【徹底解説】「10の姿」とは。幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な事例や子どもの姿

「10の姿」とは、幼児期の終わりまでに育ってほしい子どもの姿や能力を、5領域をもとに10個の視点からまとめたものです。毎日の遊びや保育の中で、子どもの育ちにつながる姿を見つけられるとよいですね。今回は、保育所保育指針をもとに「10の姿」について、具体的な事例も交えてわかりやすく解説します。


子どもの写真

MIA Studio/shutterstock.com

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは

「10の姿」とは、幼児期の終わり、すなわち小学校入学までに育んでほしい姿や能力のめやすを示したものです。

 

幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領が2017年に改定に伴い新しく作られたもので、2018年4月より施行されました。

 

10の姿は、卒園までに育まれてほしい子どもの姿を、5領域をもとに10個の具体的な視点から捉えて明確化したもので、以下の項目を設定しています。

 

①健康な心と体

②自立心

③協同性

④道徳性・規範意識の芽生え

⑤社会生活と関わり

⑥思考力の芽生え

⑦自然との関わり・生命尊重

⑧量・図形、文字等への関心・感覚

⑨言葉による伝え合い

⑩豊かな感性と表現

 

上記をめやすに子どもの成長を振り返ることで、今後の保育の方向性やかかわり方が明確になってくるでしょう。

 

また、10の姿をもとに子どもの成長を汲み取ることで、小学校へ子どもの様子をわかりやすく伝えられたり、今後の学校生活へスムーズに移行したりすることにもつながります。

 

今回は、文部科学省「幼児教育部会における審議の取りまとめ」の資料を参考に、10個の視点を遊びや援助の具体例を挙げながらわかりやすく解説します。

 

出典:新幼稚園教育要領のポイント/文部科学省

出典:幼児教育部会における審議の取りまとめ/文部科学省

10の姿の視点:①健康な心と体

10の姿の1つ目の視点は、「健康な心と体」です。


10の姿 健康な心と体

保育士さんは、健康な心と体を育むためにはどうすればよいかを子どもに伝えることが大切です。

 

事例をもとに、子どもたちといっしょに考えてみたり、実際にやってみたりしましょう。
また、乳児期の子どもの身の回りの介助では、保育士さんが手を出しすぎず、子ども自身ができたという実感をもてるようにすることが大切です。

10の姿の視点:②自立心

10の姿の2つ目の視点は、「自立心」です。


10の姿 自立心

乳児期から幼児期の成長過程の中で、身の回りのことが徐々に自分でできるようになるようです。

 

自立心を育むためには、子どもたちが自分で考えて行動できるように、園生活の中で必要なことをわかりやすく伝えていくとよいでしょう。
ただし、子どもは一人ひとり発達のスピードが異なるため、個別にフォローすることも重要ですね。

 

また事例からもわかるように、自立心から子どもの主体性につなげることが大切のようです。
そのためには子どもの考えや遊びを尊重し、さりげなくサポートしていくことが必要かもしれません。

10の姿の視点:③協同性

10の姿の視点の3つ目は、「協同性」です。


10の姿 協同性

協同性とは、子ども同士が互いの思いや考えを分かち合いながら、1つの目的に向かっていく力と言えるでしょう。

 

保育士さんは事例のように、子どもの考えや思いを受け止めるとともに、共通の目的を達成するために必要な環境を用意し、子どもの状況を見つつ適度に援助することが大切と言えそうですね。

10の姿の視点:④道徳性・規範意識の芽生え

10の姿の視点の4つ目は、「道徳性・規範意識の芽生え」です。


10の姿 道徳性・規範意識の芽生え

子どもたちは自分の気持ちを受け止めてもらったり、自分の行動を振り返ったりすることで、

周りの友だちの思いや決まりの必要性に気づき、行動できるようになるかもしれません。

 

