英語を活かせる保育士の仕事とは?職場や役立つ資格、検定など

近年、英語教育に力を入れている保育園も増えてきていることでしょう。そんな流れを受けて、自身の英語能力を活かせる仕事や職場で働きたいと考えている保育士さんもいるのではないのでしょうか。今回は、保育士にとっての英語の必要性や英語力を活かせる職場、仕事で役立つ資格やスキルを高めるための勉強法などを紹介します。


アルファベットの勉強をする子ども

maroke/shutterstock.com

 

保育士に英語の資格やスキルが求められる理由

最近では、英語教育に力を入れている保育園もあり、保育士にも英語スキルを求められることが多くなっているかもしれません。

ここでは、保育士が英語力を身につけておく必要性について紹介します。

 

英語学習の低年齢化

 

2020年から実施された「新学習指導要領」による小学生の英語必修化に伴い、就学前の段階から子どもに英語に慣れ親しんでほしいと考える保護者が増えているようです。

 

それにより、英語教育を取り入れる保育園や幼稚園も増え始めているでしょう。

 

同様に子どもたちに英語を教えられる人材のニーズも高まっていることが考えられるため、保育士にも英語スキルが必要と言えるのかもしれません。

 

外国人の保護者や子どもの増加

 

近年、日本に仕事を求めて移住する外国人が急増しており、日本国内には外国人の居住者が非常に多い地域もあります。

 

家庭によっては、両親のうちどちらかだけが日本語を話せたり、どちらも得意ではなかったりと日本語だけでは円滑にコミュニケーションを取れないこともあるかもしれません。

 

園からのお願いや子どもの様子を伝えたり、反対に家庭での様子を聞いたりする場面において、保育士が英語を話せれば保護者とのコミュニケーションが取りやすくなります。

円滑にやり取りするためにも、英語スキルが必要とされているのがわかりますね。

 

出典:新学習指導要領について/文部科学省

保育士が英語のスキルを活かせる仕事や職場とは

英語のスキルを活かして保育士が働ける仕事や職場の例を紹介します。

 

仕事

 

児童英語教師

児童英語教師は、一般的に0歳から12歳までの子どもたちを対象に英語を教える仕事で、主に民間企業が運営する英会話スクールや学習塾などで働きます。

 

児童英語教師になるために特定の資格などを取得する必要はないそうですが、教師として子どもたちと接する立場であることから、英語力だけでなく指導力も求められるようです。

ベビーシッターや家庭教師

利用者の家庭で保育や教育を行うベビーシッターや家庭教師にも、英語のスキルを求められるケースがあるそうです。

 

外国人の家庭だけでなく、子どものうちから英語を勉強させたいと考える日本人家庭も存在しているため、そうした環境のなかで英語力を活かして働けるかもしれませんね。

 

職場

 

プリスクール

日本でのプリスクールは、小学校入学前までの日本人の子どもたちに対して英語で保育を行う施設を指します。

 

プリスクールは保育園や幼稚園とは異なり、受け入れ年齢や預かり時間も園によって異なるようです。また、毎日開所していないことも多く、保育施設でありながら教育施設としての側面も強いかもしれません。

 

プリスクールで保育士として働く場合、保育士資格以外に必須となる資格はないようです。

施設によって求められる水準は異なりますが、英語を使って日々の保育を行うため、日常生活が問題なく送れるネイティブレベルの英語が求められるでしょう。

インターナショナルスクール

インターナショナルスクールは本来、日本に住む外国人家庭の子どもが通う学校施設で、英語を勉強するのではなく英語を使って科目を学ぶ場所となっています。

 

また、最近ではインターナショナルプリスクールという施設も存在します。

ここでは、幼児クラスの子どもを保育するだけでなく、小学校低学年くらいの子どもたちまでを対象に、放課後の勉強の場所として週に何日か英語のレッスンをしているようです。

 

インターナショナルスクールで英語を母国語とする子どもたちと接する場合には、本場の英語にふれた海外留学経験などがあると役立ちそうですね。

英語教育に力を入れている保育園

英語のスキルがあれば、英語教育に力を入れている一般的な保育園でも保育士として働くことができるでしょう。

 

保育に英語の歌やダンスなどを取り入れるなど、英語を使った遊びを行う園もあるようです。

子どもが楽しみながら英語に親しむことができるように、一定レベル以上の英語スキルは求められるかもしれません。

 

