志摩市(三重県)の低離職率の保育士求人一覧

低離職率な職場とは

保育園を退職したいと思う理由には、「給料が安い」「サービス残業が多い」「職員同士の人間関係」「有給が取りにくい」などがあるようです。離職率を低くするためには、これらの理由を改善する対策が必要があり、工夫している保育園は、低離職率な職場であるところが多いでしょう。

エリア
志摩市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
低離職率
01

経験を活かして働きませんか?職員間の風通しもよく働きやすい環境です!

キープ
しまの杜こどもセンター(三重県志摩市)
  • 社会福祉法人
  • 新卒も歓迎
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK

しまの杜こどもセンターは、「第二しまの杜保育園」と「しまの杜神明幼稚園」が一体となった幼保一体施設です。園舎は二枚のアコヤ貝に挟まれた真珠をイメージしており、中央には八角形の広い遊...

所在地 三重県志摩市阿児町神明1001番地2
アクセス 近鉄「鵜方駅」から車で約7分
給与 月給164,850円 ~
施設形態 その他(施設)
02

福利厚生も充実!保育未経験の方も安心して働ける環境が整っています

キープ
しまの杜保育園(三重県志摩市)
  • 社会福祉法人
  • 新卒も歓迎
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK

春にはうぐいすの鳴き声が聞こえてくる、自然豊かな場所にある保育園です。園舎の中に入ると、船のラットが目に飛び込んできます。まるで船の中にいるような楽しい空間の遊戯室があるなど、子ど...

所在地 三重県志摩市阿児町神明878-82
アクセス 近鉄「鵜方駅」から車で約7分
給与 月給164,850円 ~
施設形態 認可保育園

2件中 1〜2件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

志摩市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
志摩市 × 保育士 × オープニング
志摩市 × 保育士 × 住宅補助あり
志摩市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
志摩市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

低離職率の保育園の選び方

求人募集の給料面を見るときに、残業代が「みなし残業」なのか「別途支給される」のかを確認をしたり、有給を取得しやすい環境なのかを聞くことが大切です。 また、見学のときに壁面や部屋の装飾を見ておくと、持ち帰りの仕事が多いなどを見極める参考になるでしょう。一つの園での募集人数があまりに多過ぎたりすると辞める人が多く、続かないことも考えられるので、随時チェックしておくことが必要でしょう。

離職率が低い求人のメリット

職員がやめないということは、保育士が働きやすい環境が整っていると考えられます。仕事の効率化がはかれていたり、人間関係が良いと考えられるでしょう。 子どもや保護者にとっても、良く知っている先生がやめずに長くいてくれるのは安心感につながります。

やめない園=いい園、希少求人!

保育士の入れ替わりが少ないということは、辞める人が少なくて、保育士が働きやすい保育園といえますね。入れ替わりが少ない分、求人もなかなか出ないので、希少求人であることが多いでしょう。また、人が辞めないということは、保育士が働きやすい環境が作られているということになります。女性中心の職場であることから、結婚・出産による入れ替わりも多い保育界の中で、実際に数年間保育士が一人も辞めていない保育園もあります。そんな園では、残業を少なくするように工夫していたり、保育士同士の仲がよかったりする、職場環境の良さが期待できますね。

低離職率は、子どもにとっても親にとってもいいことばかり

離職率が低いということは、子どもや親にとってもいいことばかりです!子どもたちからすると、好きな先生が辞めてしまったら悲しいですよね。関係性が出来た好きな先生が、ずっと同じ園にいてくれるということは、何よりも安心感があります。また、現代の保育士は、保護者のカウンセラー的な役割も期待されます。子どものことをよく知る先生が、ずっと園にいて、卒園まで見てくれることは、とても安心できますよね。

保育者がやめない園ってどんな園?

まず、保育士の離職理由であげられるのは、残業や持ち帰りの仕事が多いことや人間関係の問題です。逆に、人が辞めない=離職率が低い保育園では、保育士同士の人間関係が良好なことがほとんど。職場の風通しがよく、新人の意見やアイデアもどんどん採用されたり、残業や持ち帰りの仕事も少なかったりします。こうした園では、残業手当がしっかり出たり、日誌業務をIT化して効率化したり、壁面作成もこだわりすぎないなど工夫して、残業や持ち帰りの仕事を削減をしていることが多いでしょう。

上京特集