保育士の転職面接完全マニュアル


新卒で入った保育園で、定年まで働くことができる保育士はどれほどいるでしょうか?
出産や引っ越しなど自分のライフスタイルの変化に合わせて、保育士としてのスキルをよりアップさせたい、など転職を考えるきっかけは人によってはさまざまです。
転職を具体的に考えたとき、気になるのが面接のこと。


近隣の働きやすい保育求人を紹介



今回は、転職を考えるすべての保育士さんに向けて、面接でクリアすべき課題や留意すべき内容についてご説明していきます。

保育士の転職面接完全マニュアル

面接の前に大切な情報収集!



面接に進む前に大切なのは園の情報収集です。面接の準備に必要なポイントをいくつかピックアップします。


園のホームページ・求人票をチェック!




園のホームページや求人票をチェックしましょう。ホームページや求人票には、園の理念や求める人材像、特徴的な保育内容など面接で話のきっかけになるような情報が多く掲載されています。園が求めている人材として、共感を得やすい自己紹介や自己PRするためにもホームページや求人票をチェックすることが必要です。


自身の目で面接先をチェック!




園見学をして自身の目で、園の雰囲気や保育を知ることも大事な情報収集の一つです。

園の広さや、同僚や先輩となる職員の雰囲気、日々の保育など、ホームページや求人票からは伝わらないことは多くあります。自分の目で見た雰囲気や感じたことを面接に活かすこともできます。

こうした情報を事前にチェックすることで、自身と園の求めている人材のミスマッチを防ぐことにもつながります。


面接前の下準備~見た目・持ち物~





第一印象で好印象を与えよう




第一印象で「だらしない人!」と思われてしまったらもう台無しです。外見に関して注意すべきポイントを書いていきますので、ここは必ずチェックしてください!
・面接にふさわしい服装か(スーツ着用で大丈夫です)
・清潔感があるか
・保育士としてふさわしい髪型か(長髪は結んでください。また、黒髪が無難です)
・化粧が濃すぎたり派手すぎたりしないか
・爪は短く切られているか
・表情に笑顔が見られるか
以下それぞれのポイントについて特に注意すべき点を指摘します。


「服装」



基本的に、面接はスーツを着用してください。ジャケットにシワはよっていませんか?シャツの襟元が汚れていませんか?「普段着で来てください」と言われることがあるかもしれませんが、スーツで行ったほうが無難です。


「髪型」




保育士さんには茶髪の人もたくさんいますが、面接ならば茶髪はなるべく避けたほうがいいでしょう。髪が長いなら後ろで一つに結っておいたほうがいいです。当然、派手なヘアアクセサリーもNG。アクセサリーは全般外していってくださいね(既婚者の結婚指輪は大丈夫です)


「化粧」




気合を入れすぎて、濃いメイクになってしまった、なんてことのないように!基本はナチュラルメイクで臨みましょう。ノーメイクはかえって社会人の一般常識から外れますからNGです。香水も控えるか、どうしてもつけたいならほんのちょっとだけにしてください。


「かばん」




ビジネス用の黒かばんが基本です。A4サイズの書類がすっぽり入るサイズだと、より印象が良くなるかもしれませんね。
保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


当日の持ち物




・かばん
・履歴書(当日持参の場合)
・職務経歴書(当日持参の場合)
・筆記用具
・印鑑

かばんの中に入れるものとしては当日持参の場合は履歴書、職務経歴書を持っていきます。また、個人情報の同意書やアンケートの記入、捺印を求められる場合があるので、筆記用具と印鑑も入れていきましょう。


態度・言葉遣いにも注意!




せっかく好印象の外見だったとしても、社会人としてふさわしくない態度・言葉遣いだと一気にマイナス評価になってしまいます。以下のことにも注意してくださいね。
・時間を守れるか(面接に遅刻するようなことはないか)
・質問への受け答えがしっかりしているか
・若者言葉やタメ口などを使っていないか
・「本日はありがとうございました」のようにお礼が言えているか


面接での受け答え



外見・態度・言葉遣いに問題がないと判断されて、ようやく面接での受け答えに注目してくれるようになります。面接では以下のことに気をつけてください。


面接の5分〜10分前には到着





遅刻は厳禁!早めに到着できるようにしておきましょう。(早すぎても迷惑になってしまうので注意!)もし電車遅延など、やむを得ず遅刻する場合には、先に面接先に連絡をしておきましょう。


面接開始時のマナーは最重要!




