稲敷郡(茨城県)の病院内保育の保育士求人一覧

病院内保育とは

病院内保育は、病院の敷地内や隣接されている場所で保育を行うことです。病院に勤める医師や看護師など、医療関係者の子どものための保育です。子どもが通う頻度も親のシフト上、不定期になります。人数が多い日と少ない日もあるのでクラス運営はないところが多いでしょう。

エリア
稲敷郡,稲敷郡美浦村,稲敷郡阿見町,稲敷郡河内町
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
病院内保育
こだわり
こだわり無し

社会福祉法人つぼみ会

4エリアで新規園オープン予定!残業なし・持ち帰り禁止で定時退勤、賞与年3回

  • 福利厚生充実
  • 上京者歓迎
  • 残業少なめ
  • 復帰率高

保育園はいつでも子どもたちが主人公。その環境をつくるためにはまず、働く大人がとことん保育を楽しむ!それが私たちのモットーです。だからこそ、残業はしない・休みはしっかり取る・給与面や…

本社所在地 東京都北区桐ヶ丘1-7-17
事業エリア 東京都、茨城県ほか
運営施設種別 認可保育園
01

プロが厳選するプレミアム求人

定員20名の院内保育所!子どもたちに丁寧に向き合える保育環境があります

キープ
茨城県立医療大学付属病院にこにこ保育園(茨城県稲敷郡阿見町)
  • 時短勤務可
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 無資格可

豊かな自然環境を活かし、自然からのたくさんの学びを制作活動やリトミック・童謡とも繋げ、あらゆる場面で保育に取り入れています。アートチャイルドケアでは、安全と安心を追求し真心を込めて...

所在地 茨城県稲敷郡阿見町阿見4733番地
アクセス 常磐線土浦駅よりバスにて約20分「県立医療大学」下車徒歩10分 ※車通勤可
給与 時給1,020円 ~
施設形態 病院内保育

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

稲敷郡の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
稲敷郡 × 保育士 × オープニング
稲敷郡 × 保育士 × 住宅補助あり
稲敷郡 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
稲敷郡の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

病院内保育のお給料

初任給の平均は18万円前後で、一般の保育士より少し高めになり、地域によってもう少し高いところもあるようです。退職金や時間外手当、賞与なども充実しているところが多いようで、時間外手当がある分、一般の保育士より給料が高くなるでしょう。

病院内保育で必要な資格

原則、保育士資格者が求められていますが、病院内保育を実施しているところは多くないため募集も少ないのが現状です。

病院内保育のメリット、おすすめポイント

夜間に預かるときには、夜間手当がつくため、給料が通常の保育園よりも高くなる可能性があります。 受け持つ人数がほかの施設と比べて少数なので個別のかかわりがしっかりできます。 運動会や発表会などのイベントが少ないため、製作物や準備の負担が少ないです。

医療従事者のための保育園

病院内保育(院内保育)は、主に病院に勤める医師や看護師など、医療関係者の子どものための保育園です。 「病児保育」と言葉は似ていますが、病児保育が病気にかかったり回復後の子どもたちのための保育であるのに対し、院内保育では、他の保育園と同様に健常な子どもたちを保育します。 医療、特に看護の現場は24時間、交代制シフトでの勤務が日常的です。そのため、通常の保育園では対応できない夜間などの時間帯があり、子どもがいる看護師さんが安心して働き続けられるよう、病院が中心となって整備してきた歴史があります。

院内保育の特徴は?

院内保育の多くは病院内の一室、もしくは近接した敷地内に設置されていることから、託児所や企業内保育に近いイメージです。病院内という静かな環境での少人数保育が中心で、基本的には保護者の職場がすぐ近くにあるため、何かあった時の対応はスムーズにこなせるでしょう。 以前は非正規雇用の保育士の割合が多いといった問題がありましたが、近年では正職員での雇用も増加しています。 今後は、2016年からスタートした新しい「企業主導型保育」に乗り換えて、より安定的な運営を目指す院内保育も増えていく見込みです。

夜間保育の実施園も

病院の種類にもよりますが、24時間稼働している医療・看護の場という性質上、夜間保育を実施する院内保育も少なくないようです。保育士もシフト勤務が中心になりますが、それだけに働く医療関係者から感謝される存在といえそうです。また、勤務時間が夜間に入ることで、特別な手当がつくところもあるでしょう。 こうした夜間保育では、なかなかお迎えにこないことで不安になる子どもたちをリラックスさせたり、安心して仮眠させてあげることも大切なお仕事です。病院内保育では、日々、人の命を救うお仕事に従事する医療関係者を、影から支えているのです。

上京特集