周囲の人の気持ちを想像する経験を重ね、遊びのルールを自分たちで調整したり、けんかをしても気持ちに折り合いをつけて謝ったりできるようになるとよいですね。

10の姿の視点:⑤社会生活との関わり

10の姿の視点の5つ目は、「社会生活との関わり」です。


社会生活と関わり

保育士さんには事例のように、公共の場や地域の施設、それぞれの家庭など保育園の外にある世界にふれる機会を作ることが求められるでしょう。

 

身近な社会とのふれ合いを通して、公共の場でのマナーを覚えるとともに、社会のつながりを感じ、大切に思う気持ちを育んでいけるとよいですね。

10の姿の視点:⑥思考力の芽生え

10の姿の視点の6つ目は、「思考力の芽生え」です。


10の姿 思考力の芽生え

事例からもわかるように、思考力の芽生えとは、子どもの日々の遊びの中における工夫や興味・関心から育まれていくようです。

 

保育士さんは、子どもの好奇心や探究心を引き出すような環境を作るとともに、子どもたちそれぞれの考え方を受け止め、それをわかりやすく伝えながら、多様な考えを引き出すことが求められるでしょう。

10の姿の視点:⑦自然との関わり・生命尊重

子どもの写真

Natee K Jindakum/shutterstock.com

 

10の姿の視点の7つ目は、「自然との関わり・生命尊重」です。


自然との関わり・生命尊重

自然とのかかわり・生命尊重は、絵本や図鑑などのお話だけでなく、身近な自然に興味を持ったり、遊びの中で生き物や植物とふれ合ったりする実体験を通して育まれていくもののようです。

 

保育士さんは事例のように、保育中に自然を観察したり、いっしょに調べたりすることで、子どもの好奇心や関心を養っていけるかもしれません。

10の姿の視点:⑧数量・図形、文字等への関心・感覚

10の姿の視点の8つ目は、「数量・図形、文字等への関心・感覚」です。


数量・図形、文字等への関心・感覚

園生活や遊びの中で出会える数量や図形、文字の具体例としては、お友だちの名前(文字)や、給食の配膳(数・量)、信号や道路標識(標識)などが挙げられるでしょう。

 

保育士さんは、子ども一人ひとりの関心の度合を把握し、その知識の深まりに応じて親しめるように環境を整えつつ援助するとよさそうです。

 

このとき、名称や意味を正しく覚えることよりも、日常の中で親しみながら必要性を感じられる体験を重ねることが大切かもしれません。

10の姿の視点:⑨言葉による伝え合い

10の姿の視点の9つ目は、「言葉による伝え合い」です。


言葉による伝え合い

保育士さんによる、乳児期の子どもへ向けた語りかけや歌いかけは言葉の理解や発語への意欲を育むうえで大切なことでしょう。

 

特に5歳児後半では、伝えたい相手や状況に応じた言葉の使い方や表現の仕方を覚え始めるかもしれません。

 

そのため保育士さんは、事例のように状況に合わせて子どもたちの思いが伝わるようにサポートするとともに、さまざまな言葉に出会う機会をつくることが重要と言えそうですね。

10の姿の視点:⑩豊かな感性と表現

10の姿の視点の10つ目は、「豊かな感性と表現」です。


豊かな感性と表現

豊かな感性と表現を育むには、事例のように身の回りで心を動かす出来事にふれ、誰かに伝えたいと感じたり、表現するよろこびを味わったりすることが大切になるようです。

 

保育士さんは子ども一人ひとりの表現意欲を大切にし、その子らしい表現方法を育んでいけるように、道具や材料を揃えるなどして、アイデアを生み出しやすい環境を整えるとよいでしょう。

 

出典:「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を踏まえた教育課程の編成や指導計画在り方/文部科学省

出典:幼児理解に基づいた評価/文部科学省

出典:幼児期の終わりまでに育ってほしい幼児の具体的な姿(参考例)/文部科学省

出典:幼児教育部会における審議の取りまとめ/文部科学省

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」で意識すべきポイント

子どもの写真

MIA Studio/shutterstock.com

 