入室〜着席までで、あなたの印象はほとんど決まってしまいます。面接する部屋へ入室するよう言われたら、必ず3回ノック。「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言って入室します。その際、ドアは両手でしっかり閉めてください。後ろ手でドアをしめるのはNGです。「●●と申します。本日はよろしくお願いします。」と言って再度一礼。着席をうながされてから「失礼します」と言って座りましょう。


受け答えはかたくならず笑顔で!




保育士は特に子ども相手のお仕事ですから、緊張していても笑顔が出せていないと「この人大丈夫かしら...」なんて思われてしまうかも。
面接の時はもちろん、移動中に通りがかった職員の人にも、笑顔で元気良く挨拶しましょう。


面接での受け答えで見られていること





・他の人にはない長所や能力があるか
・目指す保育士像があるか
・保育士という仕事に誇りを持っているか
・子どもは好きか
・受動的ではなく、積極性があるか
・将来性を感じる人材か
・長期的なキャリアプランがあるか
・業務に必要なスキルレベルに達しているか
・転職を繰り返していないか、もし繰り返しているなら転職の理由に一貫性はあるか


受け答えで意識して欲しいこと




面接において、実は最重要なのがこの部分!保育園側からしても、就職してから「合わないので辞めさせてもらいます」なんて言われたら困りますし、条件のいい保育園が他に見つかれば転職されてしまうかも、などと思われてしまわないように、「この保育園だから転職したいんだ!」ときちんとアピールしましょう!
・職場の雰囲気に馴染めそうか
・いっしょに働きたいと思える人材か
・条件面にズレはないか
・保育方針にズレはないか


保育士の転職面接・面接でよく聞かれる質問




転職活動の際、面接でどんな質問をされるのか、ある程度予想がついていれば、本番で緊張していても、いつもどおりに答えられる可能性が上がりますね。そうしたら内定をもらえる可能性も上がるかも?保育士の採用面接も、基本的には一般企業と同じような形式ではありますが、保育士ならではの質問を面接官がしてくることもあります。以下では保育士の転職面接でよく聞かれる質問をご紹介します!


絶対に聞かれる質問





「自己紹介をしてください」



自分の名前だけを言えばOK、というわけにはもちろんいきません。今までの経歴を簡潔に、可能であればあなた自身の人間性も伝わるようにまとめて伝えてみてください。とは言っても、どんなに長くても30秒以内におさまるぐらいの長さにしてくださいね。

例文)
〇〇と申します。現在まで△△保育園で6年間働いてきました。職場での現場リーダーとしての経験を活かし、貴園で即戦力として活躍できる保育士になりたいと考えています。本日はよろしくお願いいたします。


「志望動機を教えてください」




志望動機を答える際には、「どうしても貴園で働きたい」という具体的な理由を入れてみてください。「貴園の運営方針に共感している、自分が所持している●●という資格を活かすには貴園しかない」、など、しっかり調べてから応募したということをアピールするとよいでしょう。

例文)
貴園の一人ひとりの個性を大切にする、という運営方針に共感したためです。前職は園全体で100人を超える大きな園でした。なるべく目を配るようにはしていましたが、どうしても一部の子どもには目の届かない環境でした。一方で、貴園では一人ひとりの個性を大切にするという理念のもと、実際に1クラスごとに必ず保育士を2人配置し、1クラスごとの人数も少なくして一人ひとりの子どもに目が届く環境を実現しています。子どもの個性を大切にしている貴園で働き、子どもに寄り添うことができる保育をしていきたいです。



保育士業務に対しての質問






「なぜ保育士として働くことを選んだのですか?」




保育士の仕事で一番大切なのは、子どもの安全を守ることです。非常に神経を使いますし、体力的にハードに感じることもあるでしょう。この質問では、そんな状況を理解した上で、どういった志を持って保育士を選んだのかを、面接官は聞きたいと思っています。「子どもが好きだからです!」のひとことだけでは物足りなく思われてしまうので、保育士を目指したいと思った具体的エピソードがあれば、それを話してみてもいいでしょう。前職での保育士経験の話を織り交ぜ、「子どもの成長が、自分の仕事の糧となった」というようにまとめてみてもいいかもしれませんね。

