • タコ糸
  • クレヨン
  • 飾りアイテム
  • はさみ
  • テープ
  • 接着剤

 

<ポイント>

5歳児であれば、扇形の線を引く工程からチャレンジできそうです。

 

ただし、1人でタコ糸を押さえながらクレヨンを動かすのは難しいかもしれないので、2人1組で協力するとよいでしょう。

 

毛糸を巻く工程では、「1カ所に5回巻いたら次の場所で巻いてみてね」と説明すれば、子どもたちも均等なバランスで毛糸を巻けるかもしれません。

 

毛糸を使ったクリスマス製作にはいろいろなものがあるので、以下の動画も参考にしてみてくださいね。(毛糸のクリスマスツリーの詳しい説明はこちら

 

関連動画:「紙皿と毛糸で作るクリスマスリース/保育士バンク!」

関連動画:「【工作あそび】クリスマス装飾にぴったり!クリスマスリースを作ろう/保育士バンク!」

雪だるま

 

<用意するもの>

  • トイレットペーパーの芯 1本
  • 毛糸(赤や青など) 30本~50本
  • 毛糸(白)
  • 乳酸菌飲料の容器
  • はさみ
  • 接着剤

 

<ポイント>

先生はあらかじめトイレットペーパーの芯をカットして、帽子の土台を用意しておきましょう。

 

毛糸を1本ずつ結びつけるのは細かい作業になりますが、子どもたちの集中力を高めることにつながるかもしれません。

 

雪だるまを作るときは、上下にボリュームを持たせるように多めに毛糸を巻くときれいな仕上がりになりますよ。(雪だるまの詳しい説明はこちら

鬼のお面

 

<用意するもの>

  • 紙皿
  • 絵の具
  • 毛糸
  • フェルトペン
  • ゴム紐
  • はさみ
  • カッター
  • のり
  • キリ

 

<ポイント>

先生は、事前にお面の目の部分を丸くくり抜いておきましょう。

 

子どもの手に毛糸を巻きつけてはさみで切るのは少し危ないかもしれないので、型となるダンボールを用意しておき、そこに巻きつけてもらうようにすると安全に製作できそうです。

 

動画の赤鬼以外にも、黄色い鬼や青い鬼など、子どもたちの好きな絵の具を塗ってお面を作れば、個性的な作品ができあがるでしょう。

 

節分行事に活用できる毛糸を使った製作はほかにもあるので、以下の動画も参考にしてみてくださいね。(鬼のお面の詳しい説明はこちら

 

関連動画:「【工作あそび】節分製作に活用できる牛乳パックでつくる鬼のツノ/保育士バンク!」

冬の製作活動に毛糸遊びを取り入れよう

今回は、冬の時期にぴったりな毛糸遊びのアイデアを、ねらいとあわせて紹介しました。

 

毛糸遊びには、毛糸の感触を楽しみながら製作に取り組んだり、扱い方を理解して作品を作ったりするねらいがあるようです。

 

毛糸ならではの触り心地や、ひもとして吊るしたり巻いたりできるといった特性を活かして、みのむしやクリスマスツリーなど、さまざまなアイデアにチャレンジしてみるとよいでしょう。

 

あたたかみのある毛糸遊びを冬の保育活動に取り入れて、子どもたちと季節の製作を楽しんでみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!