高崎市(群馬県)の夜間保育所の保育士求人一覧

夜間保育とは

保護者の仕事などの事情により、18時以降に保育をすることを夜間保育といい、日常的に遅い時間の保育に対応している園を「夜間保育所」といいます。入所定員は認可保育園の場合は20名以上です。夜間の保育内容は、日中とは違い、夕食を食べさせたり、入浴、睡眠などの生活面をみることが中心です。

エリア
高崎市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
夜間保育所
01

プロが厳選するプレミアム求人

2020年4月開園しました!定員10名の小規模園で働きませんか。

キープ
JR東日本高崎支社事業所内保育園 ぽっぽランドたかさき(群馬県高崎市)
  • リトミック
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 年休120日超
  • 夜間保育所

2020年4月にオープンしたばかりの園です!定員10名の少人数保育で子どもたちと丁寧にかかわれます。「おもいっきり遊ぶ・おもいっきり学ぶ」を保育理念として掲げながら、日々の保育から...

所在地 群馬県高崎市栄町6-26
アクセス JR両毛線「高崎駅」より徒歩5分
給与 月給175,000円 ~ 190,000円
施設形態 企業主導型

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

高崎市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
高崎市 × 保育士 × オープニング
高崎市 × 保育士 × 住宅補助あり
高崎市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
高崎市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

夜間保育のお給料ってどれくらい?

夜間保育所は、夜間手当てがつくため、一般の保育所よりも給料が高く、大体23~30万円前後が相場となるでしょう。多くの夜間保育は18時~22時に対応している園が一般的で、24時間保育を実施しているところもありますが、まだ数は少ないです。

夜間保育所で働くための資格

基本的に保育士資格を持っていれば働けます。認可外の保育園で働く場合には、無資格でも働ける場合があります。しかし、認可外でも保育士資格を持っている方が就職には有利です。

夜間保育の求人のメリット

日中の保育園より給料が高いところが大きなメリットではないでしょうか。 夜間勤務のシフトでは、日中の時間を自由に使うことができます。 夜間保育所は大都市に設置されていることが多いため、通勤しやすいというメリットもあります。入浴など普段の保育ではない経験ができるので、自分のスキルアップにもつながります。

夜間保育と通常の保育との違いは

夜間保育とは、夜の18時を過ぎて保護者が仕事などの事情により、子どもの保育ができない場合、保護者に代わって保育をすることです。 そうした保育を実施する施設を、夜間保育所といいいます。夜間保育士の仕事内容は、遊び中心の日中の保育園とは異なり、入浴させたり、しっかり睡眠をとらせてあげること、夕食など生活面が中心になります。日中の保育ではあまりない入浴などを頻繁に行うので、保育士としては貴重な経験を積むことができるでしょう。一方、日中の保育士とは違って、夜または夜中に働くということは、眠気に勝つ気力や体力が重要になります。子どもが眠っている横で、うっかり寝てしまったということがないよう日頃からの体調管理をしなければなりません。

夜間保育の歴史

夜間保育は、1981年頃に開始され、40年以上の歴史があるといわれています。ですが、全国的にはあまり夜間保育園は設置されていません。その理由としては、子どもが本来家庭で過ごす時間に、保育所で長い時間を過ごす夜間保育は、子どもの発達に悪影響を及ぼすのではないか?という問題意識があります。とはいえ、女性の社会進出が進んでいる中で、夜間保育は社会的にも必要不可欠な状況でもあります。子どもにとって、たとえ家ではない場所であったとしても、「ぬくもりのある心地よい生活活動・遊び活動」は必要なもの。夜間保育では、より良い環境への模索が求められています。保護者の期待を受けて、子ども中心の保育を進めている施設も多くあります。

夜間保育の役割 保護者の強い味方

女性の社会進出が増えている今、夜に預かってくれる夜間保育は、やむをえず夜中に働いている保護者にとっての強い味方です。家に幼い子どもが一人で残されないことで、安心して仕事ができます。保護者が働いている間、子ども達は、保育園で過ごします。お母さんが隣にいない状態で寝ることや、なかなかお迎えが来ないことは子ども達にとって不安です。そんな子どもたちをリラックスさせて落ち着いて眠れるようにすることは夜間保育士にとって重要な仕事です。入浴や食事、睡眠のサポートの他に心のケアも行う多様なスキルが求められるでしょう。そして、勤務時間が「夜間」になるので、「夜間手当」がつくところがあったり、非常勤では日中の保育園の時給より高い傾向があります。

上京特集