福島県双葉郡川内村の保育士求人一覧

新しい町づくりで若者の移住を積極的に受け入れる

川内村は、2011年の東日本大震災と福島第一原発事故の影響で全域が立入禁止区域とされていましたが、2016年6月に避難指示が解除されました。2017年6月時点で帰還率は80%を超え、人口は約2700人です。川内村では、ワインによる産業振興、マラソンや野球による訪問人口の誘致や拡大、民泊の推進などを掲げて、若者の移住を積極的に受け入れています。最近では夏祭りの復活や、官民主導のワイン生産を研究など活気が戻ってきています。
エリア
エリア: ...
市区町村
市区町村: ...
職種
職種: ...
雇用形態
雇用形態: ...
給与
給与: ...
施設形態
施設形態: ...
こだわり
こだわり: ...
  • 01

    キープ

    満1歳児以上が一時預かりサービスを利用できる認定こども園です。

    認定こども園かわうち保育園は、福島県東部エリアの自治体・双葉郡川内村が経営を行っています。全域が丘陵・山岳地帯で構成される川内町の中では中央部の宮坂地区内に位置する施設です。この地区の西端を国道が通っており、道路の西側を約50m幅の川が流れています。山の斜面に建っており、東隣を通る道路は北から南に向けて下り坂が続きます。園舎は平屋建てで、その南側には約80m幅の園庭が広がります。園庭の東側には様々な樹木が植えられています。園舎の北側は山林地帯です。特別保育事業に関しては、緊急の保育を必要とする満1歳児以上を対象とした一時預かりサービスに取り組んでいるそうです。また、子育て支援事業として園庭開放や育児相談も実施しているようです。※2019年8月7日時点

    かわうち保育園
    • 施設情報

    所在地
    福島県双葉郡川内村大字下川内字宮坂515
    アクセス
    JR常磐線夜ノ森駅車29分
    施設形態
    認定こども園

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

キャリアアドバイザー
専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

自治体主導で子どもたちの教育を守る

川内村は周辺の町村と共に、福島県双葉郡教育ビジョン推進協議会に参画しており、大震災後の子どもたちの学びを保障し、明るい未来を持った人材を育成することを目標としています。文部科学省や教育委員会などの行政機関の協力をもとに協議会を立ち上げ、学校や地域と力を合わせて活動しています。「震災で子どもたちが得た経験を、生きる力に」をスローガンに地域と子どもたちを結び付けて実践的な学習を推進しています。2015年9月には協議会を構成する町村の小学校合同の水泳記録会が開催されました。記録会の後には川内村と富岡町の栄養士による給食会が開かれ、スポーツや食を通して子どもたちが地域を感じ学習する場となりました。

自然が好きな人や登山愛好家におすすめ

川内村内は豊かな自然に恵まれており、高塚山、大鷹鳥谷山、大滝根山があります。特に大滝根山は阿武隈高地の最高峰として知られており登山者の間では大変人気です。川内村での主な移動手段は車とバスです。鉄道は東日本大震災の影響により現在は運航していません。JR磐越東線小野新町駅、神俣駅、船引駅からそれぞれバスが運行しています。車でのアクセスの場合、磐越道小野ICか常磐道常磐富岡ICから県道36号を利用することができます。

福島県の求人を市区町村で絞り込む