【10の姿】「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは。子どもの姿につなげる保育の実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。今回は、その10の姿の一つ「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは何か、保育の実践事例とともに子どもの育ちにつなげるポイントをまとめました。子どもたちは遊びを通し、どのように数や文字への興味を深めていくのでしょうか。


ひらがなが書かれている紙

Eiko Tsuchiya/shutterstock.com

 

10の姿の一つ「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは

厚生労働省「保育所保育指針解説」では、「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」について以下のように示されています。

 

生活の中には、さまざまな文字や図形、数、標識などが存在します。 絵本の中に登場する文字や数字、道路標識、友だちとの遊びの中で出会う「二人で」「3つまで」という数の感覚。

 

出典:保育所保育指針解説p90/厚生労働省より抜粋

 

生活の中には、さまざまな文字や図形、数、標識などが存在します。

保育者は子どもたちが遊びの中で文字や図形などに関心を持つことができるように工夫して、働きかけることが大切でしょう。

 

出典:保育所保育指針解説p90/厚生労働省

「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」があらわれる保育の実践事例

10の姿の一つ「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」を育む実践事例をもとに、子どもの育ちや保育士さんの援助のあり方を考えてみましょう。

 

2歳児

 

<活動内容:ブロック遊び>

 

子どもにとっては、身近なおもちゃで遊ぶことも数量や図形への関心の一歩となるかもしれません。

 

実践事例をもとに、子どもの姿をみていきましょう。


具体事例1

身の回りにある図形への親しみや興味は低年齢から始まっているとわかる事例です。

子どもが持つ視点やその子自身の興味に寄り添っていくことが大切といえそうですね。

 

3歳児

 

<活動内容:かるた遊び>

 

3歳児クラスのできごとです。

 

最近、子どもたちはひらがなに興味を持ち、絵本や掲示物の中に読めるひらがながあると、指をさして「あ、い、う……」などと声に出して楽しんでいます。


具体例2

子どもたちにとって親しみの深い「名前」という題材を使った実践事例です。

 

それまで関心が薄かった子どもも、楽しそうな友だちの姿をみて「ひらがなを読めるようになりたい」と感じるかもしれません。

 

4歳児

 

<活動内容:給食の配膳>

 

4歳児クラスに進級し、子どもたちは当番制で給食の配膳を行うことになりました。

 

汁物など熱いものは保育士さんが取り分けますが、主菜や果物などは当番の子どもたちが取り分けていきます。


具体例3

この実践事例のような身近な体験は、実感を持って数量を理解することにつながるでしょう。

 

また、数字などを生活に役立てることは、適切な感覚や関心を育むのにとても大切といえそうですね。

 

5歳児

 

<活動内容:乗り物ごっこ>

 

5歳児クラスには、乗り物が好きな子どもたちが何人かいます。

 

最近は乗り物だけでなく、信号機や踏切にも興味があるようで、ごっこ遊びをする時には、交通ルールを教えるおまわりさん役も登場するほどです。

 

保育士さんはこの様子を見て、乗り物ごっこを提案しました。


具体例4

遊びながら交通ルールを学べるようにしたのです。

 

標識に持つ意味にふれるとともに、その役割を大切に感じられるよう話しをしていけるとよいかもしれません。

「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」の観点のポイント

植物に水をあげている様子

MIA Studio/shutterstock.com

 

10の姿「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」の観点から、保育をするうえで意識したいポイントをまとめました。

 

数量の変化や図形を楽しめるような遊びを展開する

 

積み木や穴落とし、水遊びなどを通して、数量の変化や図形に関心を持てるよう遊びのなかで取り入れていけるとよいでしょう。

 

そのような活動では、「子どもが今なにを面白がっているのか」をしっかりと観察し、子どもの関心に寄り添った言葉掛けをしていくとよいですね。

 

子どもの発達に合わせて、関心を持てるような工夫をする

 

数字や文字を覚えるために、机に向かってプリント問題を繰り返し解くような学習方法を思い浮かべる方も多いかもしれません。

 

しかし、幼児期に大切なことは、「遊びや生活の中から数字や文字に関心を持つこと」ではないでしょうか。

 

子どもがどんなことに興味を持っているのか、どこまでを理解しているのかを保育士さんがしっかりと読み取り、子どもが楽しく関心を持てるような出会いを作っていけるとよいですね。

 

子どもの気づきや試行錯誤を見守り、言葉にして伝えていく

 

保育園での生活の中には、数量や図形標識、文字などにふれる機会がたくさんあるでしょう。

 

例えば、じょうろを運んでいて、「水を汲んで花壇まで持ってきたときよりも、水を撒いて持って帰ってきたときのほうが軽い」というような気づきです。

 

保育士さんは子ども自身の発見や考えの深まりを見守りながら、適切なタイミングで代弁していくことが大切になるかもしれません。

遊びの工夫が「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」につながる

今回は、10の姿の一つ「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは何か、保育の実践事例とともに子どもの育ちを見つけるポイントをまとめました。

 

事例で紹介したような、給食の配膳や乗り物ごっこを通し、子どもたちは数の関係性や標識の意味について関心を持つようです。

 

「関心を持つ」という段階がなければ、小学生になってから算数や国語の問題を解くのも苦痛になってしまうでしょう。

 

数や文字に対する子どもたちの疑問を引き出し、実際の体験を通して「こういうことか!」という気づきの機会を作っていけるとよいですね。

 

事例を参考に、10の姿の一つ「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは何かについて理解を深め、保育に活かしていきましょう。

 

子どもと向き合える保育求人を紹介

 

改定保育所保育指針 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿

 

新・保育所保育指針の重要ポイント!「10の姿」について、それぞれの視点とエピソードを解説します

 

関連する記事

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

5歳児クラスの担任は、子どもの様子を伝える「保育要録」を作成する必要があります。保育計画な...

保育の5領域を徹底解説!ねらいと内容、遊びの具体例

保育の5領域を徹底解説!ねらいと内容、遊びの具体例

2018年に改訂された保育所保育指針。保育士さんが子どもの健やかな成長・発達を援助するため...

【10の姿】「豊かな感性と表現」とは。子どもの姿につなげる遊びの実践事例

【10の姿】「豊かな感性と表現」とは。子どもの姿につなげる遊びの実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!