福島県双葉郡葛尾村の保育士求人一覧

これからの復興が見込まれる村

葛尾村は福島県浜通りの双葉郡にある人口およそ1500人の村です。2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の影響で全域が立入禁止区域とされていましたが、2016年6月に避難指示が解除されました。現在は登録人口の約10%が村への帰還を果たし、自治体運営が注目されています。葛尾村の特産品として、いんげん、葛尾牛、しいたけ、荏胡麻、凍み餅などがあり、ふるさと納税制度からもいくつか返礼品で入手することができます。

葛尾村教育委員会

葛尾幼稚園三春園舎

所在地 福島県田村郡三春町大字熊耳字八ツ田213
施設形態 幼稚園

1件中 1〜10件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

車を使って地域と交流

葛尾村には鉄道は通っておらず、葛尾村営バスと福島交通によるJR船引駅からの路線バスが運行しています。阿武隈山系や天王山の山々や葛尾川あり、自然にとても恵まれています。地域おこし協力隊の募集や葛尾盆踊りのほかにツールド葛尾という自転車イベントの開催もあり、周辺地域からの若者の移住を積極的に受け入れ、復興を後押しています。葛尾村からは郡山市まで約40キロ、浪江町まで約33キロでそれぞれ一時間程度のアクセスですので、自家用車を利用すれば活動の幅を広げることができます。

凍り餅が復興を後押し

葛尾村の名産である凍り餅は別名、凍み餅、凍み氷などと呼ばれています。東日本大震災の影響で一時は廃れはしたものの、福島県内の学生や若者を中心に再び注目が集まっています。葛尾村と業務提携を結んでいる郡山女子大学では学生が度々試食会を開き試行錯誤を重ね、2017年夏には葛尾村の夏祭りでその成果が披露されました。おやき味やフルーツ味など現代風にアレンジされた新しい凍り餅が誕生する中、避難場所から葛尾村に帰還した職人たちが再度製作を始めています。

こだわり条件で保育士求人を探す

都道府県別に保育士求人を探す