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」を保育活動に取り入れる際には、どのようなことを意識すればよいのかを詳しく見ていきましょう。

 

達成目標ではなく「めやす」と捉える

 

「10の姿」が幼児の成長のゴールのように考えてしまいがちですが、あくまで5歳児の後半までの成長のめやすであることを覚えておきましょう。

 

子どもには一人ひとり異なる個性があり、成長のペースはさまざまです。遊びの中で、表現は苦手だけど、本を読むことが大好きな子どももいます。

 

保育士さんは、そういった子どもの個性を尊重し、子どもの得意分野を伸ばして自信につながるような言葉がけを大切にしましょう。

 

保育の「5領域」をもとに考える

 

子どもたちと関わりのなかで「10の姿」を生かすためには、保育園や幼稚園における、保育・教育目標の1つである「5領域」の指標を大切にしましょう。

 

5領域は、健康・人間関係・環境・言葉・表現の5つで成り立っており、乳児期から幼児期の園生活を通じてさまざまな体験を積み重ねながら、5つの領域に向かって育つことをねらいとしています。

 

10の姿は、5領域にある資質や能力といった育みたい子どもの姿を、より「具体的」に提示したものです。

 

そのため、5歳児になってから急に10の姿へ移行するのではなく、5領域をもとに保育する乳児期や3歳、4歳児の間から、10の姿を意識しておくことが大切です。
そうすることで、幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿により近づくことでしょう。

 

小学校との連携に活用する

 

幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿は、保育園や幼稚園と小学校との円滑な接続をはかるためにも役立つようです。

 

子どもたちがスムーズに小学校生活に移行できるようにするためにも、10の姿を手がかりにして、子どもの様子の具体例を小学校の先生に伝えることが求められます。

 

小学校の先生方と話し合う機会を持ち、10の姿をもとに子どもの成長を共有し、事例を検討したり意見を交換したりすることが大切になるでしょう。

 

出典:幼稚園教育要領解説/文部科学省 

幼児期が子どもの10の姿通りに育つことが成長の「ゴール」ではない

今回は、幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」について紹介しました。

 

「10の姿」は、子どもの成長のゴールではなく、日々の生活の中で自然と育まれていき、身につけていくめやすとなるものです。そのため、1つずつ個別に指導するよりも、子どもたちが必要なことを体験できるように、環境を整えていくことが大切になります。

 

5領域をより具体的に提示した保育・教育目標の1つと考えて、保育園や幼稚園に通う子どもたちの指導に役立てましょう。

 

「10の姿」を幼児教育の基準として覚えておくことで、小学校の先生に申し送りをする際も、子どもの姿を共有しやすくなりそうですね。

 

コラムの事例や具体例を参考に、10の姿をもとに日々の保育をより充実させていきましょう。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

扶養内で働くため、自身の年収が103万円以内になるよう、勤務日数の調整をしているパート保育...

社会保険の【106万円の壁】とは?保育士が働き損を回避するためのポイント

社会保険の【106万円の壁】とは?保育士が働き損を回避するためのポイント

106万円の壁とはどのようなものでしょうか。条件によっては扶養を外れて社会保険に加入する必...

【150万円の壁】扶養内で働く保育士の収入の壁は?配偶者控除や社会保険の加入 

【150万円の壁】扶養内で働く保育士の収入の壁は?配偶者控除や社会保険の加入 

扶養内で働きたい場合、「150万円の壁」が気になる保育士さんもいるでしょう。年収が150万...

社会保険の【130万円の壁】を超えたら働き損?保育士の扶養に関する制度とは

社会保険の【130万円の壁】を超えたら働き損?保育士の扶養に関する制度とは

130万円の壁とはどのようなものか、気になる保育士さんもいるでしょう。交通費を含む総支給額...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!