保育園事務の仕事とは?求人情報や給料事情、働くうえでのやりがいなど

保育における仕事はさまざまありますが、保育園の経営を支える事務について興味を持っている方もいるのではないでしょうか。また、事務員として働きたいとなった場合、正社員とパートではどんな違いがあるのかも気になりますよね。今回は、保育園事務員の仕事内容や働き方、給料事情や求人情報などをまとめました。


パソコンを見る女性

number-one/shutterstock.com


保育園事務とは

保育園事務は、保育園での給与計算や申請書の作成、諸手続きなどの事務作業をメインとして働く事務職のことで、園の運営を裏側から支える役割を担っています。


保育園によっては事務員さんを置かないこともあるようですが、保育士さんが行う提出書類の作成や来客対応などの事務作業の負担を軽減させるために大切な存在と言えるでしょう。


特に保育士さんの人手不足に困っている園や園児の数が多い大規模園などでは、事務作業の量が多かったり手が回らなかったりすることもあるため、保育園事務が必要とされているようです。

保育園事務の仕事内容

運営法人や園の形態によって仕事内容はさまざまですが、保育園の事務員さんは日々どのような仕事をしているのでしょうか。くわしく見ていきましょう。



事務・労務的な仕事


事務系の仕事内容には、以下のようなものが挙げられます。


  • シフト作成、人事管理
  • 行政、役所への提出書類の作成
  • 園内の行事などのスケジュール管理
  • 社会保険手続き


経理的な仕事


経理関係の仕事内容には、具体的に以下のような業務があります。


  • 会計帳簿の記入
  • 給食関係の経理
  • 補助金申請書作成
  • 職員の給与計算
  • 集金管理
  • 発注、支払業務
  • 会計伝票発行
  • 決算、予算書作成
  • 月次試算表の作成


受付的な仕事


受付対応の仕事内容には、以下のような業務があります。


  • 電話、来客対応
  • 保護者、職員の対応
  • 行政、役所への対応
  • 各種業者の対応
  • 見学者の案内


総務・広報的な仕事


園全体の運営に関わる仕事内容には、具体的に以下のような業務があります。


  • 備品管理、発注
  • ホームページの更新
  • 行事の手伝いなど

これらの仕事をすべて行うわけではありませんが、保育園事務の仕事内容には幅広い業務が含まれています。


事務員さんは園全体をサポートしている、いわば縁の下の力持ちのような役割を果たしているため、園の運営には欠かせない存在でしょう。


また、事務職としての仕事内容は、保育園でも幼稚園でもほとんど共通しているようです。



経理との違い


事務が書類の作成や処理、対応などの全般的な業務を担うのに対して、経理はより給与や予算などのお金に関した業務を担うのが一般的です。


事務スタッフと経理スタッフを分けている園もあるようですが、実際には事務スタッフと経理スタッフを分けて募集、または配置している園はさほど多くはないそうです。


そのため、事務員さんは書類作成や給与計算といった業務を行いながら、経理、さらには総務や人事、受付、ときには保育補助といった多岐にわたる仕事をしていると言えるでしょう。