例文)
子どもの成長を一番傍で感じたいからです。
保育士資格を取ってから5年間働いたのち、出産と子育てのために4年間現場を離れていました。子育てをする中で改めて感じたのは、子どもの成長とその喜びでした。子育てをする中で保育士として楽しく働いていたころの気持ちを再確認することができました。違う業種で子どもと関わる時間が少なくなるよりも、保育にこれからも関わっていきたいと強く感じ、復職を決意しました。


その他業務関連の質問




・保育士の魅力は何ですか
・仕事で大切にしていることはありますか
・得意な保育業務があれば教えてください
・保護者からのクレームでの対応で気をつけるべきことは何ですか
・モンスターペアレントにはどう対応しますか
・仕事の中で何をしている時が一番楽しいですか



今後の働き方についての質問





「今後、当園でどのように働いていきたいですか?」
この質問は、前職の退職理由にもつながってくるのですが、前職で得た課題を今回の転職でどのように解決していくつもりなのか、将来の展望を伝えましょう。
例えば、前職を辞めた理由が出産・育児だった場合、次の転職面接では「子どもの預け先をどうするか?」「時短なのか、フルタイムなのか?」など、勤務形態についてしっかり確認を取らなくてはいけません。書類や雑務の作業がどうしても苦手なため、子どもと接することに重点を置けるベビシッターなど、別の職種に転職した方もいるようです。
特に女性は、20代、30代と年齢が上がるにつれ、ライフスタイルに合わせた働き方を求めて転職する傾向があります。保育士という資格さえあれば、ベビシッターやパート保育士、商業施設の託児所など、保育園という枠にとらわれず柔軟な働き方ができますよ!転職活動をする際には、ぜひ視野を広げていろいろな可能性を探して下さいね。

例文)
保育士として専門性を高め、自身の得意分野を伸ばしていきたいです。
前職では乳児保育の担当を多くしていました。乳児の成長を嬉しいと感じる一方で、上司から注意されることも多く、自身の専門性の低さを痛感しました。貴園では乳児保育に力を入れています。自身が働く中で新たな知識を身に着け、自治体が主催する研修にも積極的に参加して、乳児保育の分野ではだれにも負けない専門性を身に着けている保育士になりたいです。


保育士の退職理由...転職面接で聞かれたらどう答える?



転職面接の際、「前の職場を退職した理由」は必ず聞かれます。退職理由は人それぞれだと思いますが、ネガティブな理由のみを伝えると、印象が悪くなってしまいます。だからと言って嘘の退職理由を言う必要はありません。ネガティブな退職理由だったとしても、ポジティブな理由に言葉を変えて話せばいいのです。あとあとバレてしまうと気まずくなるので、嘘をつくのは止めましょう。面接では「より働きやすく、より自分に合った職場を探しています」いうことを丁寧に伝えればOKです。


印象の悪い退職理由を、印象良く変換しよう!



面接官が退職理由として聞いた場合、印象が悪くなる内容をまとめてみました。


「人間関係がうまく行かなかったから」




この退職理由は、本人も後味が悪い上に、面接官からしても一番印象が悪いという最悪のパターンです。
保育の仕事は気遣いが大切。緊張して言葉足らずでいたり、先輩と上手く話せずにいたりすると、なかなか職場になじめないこともあるかもしれません。
ですが保育園も結局は一般企業と変わらず、「コミュニケーション能力」はいつでも重視されます。
つまり、人間関係を退職理由にする人は、コミュニケーション能力が低いと判断されてしまうかもしれないんです。そんなときは「人間関係をよくするためにこういう努力をしたが、力不足で改善できませんでした。自分はこうなりたいから辞めました」というように、ポジティブに言い換えるべきでしょう。

