保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や保護者への連絡・お願いなど、項目ごとの書き方のポイントを押さえれば、スムーズに作成できるかもしれません。今回は、保育園で作成する11月のおたよりについて、書き出しや年齢別の子どもの姿を表す文例を紹介します。


紅葉をもつ子ども

BlurryMe/shutterstock.com


11月のおたよりを作成するときのポイント

秋が深まり、寒さが増していく11月。

保育園でおたよりを作成するときのポイントを見ていきましょう。



秋から冬への季節の移り変わりを表現する


11月は、10月よりも冷え込む日が増え、いっそう秋が深まるとともに冬の訪れを感じる頃でしょう。


秋らしい自然や文化に親しむ姿をえがくとともに、季節が冬へと変化し始め、落ち葉や風の冷たさに気がついた子どもたちの様子を伝えるとよいかもしれません。



冬に向けた身支度や感染症対策について伝える


寒くなると、あたたかい衣類や防寒具が必要になるでしょう。


保護者に向けて、望ましい衣類の種類や準備物などを伝えておき、早めに準備してもらうとよいかもしれません。


また、冬になると感染症が流行し始める園もあるでしょう。注意を呼びかけるとともに、家庭でもできる具体的な予防策を紹介すると感染防止につながるかもしれません。



文化の日や絵本の日など行事にちなんだ内容を盛り込む


11月には、文化の日や絵本の日、七五三といった行事や記念日がいくつかあります。


園での取り組みや行事の内容を紹介すれば、季節感を感じられるうえに、家庭でも行事や記念日を取り入れるきっかけにつながるかもしれませんね。

11月のおたより:季節を表す書き出しの文例

では、11月のおたよりに活用できる書き出しの文例を紹介します。



書き出しの文例①


園庭にそびえるイチョウの木から、黄色く染まった葉っぱがはらはらと落ちる頃になりました。


その様子に気づいた子どもたちは、舞い落ちる葉っぱをキャッチしようとしたり、保育室に持ち帰って見せあいっこをしたりと、友だちといっしょに冬の訪れを楽しんでいます。



書き出しの文例②


だんだんと朝夕の冷え込みが増しています。


木枯らしにも負けず元気いっぱいに戸外を走り回る子どもたち。もみじのように頬を赤く染めて素敵な笑顔を見せてくれます。



書き出しの文例③


風が冷たくなるとともに、落ち葉が積もるようになってきたこの頃。色とりどりの葉っぱの山に、子どもたちは目を輝かせています。


駆け回って落ち葉を集めては、ままごと遊びや工作に使って遊ぶのが日課となってきました。

子どもたちにとって、秋の自然は宝の山のようですね。



書き出しの文例④


立冬が近づき、もうすぐ暦の上では冬がやってきます。

吹き抜ける冷たい風に、「ヒューってした」「北風さんがきたよ」と教えてくれる子どもたち。


北風に負けない元気をつけるため、たくさん運動をして身体を温めていきたいと思います。



書き出しの文例⑤


秋晴れが続き、さわやかで過ごしやすい日が続きます。


鬼ごっこをして駆け回ったり、真剣に工作をしたり、友だちとパズルに挑戦したりと、遊びにもいっそう夢中な子どもたち。

園庭に落ち葉が積もる頃には、一回り成長した姿を見せてくれそうです。


11月のおたよりでは、秋らしさと冬の始まりを味わえるような書き出しを意識してみるとよいですね。

11月のおたより:子どもの姿を表す文例

11月のおたより作成に役立つ子どもの姿を表す文例について、年齢ごとにまとめました。



乳児(0歳児、1歳児、2歳児)の子どもの姿を表す文例


まずは、0歳児、1歳児、2歳児の乳児クラスの文例から見ていきましょう。

0歳児

<文例①>

