館林市(群馬県)の社会保険完備の保育士求人一覧

社会保険とは?

社会保険とは、「雇用保険」「労災保険」「健康保険」「厚生年金保険」を指します。社会保険完備とは、この4つすべてが整っており、備わっている求人のことです。

エリア
館林市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
社会保険完備
01

年間休日120日・土日祝日休み!オンオフ切り替えて、お仕事しませんか?

キープ
ルンビニ保育園(群馬県館林市)
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • 年休120日超
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 残業少なめ
  • 退職金制度

ルンビニ保育園では、自然に恵まれた環境の中で、子どもたちの伸びる力や、一人ひとりを大切にする保育を行っています。パートの保育士として、保育業務全般を行っていただく方を募集中!土日祝...

所在地 群馬県館林市赤生田本町1510
アクセス 東武伊勢崎線「茂林寺前駅」から徒歩8分
給与 月給155,040円 ~
施設形態 保育園
02

社会福祉法人ひかり会

青柳保育園
保育士
正社員

賞与は年6.4カ月!モチベーション高く、お仕事に取りくめますよ。

キープ
青柳保育園(群馬県館林市)
  • 社会福祉法人
  • リトミック
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • 有給
  • 残業少なめ
  • 昇給昇進あり

青柳保育園は、館林市にある定員220名の認可保育園です。絵画、声楽、リトミックなどを保育カリキュラムに取り入れ、子どもたちの無限の可能性を開く教育を実践しています。当園では、子ども...

所在地 群馬県館林市青柳町1596-1
アクセス 東武伊勢崎線「茂林寺前駅」徒歩13分
給与 月給198,900円 ~ 308,900円
施設形態 認可保育園
03

年間休日は120日で残業ナシ!プライベートも大切にできますよ。

キープ
認定こども園MINOYA(群馬県館林市)
  • 社会福祉法人
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • 年休120日超
  • 初心者歓迎
  • 有給

認定こども園MINOYAは定員135名の園です。田園風景豊かな場所で、地域との連携を大切にし、子どもたちの健やかな発達と学びを育てています。当園では、元気いっぱいの子どもたちにパワ...

所在地 群馬県館林市上三林町107-1
アクセス 東武小泉線「成島駅」車で11分
給与 月給198,100円 ~ 498,100円
施設形態 認定こども園

3件中 1〜3件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

館林市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
館林市 × 保育士 × オープニング
館林市 × 保育士 × 住宅補助あり
館林市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
館林市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

社会保険に加入するためには?

パートで働く場合は、勤務時間や日数が正職員の4分の3以上であれば被保険者として加入できます。週の勤務時間が20時間以上で1年以上働く予定があれば加入できます。勤務時間や日数によって加入できるかが変わってくるため、時短勤務は確認が必要です。派遣の保育士は、派遣会社の保険に加入します。

社会保険完備の求人のメリット

社会保険に加入すると、年収や勤務時間の上限を気にせずに働けます。また、保険料の負担が少なくなります。厚生年金保険に加入すると、国民年金から将来受け取れる基礎年金の額に、在職中に支払った保険料に応じた金額が入り、老後にもらえる年金が増えます。加入条件を満たしていれば、充実した保障制度が受けられます。

社会保険制度の詳細解説

「社会保険」は、病気、けが、出産、死亡、老齢、障害、失業などで生活が苦しくなった場合に一定の給付を行い、生活を安定させる公的な保険制度のことをいいます。年金は学生やパート、自営業、主婦などの入る国民年金、働く人が会社を通して加入するのが厚生年金です。年金は、老後の支えとなる老齢年金、病気や事故で障害を持った時に支給される障害年金、家族が亡くなってしまった時の遺族年金などがあります。厚生年金は、働いた分だけ基本給付金に上乗せされます。加入の仕方もそれぞれで、国民年金は20歳になったときに国から通知がきて加入する形になりますが、厚生年金、雇用保険は会社や所属団体が手続きをすることになっています。自分がどの保険に当てはまるのかが重要なポイントです。

保育士が入っている年金は?

保育士はどの保険に加入できるのでしょうか?まず、公立の保育園や幼稚園、認定こども園で働いている正規職員の場合は公務員という扱いになるので園の指定する共済組合に加入することになります。一方、私立の保育園の正規職員ですと、厚生年金に加入することが多いです。パートの保育士さんは基本的には国民年金に入ることが多いですが、現在、厚生年金や共済保険に入ることができる要件が緩和されています。正規職員と比べて4分の3の時間、働いていれば厚生年金や共済保険への加入が認められるようになったのです。これらの保険は、働いた時間に比例して給付金の割合が増えますので、いざというときに助かりますよね。働き方や職場によって入ることができる保険が変わりますから、転職の際には要チェックですね。

いざという時のための失業手当

正規職員として雇われて働いていれば雇用保険へ加入しています。実際に保育士さんが失業したときにどんな支援が受けられるのでしょうか。まずは、失業期間の生活費として欠かせない失業手当です。給付条件は、1年間保険料を納めていること。各地区のハローワークで手続きを行うと、原則1年間、元の給料の半分から8割の金額がもらえます。厚生年金のようにパートで働いている人も雇用保険に入って、失業手当をもらうことができます。また、無資格の保育従事者にも朗報があります。各都道府県のハローワークでは、職業訓練の一環として保育士資格取得を目指している人を支援する事業が増えています。雇用保険はいざというときに生活を支援してくれます。自分が加入しているのか、できるのか確認しましょう。

上京特集