保育園事務員の働き方

ここでは、保育園事務員の働き方として、雇用形態と勤務時間についてまとめました。



雇用形態


保育園事務の雇用形態は、正社員とアルバイト・パートのどちらもあるようです。


フルタイムでの勤務が難しい、仕事とプライベートや家庭を両立したいという方は、パートやアルバイトで働くのもいいでしょう。



勤務時間


正社員の勤務時間は週5日、1日8時間の週40時間が規定勤務時間であることが多いでしょう。


パートやアルバイトは正社員と同様にフルタイムで働くことができるほか、週2~3日で1日3~5時間から働ける場合もあるようです。


保育園事務員として働くうえで、保育士資格は必須ではないそうです。

しかし園によっては、事務職だけでなく保育補助としての役割を求められていることもあるようなので、保育士資格を持っていると有利かもしれません。

保育園事務員として働くときの服装

タブレットを見る女性

Sushiman/shutterstock.com


保育園事務の仕事内容は基本的に事務作業がメインとなりますが、どのような服装をすればいいのでしょうか。服装を選ぶときのポイントを紹介します。



動きやすく、子どもとふれあっても安全な服装をする


園によっては事務員さんも、ときには保育補助として子どもと関わるタイミングがあります。

そのため、いつ補助に入っても安全に保育ができるように、以下のポイントに気をつけて服装を選ぶといいでしょう。

スカートの着用は避ける

保育補助として子どもたちと関わるうえで動きにくいスカートは選ばないようにしましょう。

また、事務員さんの業務のなかには、台に乗ったりしゃがんだりして物を取るような力仕事もあるため、動きやすいパンツスタイルが適しているかもしれません。

フードのあるパーカーは避ける

フード付きのパーカーは、万が一どこかにフードが引っかかってしまうと首もとが締まって危険なため、着用は避けるようにしましょう。


また、パーカーは見た目もカジュアルであるため、外部の人を対応するときでもきちんとして見えるようなシャツやブラウスなどを選ぶとよさそうです。



着替えの用意をしておく


保育補助に入ったタイミングで、転んだり水に濡れたりして服が汚れることが考えられます。そのようなときのために、予備として1セット着替えを用意しておきましょう。


自分のロッカーの中に常に入れておけば、万が一衣服が汚れてしまった場合でも問題なく対応できそうです。

保育園事務員になるために必要なスキルは?

ここでは保育園で働く事務員さんには、どのようなスキルが求められるのか紹介します。



保育士資格


事務職がメインとなるものの、ときには保育に参加することもある、という場合には保育士資格を求められることもあるかもしれません。


職員の人手が不足している園も多いため、場合によっては保育士さんの体調不良などで保育業務が回らなくなってしまうことも考えられるでしょう。
そんなときに保育士資格を持っている事務員さんがいると、保育業務をカバーすることができるので、園からは重宝されそうです。



基本的なPCスキル


求人の応募条件として設定しているかどうかは園によって異なりますが、入職した場合パソコンを使った作業も多いため、基本的なパソコンスキルがあると役立つでしょう。


具体的には、表計算や文書作成、メール対応などといったツールが問題なく使えると、事務員として仕事をするときに活かすことができそうです。


また面接の際にも、事務仕事に必要となる基本的なパソコンスキルがあることを伝えることができれば、「入職後に事務員として仕事を任せられそう」という印象を持ってもらえるかもしれませんね。



コミュニケーション力


保育園事務員は、園内の職員や子ども、保護者などさまざまな方と関わることが多いでしょう。円滑に仕事を進めるためにも、コミュニケーション力は必要となりそうです。


また、電話対応や来客対応というように外部の方と関わる機会も多いため、きちんとした言葉遣いができるかなどといった、ビジネスマナーも求められるかもしれません。


保育園あるいは幼稚園といった働く施設が異なっても、事務員としての仕事内容は大きく変わらないようなので、上記で挙げたスキルを持っておくとよさそうです。

保育園事務の給料事情や待遇

保育園事務の給料や待遇について見ていきましょう。



給料面


内閣府「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】」の資料によると、2018年度の私立保育園の事務職員の平均月給は、常勤では賞与込みで34万919円、非常勤では24万6038円となっています。


一方、公立保育園の事務職員の平均月給は、常勤では賞与込みで25万8926円、非常勤では13万9346円となっており、公立と私立では給料に大きな差があることが分かります。


また、常勤と非常勤の事務員の給料を比べると、私立保育園では約10万円、公立保育園では12万円もの差があります。


もちろん保育園事務員の給料は園や地域によって異なりますが、東京都内であれば正社員で20~23万、パートで時給1100円~1400円ぐらいが平均のようです。


自身が勤めたい地域や園の求人を比較して、給料の相場を確認しておくと就職先を選ぶときの参考になるかもしれませんね。



待遇面


また、保育園事務の待遇は園によって異なりますが、休日が完全週休2日制で、祝日やゴールデンウイークなども休みとなっている園や、退職金制度や住宅手当の支給がある園もあるようです。


さらに、賞与が最大4カ月分もらえることもあるようなので、いろいろな求人を見比べて待遇面もきちんとチェックしておくといいかもしれません。


出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】/内閣府


プレミアム求人

保育園事務員の求人情報

ここでは、保育園事務員の求人情報について紹介します。



保育園事務の求人募集は少なめ


保育園事務の求人は、保育士さんを募集している求人数と比べるとあまり多くはありません。


その理由として、事務仕事を保育士同士で分担するか、園長先生もしくは主任保育士さんが取りまとめている園が多く、専任の事務員さんを配置している園が少ないからというのが挙げられます。


