保育士資格を活かせる仕事とは。保育園以外の施設や一般企業への転職について

保育士資格を活かせる仕事にはどんな種類があるのか気になっている保育士さんもいるでしょう。また、保育園以外の施設や企業に転職することは可能なのか知ることができれば、転職の視野が広がりますよね。今回の記事では、保育士の専門性を活かして働ける仕事や施設を紹介します。


外で遊ぶ子どもと保育士

milatas/shutterstock.com

 

保育士資格を活かせる仕事はどんなもの?

保育園から転職を考えるとき、保育園以外で働きたいと思っている保育士さんもいるかもしれません。

けれども、保育園として働いてきたキャリアしかない場合、事務職や営業職業など一般企業への転職は厳しいのではと感じることもあるでしょう。

 

保育士資格を活かして働ける保育園以外の職場として、以下のような施設やサービスが挙げられます。

 

  • 居宅訪問型保育
  • ベビーシッター
  • 保育ママ(家庭的保育)
  • 認定こども園
  • 企業内保育施設
  • 病院内保育施設
  • 学童保育施設(学童)
  • 病児保育施設
  • 放課後等デイサービス
  • 児童館

 

このように、保育士資格を活かして働ける仕職場は保育園に限らずさまざまあるため、就職や転職の視野が広がりそうですね。

 

具体的に、保育園以外の保育士資格を活かせる仕事について見ていきましょう。

保育士資格を活かせる仕事:福祉施設

保育士資格を活かして働ける福祉施設は、ほかにもいろいろあります。

 

母子生活支援施設

 

18歳に満たない子どもを扶養している母子世帯を支援する施設です。

日々の生活や住む場所、母親の仕事などで不安定な状況下にいる子どもが入所しています。

 

保育士さんは親に変わって、子どもの養育や母親への育児相談などが主な仕事といえるでしょう。

 

児童養護施設

 

児童養護施設は保護者がいなかったり虐待されていたりする児童など、養護を必要としている乳児を除く18歳までの子どもが入所しています。なお必要に応じて乳児や20歳までの子どもも受け入れて養護している場合もあるようです。

 

保育士さんは、子どもの成長や自立のための総合的な援助を行うことが主な仕事といえるでしょう。

 

乳児院

 

親の事情で育てることのできなくなった1歳未満の乳児を、一時的に預かる施設です。

 

保育士さんは保護者に代わり、24時間体制で乳児の生活全般を見守っています。乳児を養育するほかにも、児童相談所と情報交換しながら保護者支援や退所後のアフターケアも大切な業務となるようです。

 

障害児施設

 

障害児施設には、入所施設と通園施設があり、障害を持つ子どもが利用しています。

 

保育士さんは児童指導員や栄養士、医師や看護師など、ほかの専門資格を持った職員と連携して障害を持つ子どもの自立支援を行なうようです。

 

出典:母子生活支援施設/男女共同参局

 

出典:社会福祉法人 全国社会福祉協議会 全国児童養護施設協議会/内閣府

 

出典:乳児院運営指針/厚生労働省

 

出典:第3編 障害者施策の実施状況/内閣府

 

出典:社会的養護の施設等について/厚生労働省

 

保育士資格を活かせる仕事:一般企業


子どもたち

aslysun/shutterstock.com

 

保育園以外の一般企業で働きたいと思う保育士さんもいるでしょう。 保育士資格が基本的に不要でも、保育士資格や経験を活かして働ける一般企業をまとめました。

 

子ども服の販売員

 

保育士として働いてきた経験が、アパレル業界で活かせそうです。

販売員は顧客とのコミュニケーションが必要ですが、子どもや保護者と接する機会の多かった保育士さんにとってはコミュニケーション能力が鍛えられているかもしれません。

 

また、服などをディスプレイするときにはハロウィンやクリスマスなど季節の行事に応じた演出が必要でしょう。

 

保育園で壁面装飾などをしてきたスキルが活かせそうです。

 

テーマパークやアミューズメント施設のスタッフ

 

テーマパークやアミューズメント施設を利用する子どもは多いでしょう。

子どもと接する機会の多い施設では保育技術を活かして働くことができそうですね。

 

子どもを楽しませながら安全への配慮が求められる仕事なので、保育園で働く際と共通点も多いかもしれません。

 

習い事の講師

 

幼児教室や塾の講師、ピアノや書道の先生など、子どもになにか習得させる際の指導者にも保育士資格が活かせるかもしれません。

 

子どもの気持ちに寄り添いながら、子どものもっと学びたいという好奇心を満たせるとよいですね。

 

写真館のスタッフ

 

子どもの百日や1歳記念、七五三などの記念撮影では、慣れないことに戸惑って泣く子どももいるでしょう。

 

保育士として子どもに携わってきた経験により、子どもを笑顔で写真撮影に臨めるよう上手にあやせるかもしれません。

 

託児施設のスタッフ

 

美容室や歯科医院、教習所やイベント会場など、保護者のニーズに合わせて子どもを預かる施設は増えているようです。

 

一時預かりなので、保護者から離れることを拒む子どもも多いでしょう。

保育士資格を活かして、保護者が安心して子どもを預けられるような対応ができるかもしれませんね。

 

保育士資格を活かせる仕事を知って転職先の視野を広げよう

保育士資格が活かせる仕事の種類は、保育園以外の施設でもいろいろあるようです。

 

保育士資格を必要としない一般企業でも子どもと接する機会の多い職場なら、コミュニケーション能力や子どもへの接し方など、保育士としてのスキルが活かせるかもしれません。

 

保育園以外の福祉施設や、保育士資格を活かせる一般企業なども視野に入れると、転職先を考える際に視野が広がりそうですね。

 

ベビーシッターとして働く

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!