職場としての認定こども園の種類、保育士の働きやすさ


「認定こども園」とは、保育所と幼稚園それぞれの良さを生かした施設のことです。なんとなく知っていても、具体的な定義や仕事内容まで説明できる保育士さんは少ないのではないでしょうか?今回のコラムでは、認定こども園の詳細や、働く際のポイントについて紹介していきます。


保育園や幼稚園以外にもアンテナを広げ、新しい可能性を見つけてみましょう。


20180514-04a.jpg

認定こども園とは?

 


認定こども園とは、保育所と幼稚園を合わせた第3の子育て支援施設のことです。2006年から導入されました。

 

認定こども園の特徴って?

 


保育所、幼稚園、認定こども園それぞれの特徴は以下の通りです。

20180516-03a.png

認定こども園の一番の特徴は、幼稚園と保育園それぞれの良さを併せ持っていることです。
つまり、保護者が働いてる・いないに関係なく、地域の子どもたちがいっしょに過ごす場所ということです。認定は都道府県ごとに行い、条例によって認定内容が定められています。
子どもたちの預かり時間は、年齢や保護者の事情によって、3つに分けられます。
【1号認定】
満3歳以上で、教育を希望する子ども
→午前中から午後2~3時くらいまでの預かり
従来の「幼稚園」に通うような、短時間保育の子どもです。

【2号認定】
満3歳以上で、保育が必要であると認められ、保育を希望する子ども
→午前中から夕方・夜までの預かり
従来の「認可保育所」と同様、長時間保育の子どもです。

【3号認定】
0歳~2歳で、保育が必要であると認められ、保育を希望する子ども
→午前中から夕方・夜までの預かり
従来の「認可保育所」と同様の長時間保育の子どものうち、0~2歳児のみを指します。


保育が必要だと認められる基準は主に、保護者が働いていたり、産前産後だったり、障がいや疾病を持っていたり、同居親族の介護中の場合、などと定められています。
しかし、1号認定を受けた保護者でも、一時預かりなどを利用すれば保育時間を延長することが可能です。認定こども園なら子どもを預けながら仕事を探すことも対応しやすい面があります。また、子どもが在園中に保護者が失職したり転職した場合でも、そのまま園に残ることもできます。

どんな立場の保護者でも柔軟に利用できるとあって、認定こども園のニーズは高まりつつあります。

認定こども園の求人を保育士バンクで見てみる

認定こども園の保育士求人一覧

 

認定こども園には4つの種類がある

 


認定こども園には、園それぞれの運営母体や成り立ちによって、4つの種類があります。

 

幼保連携型

 


幼稚園と保育所、両方の機能を併せ持つハイブリッド型。それぞれの設置基準や指導要領、保育指針をミックスし、円滑に小学校へ進められるようにと考えられた単一の施設です。

 

幼稚園型

 


幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間やスペースを確保し、保育所的な機能を新たに追加して認定こども園になった施設です。

 

保育所型

 


認可保育所が、保育が必要な子ども以外も受け入れ、幼稚園的な機能を新たに追加することで認定こども園になった施設。

 

地方裁量型

 


幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育・保育施設が元となっています。幼稚園的な機能と保育所的な機能の両方を追加し、新たに認定こども園になった施設。

この4つの中で最も多いのは幼稚園型、次が幼保連携型です。都市部の場合は、待機児童が多い状態ですので、保育園からこども園への役割を担う転換がなかなかできないのが現実です。一方で、長時間の預かりニーズを満たすために、幼稚園から認定こども園へ移行するケースは全国的に増えています。
少子高齢化が進む地方の自治体では、空いている保育所がそのまま認定こども園として機能しているケースもあります。


 

保育教諭とは?認定こども園で働くために必要な資格

 


幼稚園教諭の資格と保育士資格の両方を持った保育者のことを「保育教諭」と言います。
認定こども園で働くには、どちらの資格も取得していることが望ましいとされていますが、現状は、幼保連携型以外ではまだ絶対というわけではありません。必要な資格は、認定こども園の4つの種類によって異なっています。

 

認定こども園の種類と、必要な資格

 


20180516-03b.png

出典:内閣府「子ども・子育て支援新制度ハンドブック」2015年
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/faq/pdf/jigyousya/handbook4.pdf
この資格条件が施行されたのは2015年です。
条件が改正されていない今なら片方の資格で働くことも可能ですが、認定こども園の職員はやはり幼稚園教諭と保育士資格の両方を取得している保育者が望ましいだろうということで、2015年から2019年までの5年間だけ、特別措置が取られることになりました。

