乳児保育のみの保育士求人一覧

乳児保育のみの求人の特徴

0歳~2歳までの乳幼児期の子どもたちを預かる保育園です。 昨今では乳児保育を中心にした小規模保育が認可保育園の枠組みに加わったため、0~2歳児のみを預かる園が急増しています。

株式会社スリーピース

デイジー保育園 麻布十番フォレスト

麻布十番で今年12月新規オープン!定員18名の小規模認可保育園です。

  • 乳児保育のみ
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • オープニング
  • ブランクOK
  • 産休育休制度

定員18名(0~2歳)の小規模認可保育園でのオープニングスタッフ募集!一人一人に寄り添った保育を心掛け、最大112,000円の宿舎借り上げ制度など職員が働きやすい環境を大切にしてい...

所在地 東京都港区麻布十番
給与 月給200,000円
施設形態 認可保育園
募集職種 保育士
雇用形態 正社員/パート・アルバイト

株式会社スリーピース

デイジー保育園麻布十番

麻布十番駅より徒歩5分で交通アクセスも抜群。ブランクのある方も大歓迎です。

  • 乳児保育のみ
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎

小規模でアットホームな雰囲気が魅力の職場です。一人一人に寄り添った保育を心掛け、最大112,000円の宿舎借り上げ制度など職員が働きやすい環境を大切にしています。株式会社スリーピー...

所在地 東京都港区麻布十番3-10-12-202
給与 月給200,000円
施設形態 認可保育園
募集職種 保育士/園長
雇用形態 正社員/パート・アルバイト

1件中 1〜10件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

乳児保育のみの意義とは

女性の社会進出で両親の共働きが主流になりつつあり、ニーズの拡大が進んでいます。乳児期は、心身ともに成長著しい初期段階であるため、健康な生活をおくるためにサポートし、保証することが重要な役割です。

乳児保育のみの求人のお仕事内容

仕事内容は、保護者に代わって乳児を育てるサポートをすることです。0歳から子どもを預ける保護者は、小さいうちから保育園に入れることに後ろめたさを感じています。こうした、やむを得ず働かなければいけない保護者のサポートも大切な役割です。 乳児保育の内容は、具体的には食事、オムツを替える、着替え、睡眠、遊びなどで家庭での生活に近いものになっています。

乳児保育求人のメリット

0歳~2歳の乳児のための環境であるため、とても落ち着いていて配慮された空間作りになっています。働く園が小規模な場合は、担当のクラスだけではなく園全体で動いているため一体感があります。乳児がさまざまなことを覚えたり、初めてのことができた瞬間に立ち会うことが、仕事の励みになり、充実した時間を過ごすことができるでしょう。

地域から強く望まれる0~2歳児保育

児童福祉法では、満1歳未満の児童のことを乳児と呼びますが、保育業界で「乳児保育」といった場合は、0~2歳児の保育のことを指すことが一般的です。共働き家庭が増え、早ければ生後2か月の赤ちゃんを預け、職場への復帰するケースも珍しいことではなくなってきました。 ただし、0~2歳児は保育士の配置基準が厳しいため、保育園の預かり枠もそう多くはありません。それだけ待機児童問題も深刻で、多くの大都市では、保育園に入れず、育児休暇を延長する人が後を絶ちません。乳児保育のみを実施する園は、そうした待機児童問題を解決するための一手として、地域の働く親御さんからのニーズが非常にある施設です。

認可・認可外を問わず多数の園がある

待機児童の解消を目的として、乳児保育のみを実施する園が、認可の有無を問わず増えています。種類としては、0~2歳児のみの定員設定の認可保育園、もともと0~2歳児を専門に預かる小規模保育、託児所、企業内保育、企業主導型保育、自治体独自の認定保育などがあります。乳児保育には幼児ほど広いスペースが必要でないことから、マンションの一階部分や、商業テナント内に設置されている保育園もあります。こうした園は交通アクセスが良好であることも多いので、通勤時間に関心のある保育士さんにとって、ありがたい職場といえるでしょう。また、3~5歳児の認可保育園の「分園」や、幼稚園・認定こども園を運営する学校法人が、乳児部として保育園を設置する場合があり、その場合は本園の施設などを利用したりすることもできます。

広がる「乳児担当制」

乳児保育では、幼児と比較すると別世界ともいわれるほど、異なった専門性が必要といわれています。認可保育園の基準では、1人の保育士が3人の乳児を見ることが定められており、人員配置的には最も手厚いところ。とはいえ、赤ちゃんの生命の安全や、健やかな育ちのためには、保育士ひとりひとりに掛かってくる責任はけして軽くはありません。 そこで、近年ではヨーロッパの保育スタイルを参考に、それぞれの子どもに対して決まった保育士がおしめ替えなどをしていく「乳児担当制」を取り入れる園も増えてきました。一対一の関係性を築くことによって、赤ちゃんの情緒が安定し、結果的に保育士の負担も減ることから、とても注目されている保育方式です。

こだわり条件で保育士求人を探す

都道府県別に保育士求人を探す