保育園の9月のおたよりを作成するときのポイント。書き出し、行事など項目別の文例

保育園で保護者あてに毎月発行されるおたより。9月のおたよりに何を書こうかと頭を悩ませる保育士さんもいるのではないでしょうか。今回は、季節に合った書き出しの文例や9月の行事・保健・食育コーナーのアイデアを紹介します。また、年齢別の配慮をふまえた園生活での注意事項など、9月にぴったりなおたよりを書くためのポイントもまとめました。


紅葉を拾った写真

nuu_jeed/shutterstock.com

 

9月のおたより作成でおさえておきたいポイント

9月のおたよりを作成するときに気をつけたいポイントをみていきましょう。

 

秋を感じられる言葉選び・イラスト選びをする

 

9月になると暑さがやわらいで過ごしやすくなるとともに、夕方には秋の虫たちの鳴き声が聞こえてくる頃でしょう。
おたよりを作成するときは、秋の深まりを楽しみにできるような言葉選びができるとよいですね。

 

デザインを考えるときには、虫やお月見などのイラストを入れると9月らしい季節感を演出できてよいかもしれません。

 

夏休み明けの子どもの姿を伝える

 

9月は、夏休みが明けて久しぶりの登園となる子どももいるでしょう。

 

保育園に来るなり夏休みの思い出について教えてくれたり、久しぶりに会えた友だちと元気に遊んだりといった姿があるのではないでしょうか。

 

保育園ならではの、友だち同士の関わり合いや保育士さんとのやり取りを伝えられるとよいかもしれません。

 

季節の変化による体調変化に配慮する

 

夏から秋への季節の変わり目による体調の変化が見られるかもしれません。
子どもが体調を崩さないようにするための呼びかけを入れ込んでみてもよいでしょう。

 

このような季節の特徴や子どもの姿をふまえて書くことで、9月の保育園での子どもの様子がしっかり伝わるおたよりになりそうです。

9月のおたより:書き出しの文例

9月のおたよりにぴったりな書き出しにあたる挨拶の文例をみていきましょう。

 

季節に関する書き出しの文例

 

9月の季節を表すモチーフには以下のものが当てはまるでしょう。

 

  • 秋の始まり
  • 暑さのやわらぎ
  • スズムシやコオロギなど虫の声
  • ススキやハギなど秋の七草
  • キンモクセイの香り
  • コスモスの花
  • アキアカネ

 

園生活でそれらにふれたときの、子どもの反応や姿を書いていけるとよいですね。
その際、子どもの表情の変化や発言などを具体的に描写していくと、臨場感のある文章が書けるのではないでしょうか。

文例1

じりじりと焼け付くようだった夏の日差しが少しだけやわらぎ、過ごしやすくなってきました。
涼やかな風に乗ってやってきた秋の気配に、子どもたちも心地よさそうに目を細めています。

季節の移ろいを味わえるよう、キンモクセイの匂いやコスモスの花を探しに散歩に出かけたいと思います。

文例2

日が落ちるのが徐々に早くなり、夏の終わりを感じます。夕暮れどきには虫たちの鳴き声が楽しめるようになりました。

好奇心旺盛な子どもたちは小さな虫たちが奏でる音色に興味津々、「リーンリン」「コロコロ」と真似っこも上手です。
お部屋では手作りのマラカスやタンバリンを持ち出してきて、即興の音楽会が開催されています。

文例3

セミの声がいつの間にか聞こえなくなり、高くなった空にアキアカネの姿が現れるようになりました。
自由に飛び回るアキアカネの姿は、広い園庭を駆け巡る子どもたちとどこか似ています。

元気いっぱいな子どもたちといっしょに、秋もさまざまな活動を楽しみたいと思います。

 

季節の変化を感じられる挨拶とともに、それらを楽しむ子どもたちの姿を表しましょう。

 

4歳児や5歳児では虫の名前や特徴を覚えている子がいるかもしれません。
お気に入りの生き物について話しているときの表情や、友だちと教えあっている姿を保護者の方に伝えられるとよいですね。

 

行事に関する書き出しの文例

 

9月の代表的な行事には、防災の日、敬老の日、秋分の日、十五夜などが挙げられるでしょう。

このような行事をもとに、子どもたちの姿や園での活動予定を書いていけるとよいですね。

 

防災の日に関しては、保育園で行なう防災訓練のときの様子、敬老の日では敬老行事を楽しみにしている様子について書いていくとよさそうです。

文例1

9月1日は防災の日となります。先日行なった防災訓練では、「おかしも」の約束をしっかりと守り、真剣な表情で訓練に参加する子どもたち。

その頼もしい姿に、指導に来てくださった消防の方もすっかり感心していました。

文例2

9月には敬老の日があります。「みんなのおじいさんおばあさんはどんな人?」と尋ねると、「とってもやさしいの」「いっぱい遊んでくれる」と口ぐちに語りだす子どもたち。
子どもたちからあふれ出すおじいさまやおばあさまとの思い出に、ついこちらの顔もほころびました。

