桐生市(群馬県)の退職金制度の保育士求人一覧

保育園の退職金制度

職場から退職したとき、事業主から労働者に一定の金額を支給する制度のことを退職金制度と言います。保育園によって退職金制度があるところとないところがあり、支給金額も園によって違います。

エリア
桐生市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
退職金制度
01

社会福祉法人あららぎ会

新里こども園
保育士
正社員

昇給アリ・賞与年4.0カ月分!子どもたちの健やかな成長を支えませんか。

キープ
新里こども園(群馬県桐生市)
  • 社会福祉法人
  • 社会保険完備
  • ボーナスあり
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 有給
  • 残業少なめ
  • 退職金制度

新里こども園は、定員180名の認定こども園です。子どもの心に寄り添い、自主性を大切にした保育を実践しています。当園では、35名ほどのスタッフと力を合わせて業務を行なっていただける、...

所在地 群馬県桐生市新里町新川2422
アクセス 上毛電鉄上毛線「新川駅」から徒歩8分
給与 月給187,800円 ~ 257,800円
施設形態 認定こども園
02

園児定員は50名。小規模人数の保育園でお仕事を始めませんか?

キープ
すみれ保育園(群馬県桐生市)
  • 社会福祉法人
  • 土日休み
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • 初心者歓迎
  • 有給
  • 通勤便利

すみれ保育園は、桐生市にある定員50名の認可保育園です。少人数体制なので、子どもたち一人ひとりの育ちにしっかり向き合いたい方にピッタリの環境です。当園では散歩などの園外保育を多く取...

所在地 群馬県桐生市相生町3-493-15
アクセス わたらせ渓谷鐵道「運動公園駅」徒歩8分
給与 時給960円 ~
施設形態 認可保育園
03

社会福祉法人和敬会

太子保育園
保育教諭
正社員

賞与3.85カ月!子どもたちの成長を支える素敵なお仕事始めませんか?

キープ
太子保育園(群馬県桐生市)
  • 社会福祉法人
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • 産休育休制度
  • 有給
  • 残業少なめ
  • 退職金制度

桐生市にある「認定こども園太子保育園」は、0歳から5歳までの子どもを対象としており、定員は160名です。日々の生活を通して、一人ひとりに寄り添った保育を行ない「真心」を育んでいます...

所在地 群馬県桐生市相生町5-456
アクセス 上毛電気鉄道「桐生球場前駅」車で5分
給与 月給179,800円 ~
施設形態 保育園

3件中 1〜3件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

桐生市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
桐生市 × 保育士 × オープニング
桐生市 × 保育士 × 住宅補助あり
桐生市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
桐生市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

退職金はどのくらいもらえるのか

「退職金制度」を保育園が導入している場合は、必ず就業規則に記載されています。 公立保育園の場合は、地方公務員になるので、条例によって支給金額が決まっています。1年以上勤務していれば、退職金の支給対象となります。 私立保育園の場合は、就業規則上の退職金についての定めによって変わり、保育園の運営状況や考え方で差があり、支給される場合も金額が変わってきます。

退職金制度ありの求人のメリット

退職金制度があると、保育士のモチベーションを上げるでしょう。経験年数で退職金の金額も上がっていく場合が多いため、職員がやめにくいこともメリットになります。

退職金の制度は、法律的にはどうなっているの?

保育士の退職金は、正規職員として勤務していた場合に支給されるケースがほとんどです。パートやアルバイトは、非正規職員扱いになってしまうため、長く働いても支給されない場合があります。公立の保育士の場合は、地方公務員のためルールが明確に決まっていて、おおむね1年~3年以上の継続勤務で支払われるケースが多いようです。私立園の保育士の場合は、退職金を支払うかどうかは法律では定められていないため、保育園や運営母体の状況によって差があります。退職金の制度は、就業規則や契約に明記されているので、気になる方は入職する際には、必ず確認してから判断しましょう。実際にもらえる金額は、株式会社の場合は就業規則を確認し、社会福祉法人は福祉医療機構に加盟している場合が多いため、同機構の公式サイト「退職手当共済事業」のページで確認ができます。

次の職場への準備期間を支える大切な退職金

働いていない期間の生活費の助けとなる失業手当は、退職した理由が「自己都合」の場合は、すぐに受け取ることができません。そのため、転職の場合、次の職場が退職するまでに決まっていれば問題はないですが、転職先を決める前に辞めてしまった場合は、退職金をどう利用するかは特に重要なことです。次の職場を決める準備期間が長期的に空く場合は、アルバイトやパートをして生計を立てることをおすすめします。必ずしも、多くの退職金を手にできるわけではないため、辞める前には計画を立てて辞職することが困らない手立てになります。

退職金が良い職場とは

保育士歴7年程度の場合、施設の運営を補助するような役職(副主任)などになっている場合も少なくありません。具体的な退職金は園によりそれぞれで、差があります。多くの社会福祉法人が加盟している、福祉医療機構のウェブサイトで退職手当をシミュレーションすると、給与が22万円前後の場合、約53万5千円です。さらに5年を重ねた10年後に退職を考えたとすると、124万円前後です。退職金は、基本的に勤続年数×基本給×給付率=退職金で決まっていることが多いです。そのため退職金が良いところを探すには、基本給が良い場所に就職することをオススメします。

上京特集