過ごしやすい秋空の下、外気浴に出かけることが増えました。


保育園の近くにあるどんぐりの木を見に行くと、赤い葉っぱを興味深そうに見つめています。

0歳児の子どもたちにとって、秋の深まりを感じられる時間となっていればうれしいです。


<文例②>

バギーに乗って園庭を散歩していると、外遊びをしている幼児クラスのお兄さんお姉さんが話しかけに来てくれます。


「かわいいね」「あかちゃんに赤い葉っぱあげるね」と人気者の〇〇組。

引き続き、異年齢児とのかかわりも大切にしていきたいと思います。

1歳児

<文例①>

〇〇組では、どんぐり集めが大ブームです。


一生懸命探し、小さな指でつまんで「あったよ!」と保育士に見せてくれる姿はとてもかわいらしいです。


お部屋に持ち帰り、ペットボトルに入れてマラカスを作るとうれしそうに振っていました。


<文例②>

新しい絵本に興味津々の1歳児さん。


じっと見つめたり言葉を真似して言ってみたりと、さまざまに楽しむ姿が微笑ましいです。

子どもたちの反応を見ながら、「次はどの絵本を読もうかな」と保育士自身も楽しみが広がります。

2歳児

<文例①>

スポーツの秋ということで、〇〇組では追いかけっこやボール遊びが人気です。


保育士につかまえられてニコニコしたり、サッカー選手のようにボールを追いかけてキックしたりと元気いっぱい。


たとえ転んでしまっても泣かずに立ち上がる姿に、成長を感じずにはいられません。


<文例②>

街の木々の色が変化し、秋の深まりを感じます。

〇〇組は、近くの公園で拾ってきた落ち葉で貼り絵を作りました。


指にのりをつけて上手に塗れるようになった子どもたち。個性あふれる仕上がりとなった作品を見て、みんな得意気な様子です。



幼児(3歳児、4歳児、5歳児)の子どもの姿を表す文例


続いて、3歳児、4歳児、5歳児の幼児クラスの文例を見ていきましょう。

3歳児

<文例①>

初めての運動会を終えて、少しお兄さんお姉さんになった〇〇組。


達成感の余韻からか、「またダンスやりたい!」とリクエストしては運動会の曲を踊っています。


「来年はもっとかっこよく踊るんだ」と今からやる気満々な3歳児さんです。


<文例②>

秋の遠足を心待ちにしている子どもたち。

朝の会で歌う「おべんとうバス」では、みんな身体を揺らして大盛り上がりです。


おままごと中にも「おべんとう持っていってきます」と話しながら遠足ごっこを楽しんでいました。

4歳児

<文例①>

葉っぱやどんぐりを使ったままごと遊びが子どもたちに大人気。

泥んこで作ったケーキに、拾った落ち葉やどんぐりを飾りつけています。


自信作の秋色のケーキを「召し上がれ」と振る舞って、素敵なパーティーを開いていました。


<文例②>

友だちとイメージを共有しながらごっこ遊びを楽しむ〇〇組。


アイドルごっこやロボットごっこをしているなか、「こんなマシンがほしい」「きらきらのステッキが作りたい」と言い出し、アイデアを形にしようと工夫しながら工作をしています。


子どもたちの自由な発想を大切にしつつ、遊びの広がりを楽しめるようサポートしていきたいです。

5歳児

<文例①>

秋の作品展に向けて、協力して作品作りにいそしむ〇〇組。


「看板には『ようこそ』って書いたらいいんじゃない」「色はこっちのほうがきれいだよ」と、毎日いろいろなことを話し合いながら、看板や自分たちの作品を作っています。


子どもたちの伝え合いを見守りながら、さりげなく支えていきたいと考えています。


<文例②>

芸術の秋、〇〇組ではさまざまな楽器にふれる機会を作っています。


保育室に用意したタンバリンや鈴、カスタネットを使って、「コンサートをしよう!」と遊びが盛り上がり、演奏順を決めたりチケットを作ってお客さんを呼んだりと工夫して遊んでいます。


