白石市(宮城県)の車通勤可の保育士求人一覧

車・バイク通勤可の園とは

便利なマイカー・バイク通勤ができる園は都市郊外や地方の求人に多いでしょう。車通勤可な園では、園庭や近隣地に職員専用の駐車場スペースがあります。同時に、土地を広くとれる場所ということもあり、広めの園庭のある保育園でもあることが多いです。

エリア
白石市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
車通勤可
01

ノー残業・ノー持ち帰り仕事を徹底し、毎日定時退勤!定員12名の小規模園

キープ
カラーズしろいし園(宮城県白石市)
  • 新卒も歓迎
  • 英語が使える
  • リトミック
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 産休育休制度

園長先生でも、月の平均残業は2~3時間程度。他の職員の残業はほぼありません!当社では子どもたちが安心して過ごせる園づくり同様、開放的で居心地のよい職場づくりに力を入れています。有給...

所在地 宮城県白石市字東小路112-2
アクセス JR東北本線「白石駅」から徒歩3分 ※マイカー、バイク、自転車通勤OK(無料の駐車場・駐輪場を完備) ・「白石城」が徒歩7分の距離にあり、お散歩コースや外遊びにピッタリな自然あふれる大きな公園もあります。
給与 月給175,000円 ~ 240,000円
施設形態 小規模保育
02

社会福祉法人はるかぜ福祉会

白石はるかぜ保育園
保育士
正社員

年休120日・賞与年3回、住宅手当など環境充実!自然の中でゆったり保育

キープ
白石はるかぜ保育園(宮城県白石市)
  • 社会福祉法人
  • 新卒も歓迎
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK

「からだづくり」を中心に、子どもの主体性や協調性を育てる理念と、それを支える保育士さんの働き方を大切にしている保育園です。住宅手当あり・年休120日・賞与年3回の高待遇!お子さんが...

所在地 宮城県白石市東町3-1-1
アクセス <電車> JR東北本線「白石蔵王駅」より徒歩16分 <バス> バス停「白石沖」より徒歩4分 ※マイカー通勤可(駐車場代無料)
給与 月給175,600円 ~ 239,600円
施設形態 認可保育園

2件中 1〜2件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

白石市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
白石市 × 保育士 × オープニング
白石市 × 保育士 × 住宅補助あり
白石市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
白石市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、白石市の求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。在職中でも、転職相談や情報収集だけでも大丈夫です。白石市担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

ガソリン代と駐車場代の補助もある

マイカー通勤の際、交通費としてかかるのがガソリン代と駐車場代。車通勤可の保育園はで、通勤にかかるガソリン代を補助してくれるところもありますよ。都市付近の土地が高い地域では月1万円を超える駐車場が多く、駐車場を園で契約している園なら駐車場代がかからないこともあるので、マイカー通勤がお得に感じられますね。また、本人契約で駐車場を利用する場合には、補助を出してくれる園もありますよ。

車での通勤時間は?

働く人の自宅から職場への通勤時間の平均は全国で1時間14分。ですが、自身で運転するのが車通勤のメリットであり、デメリットでもあります。車通勤の場合は、運転する労力を考えるとできるだけ短い通勤時間が望ましいですね。

車通勤可な求人のメリット

満員電車での通勤と違い、心と体に余裕を持って通勤できます。雨の日でも濡れずに通勤できますよ。車は座席やトランクが利用できるため、荷物が多くても安心です。 帰り道の寄り道、帰宅時間など自分の都合に合わせて通勤できます。

マイカー・バイク通勤可の園は敷地が広い!

マイカー・バイク通勤が可能な保育園は、園の敷地や近隣に駐車場が用意されています。よって、敷地に余裕がある環境だと言えます。敷地に余裕があるということは、駐車場だけでなく、十分な広さの園庭があると期待出来ますね。十分な敷地があれば、駐車場や園庭だけではなく、畑や遊び場が作れたりします。保育園内で活動の幅が広がることで、事故やケガのリスクがある園外に出なくて良いので、より安全に活動できるでしょう。

マイカー通勤、都心では難しい?

都心の保育園では、なかなかマイカー通勤OKの園がないのがネックですよね。都心では、ビルの一室や駅近の保育園が比較的多く、駐車場を設置するのは、立地面や金銭面から難しいでしょう。駅近やビルの一室で行われる保育園には、駐車場が設置されていないことがほとんど。一方で、都心から少し離れた私鉄沿線や、駅から遠い保育園などには、設置されている傾向にあります。首都圏の中心部や、人口が100万人を超えるような政令指定都市などではマイカー通勤が可能な園のほうが少数派でしょう。郊外では比較的、マイカー通勤が可能な園があります。

マイカー通勤=マイスペースだからこその安心感、落ち着き!

マイカー通勤は、心や体に余裕が持てるのがいいところ。好きな音楽やラジオを聞きながら。雨が降っていても濡れずに通勤できることや、電車のようなストレスなく、ゆったり座って通勤できることがうれしいですね。マイカー通勤なら通勤時間がプライベート的な時間にもなります。電車通勤では、終電の時間を気にしなければならず、寄り道時間の制限があったり、帰り道に買い物をするにしても、持って帰れる荷物量に制限があります。一方、車通勤だと、終電の時間を気にすることはないですし、買い物できる量や距離の幅も広がりますよ。

上京特集