例文)
転職の理由は、風通しの良い職場で働きたいと思ったからです。今の職場では、職員会議で若手の意見が採用されることがなく、日々の業務に閉塞感を感じています。貴園は若手の意見も保育に反映し、普段から意見交換しやすい環境を作っていると、ホームページで拝見しました。職場の風通しがよく、日々の保育業務を改善していける貴園で働きたいと思い、転職を決断しました。


「給料が低いから」



保育士の転職理由No.1といわれるのが、お給料の問題です。ですが、これもあまりストレートに伝えないほうがよいでしょう。
たとえ前職の保育園よりも給料が高い保育園の面接だったとしても、さらに高い給与をまた別の保育園から提示された場合には、辞められてしまうのではないかと面接官は思うでしょう。
印象の良い答え方に変えるならば、「自分の能力や技術がしっかりと評価され、給与にも反映される制度になっているこの保育園で働きたい」というふうに変換しましょう。

例文)
転職の理由は、自身の頑張りを適切に評価してくれる園で働きたいと感じたからです。前職では、研修に参加して専門性を高めるキャリアアップ制度や業務効率を見てくれる表か制度を導入していませんでした。働く上で、自分は身に着けた専門性や能力を適切に評価してくれる園で働きたいと思っています。貴園では、キャリアアップ制度を整備しているとともに、月間表彰など研修や日々の改善を積極的に進めるための評価制度を設けています。そのため、貴園ならば自分の頑張りが適切に評価されているという実感を持ちながら働けると感じています。



「体を壊したから」



保育士は体力勝負の仕事です。どんな保育園でも、ある程度のハードさは覚悟しなければいけません。
そんな時、面接の場に体を壊したから前職を辞めたという人が来たらどうでしょう?「途中でまた倒れるのではないか?」と不安に思われてしまいますよね。そのため、「きちんと治療して今は完治したので、問題なく働ける」ということをしっかり伝えましょう。

以上のように、言葉の言い換えや、ポジティブな言葉の付け足しで、だいぶ印象が変わることがお分かりいただけましたよね。転職面接を乗り切るためには、このコツをしっかり身につけることが大切です。

例文)
前職では、体調を崩したため退職しました。半年間の療養を経て、今では健康で医師からも問題なく働くことができるとの診断も受けました。また、体調管理は仕事の一部だと実感した経験を踏まえて、生活習慣を見直しました。食生活では肉・魚だけでなく、野菜を汁物やサラダの形でとるようにし、休日には友人とサイクリングや登山に出掛けて定期的な運動も欠かしません。体調を崩したことで体調管理には注意するようになり、むしろよいきっかけになったと思います。


まとめ あなたが園を選ぶ意識を




以上「保育士の転職面接完全マニュアル」をお伝えしました。面接の基礎は新卒の際も転職組の際も変わりありません。基本的なマナーを整えていたら大丈夫です。
転職の面接の独自性は、前の職場を辞めたことについてどう答えるかです。この点についても、上で説明しましたように、ポジティブチェンジで乗り切ることができます。
ちなみに、面接というのは面接官からしても「新しく採用する人を選ぶ場」ですが、面接を受けるあなたからしても「新しく働く職場を選ぶ場」でもあります。
面接で出会った面接官(=一緒に働くことになる保育士)と話が合いそうか、保育に対する考えは自分と大きく違わないかなど、あなた自身も面接を通して「自分の職場としてふさわしい場所なのか」をよく考えてみてくださいね。


関連する記事

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園で働く事務員というと、仕事内容などあまりイメージが湧かない人も多いのではないでしょう...

チャイルドマインダーの資格をいかした仕事とは。仕事内容や収入について

チャイルドマインダーの資格をいかした仕事とは。仕事内容や収入について

少人数保育のプロフェッショナル、チャイルドマインダーの資格が注目されています。英国では古い...

チャイルドマインダー通学・通信講座の選び方。試験の受験資格を得るには

チャイルドマインダー通学・通信講座の選び方。試験の受験資格を得るには

チャイルドマインダーになるには、チャイルドマインダーの資格を管理・認定する団体が用意してい...

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

志望動機は、保育士の履歴書でも面接でも、必ず問われる重要なポイントです。「どうすれば自分の...

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

景気のよしあしを表す指標の一つに有効求人倍率があります。各職業ごとに違いがあり、保育士はそ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す