文例3

9月のイベントといえばお月見。クラスにお月さまの絵本を用意しておくと、さっそく気がついて「読んで」とお願いにやってきました。
夜空にぽっかりと浮かぶお月様の光に、子どもたちも癒されているのでしょうか。


だんだんと夜長になる9月、中秋の名月とも呼ばれる十五夜の日にお家でお月見を楽しむのもよさそうです。

 

このように保育園でどんな風に行事を扱っているのかを伝えられるとよいですね。

 

2歳児くらいになると、行事の意味や雰囲気をなんとなく楽しめるようになる頃なのではないでしょうか。

 

保育園で行事を楽しむ姿を描写することで、家庭でも行事に親しむきっかけになるかもしれませんね。

 

園生活に関する書き出しの文例

 

8月での園生活の様子を伝えるとともに、それに連動して9月に予定している活動を書きましょう。

 

8月の姿でいうと夏休み明けの様子、プール遊び、セミなどの虫取りといった姿があったのではないでしょうか。

 

9月に入り、プールが終了して散歩に行けるようになったり、夏の虫からバッタ、アキアカネといった秋の虫取りができるようになったりと、活動内容の移り変わりが書けるとよいですね。

文例1

夏休み明け、久しぶりに友だちや先生と会えてとても嬉しそうな子どもたち。
夏休みの思い出を話す表情はまるで太陽の日差しのようにキラキラとしていました。

9月には運動会に向けた練習が始まります。
夏の間に一回り成長した子どもたちが挑戦する新たなステップが今から楽しみです。

文例2

夏の間にたくさん楽しんだプール遊び。
プールじまいの日には名残惜しさを発散させるように、いっそうはしゃいでいる子どもたちでした。

涼しくなればプールに代わって散歩に行けるようになります。秋の自然をたくさん発見できるように、子どもたちといっしょにじっくりと探しに行きたいです。

文例3

鳴き声を頼りにセミ探しに明け暮れた夏も終わり、バッタやアキアカネなどの秋の虫たちがみられるようになりました。

生き物が大好きな子どもたちとともに、近くの公園や原っぱに虫取りに出かけて秋の自然にふれあいたいと思います。

 

保育園での活動では、その年齢ならではの姿を書けると子どもの様子がより伝わるかもしれません。

 

例えば水遊びの場合、0歳児では水面をぱちゃぱちゃと叩く、2歳児では容器の水を入れ替えて遊ぶ、4歳児では友だちと水の掛け合いをする、などの姿がありそうです。

 

具体的な子どもの遊びの内容や発言を捉えられるとよいかもしれません。

9月のおたより:園生活での注意事項

9月になるとだんだん涼しくなることから、保育園では衣替えや散歩が始まるのではないでしょうか。
また、夏休み明けによる生活リズムの変化や一日の寒暖差から、体調を崩す子どもも出てくる頃でしょう。

 

子どもがスムーズな園生活を送れるよう、それらの注意点をふまえて保護者の方にお願いしたいことを書きましょう。

 

生活リズムに関する注意事項

 

9月は寒暖差による体調変化に気をつけたい時期になりそうです。
夏休み明けで久しぶりの登園になることや日照時間が短くなることによって、生活リズムが整わない子どももいるでしょう。

 

以下の点をふまえて書くと、体調を整えて9月も健康に過ごせそうですね。

 

  • 睡眠リズムを整えること
  • 食事の内容や時間に気をつけること
  • 情緒の安定を図ること
  • 体調の変化を読み取ること

 

8月の終わりから9月にかけては、子どもにとって疲れが出やすい時期かもしれません。特に0歳児や1歳児では突然体調が変わることも多いようです。

 

そのため、保育園と保護者の間で連携して子どもの様子を伝え合っていきたいというお願いなどを書いておくとよさそうです。

 

また、家ではゆったり過ごせるような配慮をお願いできるとよいかもしれません。

 

衣服の調整に関する注意事項

 

9月は日中でも暑い日と涼しい日の気温差が激しい時期なのではないでしょうか。
また、クラスが変わってから半年がたち、子どもたち自身で着脱することが増えることもあるでしょう。

 

  • 園にいるときでも気温によって調整できるよう、半袖・長袖の衣服を用意する
  • 子どもたちが自分で着脱できるよう、サイズやデザインに配慮して着やすい服を選ぶ

 

このような注意事項をお願いすることで、9月を快適に過ごせそうです。

 