 

いずれかの資格しか持っていないへ

 


上記の特別措置によって、2015年~2019年の間だけ、片方の資格しか持っていない方が比較的手軽な方法で、もう一つの資格を取得できます。

 

対象者

 


幼稚園、保育所、認定こども園などの子育て支援施設において、「3年以上かつ4,320時間以上」の実務経験を有する者

 

取得方法

 


いずれの資格を取る場合も、大学や専門学校などの指定された講座を受講して8単位を取得する。インターネットのオンライン講座などでも取得可能なので、働きながらでも受講ができます。
この特例措置を希望する方はたくさんいます。期限も迫っていますので、利用したいと思う方はぜひ早めに申し込みましょう!

 

認定こども園の仕事内容とは?

 


次に、認定こども園の仕事内容を具体的に見ていきましょう。

 

認定こども園の1日の様子

 


1号~3号まで、認定された利用形態によって、一日の流れは異なります。
20180516-03c.png
このように、子どもの認定によって1日の流れは細かく変わってきます。

 

認定こども園は、保育所や幼稚園の勤務とどう違うの?

 


認定こども園で働く際の一番の違いは、子どもによって帰る時間が異なる点です。
クラスの皆に体験させておきたいメインの活動は、1号認定の子どもたちの帰宅時間を考え、14時くらいまでに終わらせる必要があります。

1日のうちで保育者が代わることも多いので、引継ぎのメモ、申し送りもしっかりしておきましょう。
クラスの中で「早く帰る子」と「遅く帰る子」の偏りができそうになったときは、「遅く帰る子」の中で盛り上がった遊びを、翌日以降の「早く帰る子」に広げてあげるなど、配慮するのも良いでしょう。
1日の流れの違いに、最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、幅広い年齢層の子どもたちとふれ合い、用途に応じた保育を行っていくことは、必ず保育士としてのスキルアップにつながりますよ。
2016年に内閣府が発表したデータによると、認定こども園の数は
2011年:762園→2016年:4001園
と大幅に上昇しています。それにともなって求人数もかなり増えていますので、将来のことを考えると、認定こども園で経験を積むことは大いに役に立つでしょう。

 

お給料や待遇について

 


お給料は、地域や就職する園によってさまざまですが、通常の保育所で働くときと比べて、待遇面に大きな差はないようです。
ただ、資格手当をつけている園の場合、保育士と幼稚園教諭両方の資格を持つ方は有利に働くかもしれません。

 

保育士が認定こども園で働くメリット

 


保育園でも幼稚園でもなく、認定こども園で保育士が働くのにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

認定こども園型の保育スタイルに慣れる

 


認定こども園の保育スタイルを経験して、自身の保育経験の幅を広げることがメリットの一つです。認定こども園では、幼稚園型の利用の1号認定の子どもと、保育園型の利用の2号、3号認定の子どもが同じ園舎の中で過ごします。特に、4歳、5歳児のクラスでは同じクラスに帰る時間が異なる子どもたちがいて、退園準備をする一方で、午睡や自由保育をするなど保育園や幼稚園では経験しないようなスケジュールとなっています。

保育需要が依然として高く、幼稚園から認定こども園への移行なども進んでおり、これからも認定こども園の数は増えていくことが見込まれます。そのため、認定こども園で勤務経験があると、転職を考えた際の選択肢が広がるといえるでしょう。

 

宿舎借り上げ制度などの保育士向け支援制度が利用しやすい

 


幼稚園で働く場合と比べて、行政の支援が受けやすいのも認定こども園で働く場合のメリットです。その一例が主に都市部で実施されている「宿舎借り上げ制度」です。これは、保育士が住む賃貸物件を事業者が宿舎として借りることで、その家賃の大部分を自治体と施設が補助してくれる制度です。この制度を実施している多くの市や行政区では、認定こども園で働く保育士が対象となる一方で、幼稚園で働く幼稚園教諭は対象となっていません。保育需要の高まりを受けた支援制度の恩恵を受けやすいという点で、保育士が幼稚園で働く場合と比べて、認定こども園で働くことにメリットがあるといえるでしょう。

 

まとめ 認定こども園でスキルアップを目指そう!

