英語が生かせる保育士の就職・転職先は?資格や勉強方法も

国際化・英語教育早期化の流れを受け、保育士資格だけでなく、英語の資格を取り仕事に生かしたいと考える人が増えています。保育士が英語資格・スキルを持つことで、就職転職の選択肢やキャリア形成だけでなく、人生の選択肢を広げることにもつながります。保育士に必要な英語資格と、そのスキルを生かした仕事とは。


20190108-1.jpg

年々高まる保育士の英語の資格やスキルの必要性



社会のグローバル化や、小学生の英語必修化によって、英語の必要性を今まで以上に感じている人が多くなっています。保育士の資格を持っている、または勉強している人にとっても、英語の資格やスキルを身に着けることで、保育士として働く場や人生のキャリアの選択肢を広げたいと考えている人が増えています。実際、保育の場に英語が必要とされる場は増加しているのです。


教育の国際化によって英語学習がより低年齢化に



小学生の英語必修化に伴い、より早い段階の保育の場に英語と慣れ親しむ環境を求める保護者が増えています。それに伴い、英語教育を取り入れる保育園・幼稚園は増加しつつあり、児童英語講師のニーズだけでなく、ネイティブ講師と子ども・保護者の仲介をするバイリンガル保育士の需要が高まっています。


外国人の保護者・子どもが増えている



海外からの外国人移住者は急増しており、外国人の居住者が非常に多い地域もあります。そういった場所では、インターナショナルスクールだけでなく通常の保育施設でも日本語が不自由な外国人保護者が多いため、円滑なコミュニケーションをとるために英語力が求められる園もあります。


保育士の英語資格を生かした仕事・職場とは



保育士が英語資格やスキルを生かせる仕事や職場には、どのような場があるのでしょうか。現在では
・英語保育を積極的に行なっている園
・日本語の苦手な外国人保護者がいる園
・外国人労働者が多い企業内保育施設
・英語教育の専門施設(学習塾など)
などが挙げられます。
インターナショナルスクールやプリスクールは一般的な保育士の給料とあまり変わりがありませんが、母体企業が外資系の園では業務面でキャリアアップしていくと、給料に大きな違いが出ることもあるようです。


プリスクール



日本人が日本にいながら、英語の教育に力を入れた環境で保育を受ける施設として誕生したのがプリスクールです。現在では英語教育に力を入れている保育施設全般を指すことが多いです。求められる英語力は園の性質や職種によってさまざまです。


インターナショナルスクール



インターナショナルスクールは小学校以上というイメージが強いかもしれませんが、未就学児を対象としたものもあります。英語が用いられる保育施設=インターナショナルスクールで、主に海外から日本にきた外国人の子ども(英語を母国語とする子ども)を受け入れていました。ただし、現在はプリスクールと大きな違いはなくなってきています。


英語教育に力を入れている保育園・幼稚園



千葉県松戸市では自治体で英語の早期教育を進める取り組みをしており、市立の保育施設すべてでネイティブによる英語遊びを取り入れ、大きな話題になっています。また、外国人居住者が多い浜松市でも英語教育に力を入れた保育施設が多いなど、各地域の都市部では、保育の場に英語教育を積極的に取り入れているところが増えています。


ベビーシッター・家庭教師



個々の家庭で保育や教育を行うベビーシッターや家庭教師では、英語のスキルを求められるケースが増えています。一般的な派遣時給の相場と比較すると、高い時給であることが多く、副業や子育て中の短時間の仕事として選択する人も多いようです。
在日・訪日の外国人ファミリーの派遣ベビーシッターは、大都市や観光地を中心に高いニーズがあります。また、日本の家庭向けに英語レッスンが可能なベビーシッター兼家庭教師の需要も高くなっています。


児童英語教師



幼児~12歳以下の児童を対象に、幼稚園や民間の英語スクールなどで子どもに英語を教える仕事です。子ども向け学習塾・英会話教室を自宅で開くこともできるので、結婚・出産後の仕事として考えることも可能で、その前に民間のスクールでキャリアを積む人もおおいようです。


保育士の就職・転職に役立つ必要な英語の資格・スキル


海外留学経験



プリスクールやインターナショナルスクールでは、明るく円滑で積極的なコミュニケーション力が求められることが多く、海外留学やホームステイ・ワーキングホリデーなどの経験は強いアピールポイントです。ネイティブなレベルまで話せなくても、日常会話に困らないぐらいの会話力があれば、働く場の選択肢は幅が広がります。


TOEIC・TOEFL・英検



英語力を客観的に証明する公的な資格です。英語力を生かした職場で高いスキルを求める場合には、持っていることでより説得力が増します。


TOEIC



一般企業で働く社会人の英語基準に広く使われています。試験の問題数も多く、英語に関する広い知識が求められ、スピーキングやライティングの実務能力を見る上で重要視されます。


TOEFL



日本国内の認知度は低いですが、リーディングやリスニングに点数配分が偏ることなく、総合的な英語力の証明になります。


英検



英検は広く認知されていているため国内の英語力の証明になり、これから英語を生かした進学・留学や海外の語学学校に通おうと考えている人にとっては有利な資格です。


保育英語検定



保育士の英語能力を証明するために2010年から始まった民間資格です。他の英語検定にはない赤ちゃん言葉・幼児言葉に焦点を当てた試験内容になっており、幼児保育・幼児教育の現場に適した英語を学ぶことができます。英検と同様に階級があり、保育士免許を持っている者が保育英語検定を取得すると、級に応じて『イングリッシュサポート保育士』や『イングリッシュエキスパート保育士』を取得できます。


J-SHINE



小学校英語の指導者を認定する資格です。児童英語講師になるには特に資格を必要としないのですが、民間の子ども英語(児童英語)教室で講師として働きたい、プリスクール・インターナショナルスクールで保育士から講師にキャリアアップする際に、有利になる資格です。