また、勤務する時間帯が決まっており残業も少ないなど、働く環境として人気があることなどから、相対的に退職者が発生しにくいということも要因の一つと言えるでしょう。



最近の求人動向


近年では新規園の開設が増えていることから、オープニングスタッフとしての事務員さんの募集も増えているようです。ほかにも、一時保育など新しい保育サービスのスタートに伴って、事務員さんを増やそうとしている場合もあるようです。


既存の園では保育士不足の打開策として、これまで保育士同士で分担していた事務の仕事を、事務員に任せることで業務負担を分散させていくところもあるでしょう。


つまり事務員を配置して保育士の業務負担を軽減し、保育士が働きやすい環境作りに取り組む園が増えてきていると言えそうです。

保育園事務は大変?楽しい?

笑顔の女性

metamorworks/shutterstock.com


保育士とは異なる、保育園事務の仕事の大変さや楽しさについて見ていきましょう。



保育園事務の大変なところ


季節の行事による忙しさ

保育園事務の忙しさには季節の行事が関係することがあります。


卒園式や入園式、また保育士さんの入退職のタイミングが重なる年度末の3月から翌年度の5月頃までは、1年の中でも特に忙しくなるでしょう。


事務系の仕事をすべて事務員さんが担当する園の場合、季節のイベントごとに仕事量が多くなることが考えられます。残業などの長時間労働が発生するという点では、大変だと感じることもあるかもしれません。

仕事の幅が広く、覚えることが多い

保育園事務は園全体のサポート業務を担っているため、仕事の幅が広く、その分業務量も多くなるかもしれません。また業務量の多さから覚えることが多いという大変さもあるでしょう。


さまざまな業務を覚えてこなさなければならないため、つらいことも多いかもしれません。

しかし、一つのことに集中して仕事をするよりも、いろいろなジャンルの仕事に取り組める環境が合うという人には、保育園事務の仕事は向いているかもしれませんね。

孤独を感じることも

園によっては、事務員さんが1人しかいない、もしくはいても2人という場合もあるようです。

そのため、他の職員との業務の共有や連携がしづらい、休みたい場合に代わりを立てにくいといった点でつらいと感じることがあるかもしれません。


また、人数が少ないことで保育士さん同士のように仕事中にコミュニケーションを取る機会も限られてしまうでしょう。そのため、孤独感や疎外感を感じてしまうこともあるかもしれません。


普段からコミュニケーションを取ろうと自ら働きかけることができれば、園内の仕事の連携もしやすくなり、つらいと感じることも少なくなるかもしれませんね。



保育園事務の楽しいところ


保育園事務の仕事のなかで楽しいと感じるのはどのようなときなのでしょうか。

いろいろな人と関われる

保育園事務の仕事において、園内や園外のさまざまな人と関わることも多いでしょう。


子どもや保護者の方、外部の業者さんや役所の方など、あらゆる人と広く関わる機会を持つことができるため、人と関わることが好きな人にとっては楽しいと感じるポイントかもしれません。

保育補助として子どもたちと接することができる

はじめに説明したように、園によっては保育士さんの手が回らない時に保育補助のような形で、事務員さんも子どもたちと接する機会があるようです。


保育補助として子どもとふれ合うことができるので、子どもたちが慕ってくれることもあるかもしれません。子どもと関わりながら事務員として働けるのは、子どもが好きな人にとっては楽しいと感じる点となるでしょう。

保育園を支えているというやりがいを感じることができる

保育園事務の仕事は、保育士さんが安全に子どもたちの保育を行えるように施設を管理したり、保護者の方の対応をしたり、人事を管理したりと、保育園を無事に運営するために必要となる重要な業務を担っています。


また、保育園の窓口として外部の人と関わることもあるでしょう。

保育園全体を支えている存在としてのやりがいを感じることができれば、事務員の仕事も楽しいと感じられるかもしれませんね。


このように保育園事務の仕事は、つらいと感じるポイントだけでなく、さまざまなやりがいや楽しさが感じられる役割といえるでしょう。

保育園事務員の志望動機や面接におけるポイント

保育園事務員の求人募集に応募した際に役立つ、志望動機や面接におけるポイントをまとめました。



志望動機を書くとき


志望動機を書く時に意識するといいポイントを紹介します。

過去の経験を交えて伝える

これまでに保育園で働いた経験がある場合は、そこで培った業務上の不満点や改善点を志望動機に織り交ぜるのも一つの方法と言えるでしょう。


たとえば「〇〇のような経験を生かして、この園では業務の効率化や協力体制などを工夫してより職員全員が働きやすい職場にしていきたい」などといった書き方をするとよさそうです。