 


このように、認定こども園は、保育所と幼稚園両方の魅力を兼ね備えています。
就職先を選ぶとき、幼稚園と保育園で迷ってしまうという方は、認定こども園で働きながら自分の適性をじっくり見極めてみてはいかがでしょうか?
保育士としても幼稚園教諭としても、認定こども園で働くことは必ずスキルアップにつながります!
就職や転職を考えているという方は、ぜひこの機会に認定こども園について検討してみて下さいね。

 

関連する記事

保育園で事務として働きたい方必見!仕事内容や給料、志望動機の例文まで完全網羅

保育園で事務として働きたい方必見!仕事内容や給料、志望動機の例文まで完全網羅

保育園では、事務職のスタッフを雇って経理や受付業務などを任せているケースがあります。仕事内...

保育園の本社勤務を徹底解説!経験を活かしてデスクワークにチャレンジしてみよう

保育園の本社勤務を徹底解説!経験を活かしてデスクワークにチャレンジしてみよう

保育士の経験やスキルを活かして働きたい方にぴったりなのが、保育園の本社勤務の仕事。会社によ...

保育士さんは児童養護施設でも働ける!仕事内容や役割、給料などを解説

保育士さんは児童養護施設でも働ける!仕事内容や役割、給料などを解説

転職先の一つとして、児童養護施設を検討している保育士さんもいるかもしれません。児童養護施設...

【完全版】保育士資格を活かせる仕事。保育園以外の施設や一般企業への転職の道も!

【完全版】保育士資格を活かせる仕事。保育園以外の施設や一般企業への転職の道も!

保育士資格を活かせる仕事は保育園以外にもたくさんあります。ベビーシッターや福祉施設、一般企...

保育士は学童保育で働ける!仕事内容や必要な資格、保育園との違いなどをくわしく解説

保育士は学童保育で働ける!仕事内容や必要な資格、保育園との違いなどをくわしく解説

保育士の資格を活かして働ける場所がないか探している方もいるでしょう。そんな方にお伝えしたい...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!

ランキング記事

転職を有利に進めたい保育士さんは8月から動き出そう!転職活動のスケジュールや対策のポイント 1
転職を有利に進めたい保育士さんは8月から動き出そう!転職活動のスケジュールや対策のポイント
【2022年度】保育士さん118人調査!運動会の体操・ダンス・パラバルーンなど46曲 2
【2022年度】保育士さん118人調査!運動会の体操・ダンス・パラバルーンなど46曲
【完全版】保育士資格を活かせる仕事。保育園以外の施設や一般企業への転職の道も! 3
【完全版】保育士資格を活かせる仕事。保育園以外の施設や一般企業への転職の道も!
【転職成功インタビュー】「40代で幸せな転職をした。」保育士バンク!を通して出会えた自分らしく働ける園 4
【転職成功インタビュー】「40代で幸せな転職をした。」保育士バンク!を通して出会えた自分らしく働ける園
【2022年最新版】保育士さんの処遇改善手当まとめ。給与に加算されるための要件とは? 5
【2022年最新版】保育士さんの処遇改善手当まとめ。給与に加算されるための要件とは?

新着記事

保育士さん教えて!運動会の練習でよくあるお悩みQ&A。現場で使えるノウハウ満載!
保育士さん教えて!運動会の練習でよくあるお悩みQ&A。現場で使えるノウハウ満載!
保育園で事務として働きたい方必見!仕事内容や給料、志望動機の例文まで完全網羅
保育園で事務として働きたい方必見!仕事内容や給料、志望動機の例文まで完全網羅
保育園の本社勤務を徹底解説!経験を活かしてデスクワークにチャレンジしてみよう
保育園の本社勤務を徹底解説!経験を活かしてデスクワークにチャレンジしてみよう
保育園で花火大会!花火の製作で子どもといっしょに夏を感じる工作を作ろう
保育園で花火大会!花火の製作で子どもといっしょに夏を感じる工作を作ろう
保育園で泡遊びをしよう!石鹸とペットボトルやスポンジなどを使った泡の作り方
保育園で泡遊びをしよう!石鹸とペットボトルやスポンジなどを使った泡の作り方

カテゴリー

注目の求人

学校法人大藤学園

勤務地
北海道
職種
幼稚園教諭 ほか

株式会社モニカ

勤務地
東京
職種
保育士ほか