保育士と英語資格取得を目指すための大学・専門学校の選び方



保育士に英語力・スキルの需要が高まる中、保育士を目指す上で大学・短大・専門学校の学部・学科を選ぶ上で、どのようなカリキュラムがあるのか重視する受験生は多いでしょう。
保育士の資格を取る際には、基本的に大学・短大の教育学部などにある保育・幼児教育学科で2~4年間学び単位を取得することで、国家試験免除で保育士資格を取得できます。
ですが、在学中により英語力を重視したい、海外留学経験を積みたいなどの理由から、外国語学部や外国語専門学校で学びながら、保育士の国家試験の勉強を独学で進める・または卒業後に編入する選択肢もあるのです。


保育士としての資格取得を目指せる学科



児童学科や保育・幼児教育学科などで、単位を取得することで国家試験を受けなくても保育士の資格取得が可能です。現在では保育士に求められる英語スキルの高まりから、海外留学やホームステイのカリキュラムを必須にして、英語教育も並行して力を入れる大学・学科も増えています。


英語の資格・スキルを目指せる学部



外国文学、語学(外国語)、言語学学科で英語を専門的に学ぶことができます。保育士資格を取得するための国家試験は2年以上在学し、62単位以上修得済みであれば受験資格があるため、並行して国家試験の勉強・対策を進めれば、在学中に保育士資格の取得も可能です。


専門学校の選び方



保育士の資格を卒業とともに取得できる保育専門学校で保育士資格を目指すのが一般的ですが、外国語専門学校にある「児童英語教育科」などで子どもに英語を教える知識やスキルを学び、卒業後大学や短大に編入して保育士資格を取得する、という進路もあります。
バイリンガル保育士を育成する講座を持ち、卒業後に保育士資格を取得できるコースを持つ保育専門学校・外国語専門学校なども中にはあります。


保育士と英語資格・スキルを持つことで働き方や人生の選択肢が大きく広がる



これからの社会・教育において、保育士に英語力を求められるケースは確実に増えてきます。保育士の資格と英語の資格・スキルを両方生かせる職場や仕事の職種は、より多くなっています。
それだけでなく、英語を使ってさまざまな国の人たちとコミュニケーションをとることによって、職場や働き方だけでなく人生のキャリアの選択肢が広がり、人生をより豊かにできるでしょう。
大学・短大・専門学校でも、両方学べるカリキュラムを用意した学科・コースが増えており、目標を持って勉強を進める上で、さまざまな道がより選びやすくなりつつあります。

関連する記事

保育士資格を通信講座で取得するには?国家試験合格率や実技、実習対策について

保育士資格を通信講座で取得するには?国家試験合格率や実技、実習対策について

保育士資格が取得できる国家試験対策として、民間企業が提供する「通信講座」で取得を目指すこと...

高卒でも保育士になれる!高卒の方の保育士資格取得を解説

高卒でも保育士になれる!高卒の方の保育士資格取得を解説

保育士資格は学歴が高卒でも取得できます。その方法も一つではなくさまざまなルートがあるのをご...

保育士試験の実技試験とは?実技試験の内容やポイントを解説

保育士試験の実技試験とは?実技試験の内容やポイントを解説

保育士試験を受験する方にとって最後の関門が実技試験。試験の内容はどのようなものなのでしょ...

短大に入学して保育士を目指すメリット・デメリット

短大に入学して保育士を目指すメリット・デメリット

保育士になるための養成校の一つが短期大学(短大)です。4年制大学、専門学校もある中で短大...

保育士資格を目指す学校「指定保育士養成施設」とは?学校による特色の違い

保育士資格を目指す学校「指定保育士養成施設」とは?学校による特色の違い

保育士資格の取得を目指して学校に進学する場合、どのような選び方があるのでしょうか。保育士を...

保育士資格を通信教育で目指すメリット・通信制大学と通信講座の合格率や費用を比較

保育士資格を通信教育で目指すメリット・通信制大学と通信講座の合格率や費用を比較

正職員の保育士として働くには保育士資格が必要ですが、社会人や主婦のように通学が難しい状況で...

保育士を4年制大学や短大で目指すメリットは?学部・学費・勉強内容の違い

保育士を4年制大学や短大で目指すメリットは?学部・学費・勉強内容の違い

保育士の資格を目指す上で大学進学を考える際に、4年制大学と短期大学のどちらに進路を進めるか...

保育士の養成学校とは?4大、短大、専門学校の違いとメリットを解説

保育士の養成学校とは?4大、短大、専門学校の違いとメリットを解説

保育士になるためには、保育士の養成学校(養成校)に通って保育士資格を取得できます。で...

高卒や中卒でも保育士試験の受験資格はある?

高卒や中卒でも保育士試験の受験資格はある?

大学、短大や専門学校を出て資格をとる人が多い保育士ですが、国家試験を受けることで取得...

保育士試験の受験資格は?4年制大学、短期大学、専門学校学歴の方の受験資格

保育士試験の受験資格は?4年制大学、短期大学、専門学校学歴の方の受験資格

保育士試験は誰でも受験できるというわけではなく、学歴や実務経験などによる複雑な受験資格があ...

保育科の高校に進学して保育士になれる?保育士になりたい学生向けの高校選びのポイント

保育科の高校に進学して保育士になれる?保育士になりたい学生向けの高校選びのポイント

中学生のなかには、すでに「保育士になりたい!」と強く思っている方もいるかもしれません。高校...

保育士になりたい方必見!保育士になるには?資格の取り方・方法

保育士になりたい方必見!保育士になるには?資格の取り方・方法

ucchie79/shutterstock.com 「保育士」になるには?資格の取り方...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す