英語が使える保育士求人一覧

 

保育士の転職に役立つ英語の資格やスキル

英語の勉強

takasu/shutterstock.com

 

保育士が転職をする際に役立つ英語の資格やスキルについてまとめました。

 

海外留学経験

 

インターナショナルスクールで働く場合には、英語を母国語とする子どもたちと関わるため、英語スキルはもちろんのこと、異文化に対する理解などが求められることもあるでしょう。

 

海外留学をした経験やホームステイ経験、ワーキングホリデーなどの経験があれば、面接などの際にアピールポイントになりそうです。

 

基本的な生活を送るのに困らない程度の英語力があれば、働ける場所の選択肢も広がるかもしれませんね。

 

民間資格・検定

 

広くいろいろな人が受けられる民間資格を取得していると、一定以上の英語スキルがあることの証明にもなるでしょう。ここでは、保育の現場で活躍しそうな検定や資格について紹介します。

保育士向けの民間検定

保育士の英語能力を証明するための民間検定があります。

この検定試験は、他の検定にはない赤ちゃん言葉・幼児言葉に焦点を当てた内容になっており、幼児保育や幼児教育の現場に適した英語を習得できるようになっています。

 

また、検定は入門レベルから責任者としての活躍も期待できる専門レベルまでの5段階で構成されていて、合格すると3年間の有効期間がついた資格証も発行されるようです。

小学校英語についての民間資格

小学校英語の指導者を認定するための民間資格があります。

 

この資格を取得するには、決められた講座を修了し、かつ一定時間以上の指導経験や英語活動の実績があるといった基準を満たす必要があります。

 

この資格を持っていれば指導経験があることの証明にもなるため、特に子ども向け英語教室やプリスクール、インターナショナルスクールで働く際に活かせるかもしれませんね。

英語スキルを高めるために保育士ができる勉強方法

保育士が自身の英語能力を高めるためにできる勉強方法を紹介します。

 

通信講座

 

通信講座は、テキストを使ったインプットだけでなく、オンラインで外国人講師の方とマンツーマンの英会話ができたり、自身が作成した英作文を添削してもらえたりするのが特徴です。

 

また、比較的自分のペースで勉強を進めやすいといったメリットもあるので、仕事で忙しい保育士さんにはぴったりかもしれません。

 

英会話教室

 

週に1回程度あるいは月に2~3回程度通って、少人数あるいは1対1で英会話を勉強できるのが英会話教室の特徴です。講師は外国人の方の場合が多く、ネイティブの英語に触れることができるでしょう。

 

保育をする上で重要となるスピーキングやリスニングの力が身につきやすいのも英会話教室に通うメリットと言えそうです。

 

社会人向けに平日の夕方から夜にかけての数時間で開講していることも多いので、仕事終わりなどに通うなど、ちょっとした時間を有効的に使いたい方には向いているかもしれませんね。

 

参考書を活用した独学

 

参考書を活用した勉強は、テキストをじっくりと吟味できたり自分のやりやすい方法で進められたりといった特徴があるでしょう。特にライティングやリーディングのスキルが身につけやすいかもしれません

 

CD付きの英語教材を活用すればリスニングの勉強もできますが、独学ではスピーキングの練習が難しいかもしれません。

 

そのため、オンライン英会話などと併用してスピーキングを学習できるようにするとよさそうです。

 

参考書を購入して独学で勉強する方法は、徐々に英語スキルを高め、将来的に英語を活かせる職場で働きたい方に向いているかもしれませんね。

保育士として英語力を活かせる仕事や職場を見つけよう

今回は、英語力を活かせる仕事や職場と、働く際に役立つ検定や資格の種類などについて紹介しました。

 

近年、幼い頃からの英語教育に力を入れたいという保護者の方も多く、そのニーズに合わせた保育園も増えているようです。そのため、英語スキルが高い保育士の需要が高まりつつあると言えるでしょう。

 

英語力を活かせる職場にはプリスクールやインターナショナルスクールがあり、保育士として働ける職場の選択肢も広いようです。

 

今後、ますます英語教育に力を入れる流れは進んでいくことが考えられます。将来に役立つ英語力を身につけて、保育士としてスキルを活かせる職場で働いてみるのもいいかもしれませんね。

 

ベビーシッターとして働く

 

関連する記事

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの中には、貯金を考えていてもなかなか実行できていないという方もいるでしょう。「給...

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!