そうすることで、過去の経験が事務員の仕事にどう活かすのかが採用担当者の方に伝わりやすくなり、志望動機に説得力が生まれるでしょう。

保育業界を選んだ理由を明確にする

一般企業などで事務員としての経験はあるものの、保育業界は未経験という場合には、どうして保育業界に興味を持ったのかを志望動機に書くとよさそうです。


たとえば「〇〇といった経験から保育について興味を持ったため、保育園事務として自身の事務経験を活かして働きたいと思った」のように、事務職に就いていたときの経験を活かしつつ保育に携わりたいという思いを書くといいかもしれません。


そうすれば、なぜ保育業界を選んだのかという理由が明確になり、保育園事務の仕事に対して意欲的であることがより採用担当者の方に伝わるかもしれません。



面接のとき


面接を受けるときには気つけるといいポイントを紹介します。

人間性が伝わるような話し方を意識する

スキルや仕事への熱意などはもちろんのこと、採用側に見られているのは応募者の「人間性」と言えるでしょう。また、保育園事務員は対外的な交流も多いため、人柄の良さが重視されている可能性もあります。


「この人といっしょに働いた場合、どのような雰囲気で仕事をするようになるのか」など、採用側は話を聞きながら実際に採用した後のことについてイメージするかもしれません。


そのため、面接官の方と話すときには、明るさや人のよさなどが相手に伝わるように、笑顔を見せたり元気よく話したりするように意識するといいでしょう。

保育士資格や実務経験があればアピールする

保育士資格がなくても保育園事務員として働くことは可能ですが、事務員さん自身が保育補助として保育に携わるタイミングもあるでしょう。


そのため、保育の面でもサポートできる存在であるということを面接時に伝えることも大きなアピールポイントとなりそうです。


「保育士資格を持っているので、必要なときには保育業務にあたることができる」ということを採用担当者の方に伝えることにより、職員不足の際などに保育にあたることができるかもしれません。

保育園事務員という仕事について知り、転職に活かそう

今回は、保育園事務の仕事内容や働き方に加え、給料事情や求人の傾向などを紹介しました。


保育園事務は保育園の運営をサポートする役割を担っており、事務作業をするだけではなく、場合によっては子どもたちと関わることもあるようです。基本的なPCスキルやコミュニケーション能力以外にも、保育士資格や実務経験があれば、保育補助として役立てることもできるでしょう。


もちろん保育園事務の仕事には大変なことやつらいこともあるかもしれません。

しかし、保育園を支えている存在として、楽しいと思えることややりがいを感じられる機会もあるでしょう。


保育園事務員の役割や働き方についての理解を深め、今後のキャリアの選択肢を広げてみるのもいいかもしれませんね。



保育園事務の求人を紹介




関連する記事

保育士の試用期間とは。仕事内容や福利厚生、残業などの取り扱い

保育士の試用期間とは。仕事内容や福利厚生、残業などの取り扱い

試用期間とはどのようなものか知りたい保育士さんもいるでしょう。仕事内容に変化はあるのか、試...

【保育士の履歴書】本人希望欄の書き方。勤務時間や入社希望日の記入例

【保育士の履歴書】本人希望欄の書き方。勤務時間や入社希望日の記入例

履歴書の本人希望欄の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。勤務時間や入社希望日、希望職...

【2021最新版】保育士の履歴書の免許・資格欄の書き方。勉強中や取得見込みはどう書く?

【2021最新版】保育士の履歴書の免許・資格欄の書き方。勉強中や取得見込みはどう書く?

履歴書には免許や資格を記入する項目が設けられています。転職活動をするなかで、保育士資格以外...

【動画あり】保育士さんの転職に適した時期はいつ?求人の増えるタイミング

【動画あり】保育士さんの転職に適した時期はいつ?求人の増えるタイミング

保育士さんの転職において、ベストな時期はいつなのか悩むことがあるでしょう。求人がいつから増...

【動画あり】保育士の職務履歴書の書き方。自己PRの記入方法

【動画あり】保育士の職務履歴書の書き方。自己PRの記入方法

職務経歴書の書き方について、知りたい保育士さんもいるでしょう。異業種に転職する際にも、自身...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!