【10の姿】「豊かな感性と表現」とは。子どもの姿につなげる遊びの実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。今回は、その10の姿の一つ「豊かな感性と表現」とは何か、遊びの実践事例とともに保育士の視点でまとめました。子どもたちが経験から感じたことを豊かに表現するためには、保育士さんはどのように関わるべきでしょうか。


お絵かきを楽しむ子どもの写真

GOLFX/shutterstock.com


10の姿の一つ「豊かな感性と表現」とは

厚生労働省「保育所保育指針解説」の資料によると、「豊かな感性と表現」について以下のように示されています。


心を動かす出来事などに触れ感性を働かせる中で、様々な素材の特徴や表現の仕方などに気付き、感じたことや考えたことを自分で表現したり、友達同士で表現する過程を楽しんだりし、表現する喜びを味わい、意欲をもつようになる。


出典:保育所保育指針解説p94/厚生労働省より抜粋


その子らしい表現方法を育てるためには、まずは一人ひとりの「感じ方」に向き合い、認めていくことが大切です。


体験したことを言葉や絵、体の動きなどでのびのびと表現しながら、保育士さんや他の友だちとの関わりを通して、表現の喜びや楽しさを感じられるとよいですね。


出典:保育所保育指針解説p94/厚生労働省

保育中の遊びで「豊かな感性と表現」が具体的にあらわれる姿

10の姿の一つ「豊かな感性と表現」を育む実践事例をもとに、子どもの育ちや保育士さんの援助のあり方を考えてみましょう。



2歳児~3歳児


子どもの表現する絵や作品を見ていると、保育士さんは「もっといろんな色を使ってくれたらいいのに」「それでおしまいなの?」とやきもきしてしまうこともあるかもしれません。


子どもの表現への関わり方について、以下の実践事例から考えてみましょう。


<活動内容:こいのぼりの作品製作>


F保育園では、月ごとにテーマを決めて製作を行います。


5月のテーマは「こいのぼり」。


この春からクレヨンを使ったお絵描きを始めた2歳児クラスは、保育士さんが切り取ったこいのぼり型の画用紙に好きな色を塗り、空色の画用紙に貼るという手法で製作を行うことにしました。


担任のM先生は2年目の若手保育士さん。
かわいいこいのぼりの作品が飾られた壁面を想像しながら、子どもたちにこいのぼりの絵本を読んだり、歌を教えたりしました。


豊かな感性と表現事例1

「製作後記」を飾ることで、子どもの個性や思いを汲み取ることができたようです。


のびのびと表現し、それを認めてもらうことが意欲につながるのかもしれませんね。



3歳児~4歳児


毎日の保育の中にも、子どもが表現を楽しめる工夫はできそうです。


4歳児の給食参観での実践事例をみていきましょう。


<活動内容:給食参観での盛り付け>


年に一度の給食参観は、保護者もいっしょにテーブルを囲んで給食を食べることができる日です。


参観日のメニューはカレーライス。
トッピング用に、お花型にくりぬいた茹で野菜やチーズなどが用意されていました。


豊かな感性と表現事例2

毎日の保育の中にも表現を楽しめる機会はいろいろありそうです。


担任の保育士さんだけではなく、給食の先生などを含め園全体で協力して、子どもの活動の幅を広げる工夫ができるとよいですね。



4歳児~5歳児


音楽や楽器を取り入れた表現遊びの援助に苦戦する保育士さんもいるかもしれません。


子どもとの関わり方について、実践事例をもとに考えてみましょう。


<活動内容:音楽遊び>


3匹のこぶたのお話の劇ごっこを楽しむ5歳児クラス。


劇をする中で、保育士さんは「子どもたちの劇に音がついたら面白いのではないか」と考えました。


子どもといっしょに劇の内容にぴったりな音を考えていきます。


豊かな感性と表現事例3

音楽を使って物語を表現することで、子どもの発想が豊かに引き出せた事例です。


普段からさまざまな楽器に親しみ、楽器の持つ雰囲気や特徴を劇ごっこに活かそうという意識につながったのではないでしょうか。

10の姿「豊かな感性と表現」の観点を意識するときのポイント

折り紙を楽しむ子どもの写真

Purino/shutterstock.com


10の姿「豊かな感性と表現」の観点から、保育をするうえで意識したいポイントをまとめました。



子どもの表現を大切にする


子ども自身が思い思いに表現する楽しさを大切にしていくことが、豊かな感性や表現の楽しさを味わううえで重要となるでしょう。


子どもが心の中で感じたことを自由な発想で表現するうちに、表現方法や素材を工夫することの面白さに気づき、表現の幅を膨らませられるかもしれませんね。



イメージを膨らませられるようさまざまな素材や道具を用意する


保育士さんは、多様な表現技法や道具などを経験できるように環境を整えていきましょう。


例えば音楽遊びでは、さまざまな楽器から選んで遊べるようにする、子どものイメージに合わせた楽器の鳴らし方を助言するといった援助が挙げられます。


子どもがさまざまな素材や道具にふれながら表現するうちに、豊かなイメージやアイデアが浮かんでくるかもしれませんね。



友だちの表現にふれられる機会を作る


子ども同士が互いの表現にふれ合えると、さらに表現が発展していきそうです。


そのためには保育士さんが、協同して何かを作る活動を取り入れたり、それぞれの表現のよさを伝え広めていったりといった援助をするとよいでしょう。


友だち同士でお互いの表現を認め合い、取り入れるとともに新たな表現を考えていけるとよいですね。

心の中で感じたことを表す活動が「豊かな感性と表現」につながる

今回は幼児期に育ってほしい10の姿の一つ、「豊かな感性と表現」とは何か、遊びの実践事例をもとに保育士の視点でまとめました。


「表現」とは、歌や劇の発表だけではありません。
日々の保育の中で子どもたちが感動する体験を通し、思わず言葉が出たり、体が動いてしまったりすること自体が「表現」と言えるでしょう。


保育現場では、運動会や音楽会などの行事に向けて「見せるための表現」を作り上げることに必死になりがちです。
しかし、一番大切なのは子どもたちが楽しく表現をしているかということです。


保育士さんが教えた通りに絵画をかくのではなく、心の中で感じたことがその作品の中にきちんと表れているか、というところを見ていけるとよいですね。


実践事例を参考に、10の姿の一つ「豊かな感性と表現」とは何かについて理解を深め、保育に活かしていきましょう。


子どもと向き合える保育求人を紹介



改定保育所保育指針 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿


新・保育所保育指針の重要ポイント!「10の姿」について、それぞれの視点とエピソードを解説します


関連する記事

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

5歳児クラスの担任は、子どもの様子を伝える「保育要録」を作成する必要があります。保育計画な...

保育の5領域を徹底解説!ねらいと内容、遊びの具体例

保育の5領域を徹底解説!ねらいと内容、遊びの具体例

2018年に改訂された保育所保育指針。保育士さんが子どもの健やかな成長・発達を援助するため...

【10の姿】「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは。子どもの姿につなげる保育の実践事例

【10の姿】「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは。子どもの姿につなげる保育の実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!