冬の生活発表会でどんな演奏を見せてくれるのか、今から楽しみです。


幼児クラスでは、保育園でのイベントに向けた活動の様子を盛り込むと、子どもたちのワクワクしている様子や頑張りを保護者に伝えられそうですね。

11月のおたより:園生活の注意事項の文例

いちょうと女の子

Purino/shutterstock.com


11月のおたより作成に役立つ、園生活の注意事項に関する文例を紹介します。



衣服の重ね着について


平熱が高い子どもたちは、動き回ると体温が上がりやすくなります。


重ね着をしていると汗をかきやすくなり、かえって身体が冷えて風邪を引いてしまうことも考えられます。


子どもの衣類を用意する際は、気温にあわせて調整しやすい薄手のものを選ぶようお願いいたします。


寒さが増してくることから、暖かい衣類を用意する家庭もあるでしょう。


特に朝の登園時は寒いためついつい重ね着をしがちかもしれません。汗による身体の冷えから子どもが風邪を引かないよう、体温調節がしやすい衣類をお願いしておくとよいですね。



防寒具の準備について


冷え込む日が増えてきましたので、子どもたちの防寒具のご準備をお願いいたします。

〇〇園では、子どもたちの安全面から衣類の種類について規定を設けております。


  • フードがついていないもの
  • 紐がついていないもの
  • ボタンがついていないもの

ご用意の際は、以上の点にご留意ください。


冬の訪れに備えて、散歩や戸外遊び用の防寒具の準備をお願いする園もあるでしょう。


子どもたちが安全に外遊びを楽しむためにも、おたよりで防寒具に関する注意事項を伝えておけばスムーズに準備してもらえそうです。



記名のお願い


冬服への衣替えが済み、記名漏れの衣服が見られるようになってきました。また、4月から使っているカバンやタオルなどの名前が薄くなっているものもございます。


子どもたち同士で取り違えが発生しないよう、再度持ち物に記名がされているかご確認お願いいたします。


11月は、衣替えや古くなった道具の買い換えなどで、記名漏れが出てくる時期かもしれません。

子どもが持ち物を紛失したり取り違えたりしないよう、今一度記名の確認をお願いしておきましょう。

11月のおたより:行事・イベントに関する連絡

11月のおたよりで話題となる保育行事には以下のようなものがあるでしょう。


  • 文化の日(11月3日)
  • 七五三(11月15日)
  • 勤労感謝の日(11月23日)
  • 絵本の日(11月30日)

文化の日や七五三、勤労感謝の日については、子どもたちへどのように説明したのか、また活動の流れなどを書いておくと、園での過ごし方が伝わりやすくなるでしょう。


絵本の日は、比較的新しい記念日であるため知らない保護者も多いかもしれません。

おたよりを通して由来を伝えたり、園で子どもたちが気に入っている絵本を紹介したりするとよいですね。

11月のおたより:保健・食育に関する連絡

11月のおたよりに役立つ、保健・食育に関する文例をまとめました。



保健に関するお知らせ


11月は、溶連菌やRSウイルス、インフルエンザなどの感染症が流行しやすい時期でしょう。


保育園で行っている対策や、家庭でできる予防法などを紹介することで注意喚起になるかもしれません。


また、冬が近づくにつれて寒さも増し、風邪を引きやすくなります。

朝晩の冷え込みに気をつけて体調を整える旨を伝えるとともに、衣類の調整の仕方などについても書いておくと、保護者が参考にしやすくなりそうですね。



食育に関するお知らせ


11月15日には七五三の行事があります。

七五三にちなんで、「千歳飴は飴を作るときに引っ張って長く伸ばすことから、長生きしてほしいという願いが込められています」など豆知識を盛り込んでも面白そうですね。


また、さつまいもや栗など秋の食材を使った子ども向けレシピや、みかんの日(11月3日)やショートケーキの日(11月22日)といった食べ物に関する記念日について紹介し、家庭での食育の参考にしてもらうのもよいかもしれません。

書き方のポイントを押さえて11月のおたよりを作成しよう

今回は、保育園の11月のおたよりにおける書き出しや、0歳児から5歳児までの子どもの姿の文例となどを紹介しました。


11月のおたよりには、秋から冬への移り変わりを感じられる書き出しや、感染症・風邪予防などに関する連絡を盛り込むと、季節感のある内容となるでしょう。


また、冬の訪れを感じながら秋の自然に親しむ子どもの姿や、11月の行事にちなんだ活動を書くとよいですね。


今回紹介した文例を参考に、11月ならではの子どもの様子が伝わるおたよりを作成してみましょう。



行事重視の保育求人を紹介



関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!