牛久市(茨城県)の有給の保育士求人一覧

有休がとりやすい求人

「有給あり」の求人は、有給休暇がとりやすい求人です。多忙で有給休暇の取りにくい保育士のお仕事ですが、有給休暇ありの求人は保育士が有給を取りやすいように工夫している園が多いです。必要な時に休暇がとれる、働きやすい求人です。

エリア
牛久市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
有給

社会福祉法人つぼみ会

4エリアで新規園オープン予定!残業なし・持ち帰り禁止で定時退勤、賞与年3回

  • 福利厚生充実
  • 上京者歓迎
  • 残業少なめ
  • 復帰率高

保育園はいつでも子どもたちが主人公。その環境をつくるためにはまず、働く大人がとことん保育を楽しむ!それが私たちのモットーです。だからこそ、残業はしない・休みはしっかり取る・給与面や…

本社所在地 東京都北区桐ヶ丘1-7-17
事業エリア 東京都、茨城県ほか
運営施設種別 認可保育園
01

社会福祉法人めぐみ愛育会

牛久めぐみ保育園
保育士
正社員

昇給アリ・賞与年3.0カ月分!子どもたちの健やかな成長を支えませんか?

キープ
牛久めぐみ保育園(茨城県牛久市)
  • 社会福祉法人
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 有給

牛久めぐみ保育園は、定員120名の認可保育園です。子どもたちの足腰を鍛え、踏ん張ることで走力向上に繋げる「下駄ばき保育」を取り入れています。当園では、元気いっぱいの子どもたちにパワ...

所在地 茨城県牛久市下根町774-1
アクセス JR常磐線「ひたち野うしく駅」より車11分
給与 月給172,500円 ~ 176,400円
施設形態 認可保育園
02

完全週休2日制!子どもたちの成長を支える素敵なお仕事始めませんか?

キープ
こばと幼稚園(茨城県牛久市)
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 有給
  • 退職金制度

こばと幼稚園は、牛久市にある3歳から5歳児を対象とした定員279名の園です。「一人ひとりの子どもを大切に」をモットーに掲げ、独自のカリキュラムを通して学ぶ力・体の力・心の力を育んで...

所在地 茨城県牛久市猪子町字前山828-33
アクセス JR常磐線「牛久駅」徒歩28分 JR常磐線「ひたち野うしく駅」徒歩28分
給与 月給201,800円 ~
施設形態 幼稚園
03

お休み多めの年休120日!土日祝日休みなので、メリハリつけて働けますよ

キープ
牛久幼稚園(茨城県牛久市)
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • ボーナスあり
  • 年休120日超
  • 産休育休制度
  • 有給
  • 退職金制度

牛久幼稚園は、ちえ・もじ・かずなどの教育を取り入れることで、子どもたちの自信ややる気を養っています。当園では、担任を持ちクラス運営業務を行う、正社員の幼稚園教諭を募集中です。お休み...

所在地 茨城県牛久市上柏田3-8-3
アクセス 常磐線「ひたち野うしく駅」徒歩28分
給与 月給190,000円 ~ 210,000円
施設形態 幼稚園
04

年休120日・土日祝日休み!しっかり休んでリフレッシュしながら働けます

キープ
ひたち野牛久幼稚園(茨城県牛久市)
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • ボーナスあり
  • 年休120日超
  • 産休育休制度
  • 有給
  • 退職金制度

学校法人沼田学園が運営する「ひたち野牛久幼稚園」は、遊びを通した指導を実践し、「心身ともにたくましく・思いやりのある心をもった子ども」の育成に努めています。当園では、約207名の子...

所在地 茨城県牛久市東猯穴町新地山827-2
アクセス 常磐線「ひたち野うしく駅」車6分
給与 月給190,000円 ~ 210,000円
施設形態 幼稚園
05

学校法人沼田学園

牛久保育園
保育士
正社員

年休120日・土日祝日休み!ワークライフバランスを大切にできますよ。

キープ
牛久保育園(茨城県牛久市)
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • ボーナスあり
  • 年休120日超
  • 産休育休制度
  • 有給
  • 退職金制度

牛久保育園は、「明るく・元気で・のびのびと」をモットーに、子どもたち一人ひとりの思いやりの心を育てる保育を行っています。当園では、担任としてクラス運営業務を行う、正社員の保育士を募...