1歳児では袖に腕を通せるようになったり、2歳児では大きなボタンの着脱ができるようになったり、5歳児では自分で気温に合った衣服を選べたりする頃かもしれません。

 

その年齢の発達に応じた注意事項を考えるとよさそうですね。

散歩に関する注意事項

 

9月になり気温が下がってくると、散歩に出かける保育園もあるのではないでしょうか。
散歩に行くことを伝えるとともに、準備物のお願いができるとよさそうですね。

 

  • 歩きやすい靴の用意
  • 衣類や帽子のサイズの調整
  • 疲れが出やすいので体調を整えられるようにする

 

以上の点をふまえた注意事項を書くことで、スムーズに散歩を実施できそうです。

 

1歳児では初めて靴を履いて散歩をする子もいるのではないでしょうか。子どもが履きやすい靴の選び方のポイントなどを紹介できるとよいかもしれません。

9月のおたより:行事に関するコーナー

月とススキの写真

Japan’s Fireworks/shutterstock.com

 

9月の主な行事は以下の通りです。

 

  • 防災の日(9月1日)
  • 救急の日(9月9日)
  • 十五夜 (9月7日から10月8日の間で、満月が出る日)
  • 敬老の日(9月第3月曜日)
  • 秋分の日(2020年は9月22日)

 

このような行事と保育園での活動やイベントをあわせて紹介したり、家庭で楽しむときのポイントを書いたりできるとよいでしょう。

 

防災の日や救急の日に絡めて、家庭での災害対策や救急セットの準備物リストについて紹介する、十五夜について保育園で行なっているお月見のイベントや製作活動の予定について書くといったことができそうですね。

9月のおたより:保健・食育に関するコーナー

9月にぴったりな保健や食育に関するコーナーの書き方を紹介します。

 

保健に関するコーナー

 

9月は残暑が厳しい中でも朝夕は比較的涼しくなってくる頃でしょう。
気温の変化や日照時間の変化から、子どもたちが体調を崩しやすい時期なのではないでしょうか。

 

生活リズムを整える、決まった睡眠時間を確保する、疲れが見えるときは無理せずゆったり過ごすといったポイントを書くとよさそうです。

 

また、日中はまだまだ熱中症の危険があるといえます。

 

時間を決めてこまめに水分を取る、屋内でも日差しを避けるためすだれを使用するといったことを園でも気をつけているのではないでしょうか。
そういった対策を紹介することで保護者は安心して子どもを預けられそうですね。

 

食育に関するコーナー

 

9月のおたよりに使える、食育の豆知識やポイントを紹介します。

秋の味覚について

きのこ、さつまいも、さんまなどが9月頃には旬を迎えるでしょう。
他にもりんごや栗など秋にはおいしい果物が食べられますよね。

 

これらの特徴やおいしく食べるためのポイントを紹介していくとよさそうです。

 

また、0歳児向けに秋の味覚を使った離乳食のレシピを紹介しても役立つでしょう。
幼児クラスでは子どもたちが最近の給食で気に入っているものなどを書くのもよいかもしれません。

災害時の食事

防災の日にちなんで、災害時の食事について紹介するのもよいでしょう。

 

災害時の食事には、長持ちするよう乾燥させたり味付けを濃くしたりなどの工夫があります。

 

他にも、普段から非常食を賞味期限以内に消費してまた買い足していく「ローリングストック」という方法で災害に備える方法があるようです。

 

また、防災の日の園の給食のメニューとして非常食を味わったことについて、子どもの反応などを織り交ぜて書いていくとよいかもしれません。

お月見団子について

9月の中頃から10月にあるお月見の行事について紹介することで、伝統的な食の文化にもふれられそうです。

 

お月見団子を食べるようになった所以には、「作物の豊作を祝うため、月に見立てた団子をお供えした」という説があるようです。

 

お月見の製作やお月さまに親しむための読み聞かせなど、保育園での活動と絡めて書けるとよいかもしれませんね。

ポイントをおさえて、9月のおたよりを作成しよう

今回は、9月のおたよりを作成するときのアイデアについて、書き出しの文例や、行事・保健・食育のコーナーにおけるポイントを紹介しました。

 

暑さのやわらぎや秋の自然を始め、防災の日や敬老の日、お月見といった行事についてふれていくことで9月らしい季節感を表現できるでしょう。

 

夏休み明けの登園や気温の変化に関する子どもへの配慮や注意事項を書くことで、9月も楽しく園生活を送れそうですね。

 

また、0歳児の発達での配慮や2歳児の活動など、子どもの年齢に沿った内容を入れ込むことで、より保育園での様子が伝わりやすくなりそうです。

 

おたより作成のポイントをおさえて、9月のおたよりがより充実したものになるとよいですね。

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!