所在地 茨城県牛久市東猯穴町新地山869-1
アクセス 常盤線「ひたち野うしく駅」徒歩27分
給与 月給190,000円 ~ 210,000円
施設形態 保育園

5件中 1〜5件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

牛久市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
牛久市 × 保育士 × オープニング
牛久市 × 保育士 × 住宅補助あり
牛久市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
牛久市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

有給休暇がもらえる条件

有給休暇をもらうには、(1)半年間働き続けること(2)決められた勤務時間の8割以上を働いたこと。この2つの条件を満たせば一定の日数をもらうことができます。

有給休暇の実態…有給がとれるか

保育士も含まれる、医療福祉業界では、もらえる休暇の約半分しか消化できていません。保育士は仕事量が多く忙しいため、有給が取れなかったり、職場によっては有給を取りづらい雰囲気がある、という理由があります。有給ありの求人は、この状況を改善するため、誕生日有給や年度初めに有給の調整をしてくれる取り組みをしていて、有給が取りやすくなっています。

有給をもらえる時期、使える時期

有給休暇は働き始めてから半年でもらえます。いつから使うことができるのかは保育園の就業規則によって決まりますので、翌年から使えるという保育園もあるかもしれません。また、半年間待たずに前倒しして有給を取得できる保育園もありますよ。

意外と知らない有給休暇の仕組み

「有給休暇」の正式名称は年次有給休暇といいます。働いている人が、働いた体や心を休めるために給料を減らすことなく休める休暇のことです。有給が消化しきれないとよく聞きますが、仕組みを簡単におさらいしてみましょう。まず、有給休暇は法律で決められています。だから、条件を満たせば働いている人は誰でも取ることができるのです。その条件の1つ目は半年間働いていること、2つ目は決められた時間の8割以上働いていることです。つまり、1つの職場で半年間以上、頑張って働いた人がもらえる休暇なのです。日数は長く働くほど多くなります。正規職員の場合、半年で10日、さらに1年働けば11日、その次の年には12日と、1年ごとにもらえる日数が増えていきます。使わなかった有給休暇は繰り越しできますが、2年で利用できなくなってしまいますから、早めに利用しなければ無駄になってしまいます。

パートの人も有給休暇とれます

「私はパートの保育士だから有給なんてないんでしょう…?」という方もご安心ください。パートで働いている人も有給休暇はとれます。半年間の勤務で所定の8割以上の日数働けばパートも正社員も関係なく有給休暇は取れるのです。働く時間は少ないため有給休暇の日数は正社員に比べると少なくなります。それでも、週4日の勤務だったら、半年で7日有給休暇がとれます。たとえ週1日だけの勤務だとしても、半年間しっかり働けば1日だけですが有給休暇はもらえるのです。パートの求人にも、有給休暇ありとはっきり書いてくれているもの、有給休暇の取りやすい職場です、と宣伝している保育園も多いので、こういった職場でならパートでも安心して有給休暇がとれますね。

ワークライフバランスを重視する園が増えています。

全職業の有給休暇の取得割合は約5割。保育分野の含まれる医療・福祉業界は平均程度の50.2%ですが、宿泊業界が約3割、ガス・水道・電気のインフラ業界は約7割ということを踏まえると、いいとも悪いとも言い難い数字です。国全体では、仕事と私生活のバランスを重視する、「ワークライフ・バランス」を重視して有給休暇の取得率の向上を目指しています。保育園の中でもワークライフ・バランスを実現する取り組みをしている園もたくさんあり、東京をはじめとする自治体が紹介しています。また、有給休暇の制度もいろいろなものが導入されており、誕生日や結婚式に有給休暇を必ず休める園や、7連休の長期休暇が取れる園などがあり、有給休暇の取りやすい職場が増えているため、保育の現場でもますますワークライフ・バランスの充実が進むことでしょう。

上京特集