邑楽郡(群馬県)の住宅補助ありの保育士求人一覧

家賃を軽減します!住宅補助ありの求人

「住宅補助あり」の求人は保育園が家賃の一部を出してくれたり、格安で社員寮を貸してくれる求人です。家賃にかかる分のお金を自身の生活のために使えるので、実質的に給与が増えるような、うれしい制度といえます。

エリア
邑楽郡,邑楽郡板倉町,邑楽郡明和町,邑楽郡千代田町,邑楽郡大泉町,邑楽郡邑楽町
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
住宅補助あり
01

住宅手当に、3.5カ月分の賞与有り!子どもをたくましく育てる幼稚園です

キープ
認定こども園 えのき幼稚園(群馬県邑楽郡大泉町)
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • 残業少なめ
  • 退職金制度

えのき幼稚園は「心豊かなたくましい子ども」を育てる認定こども園です。年間を通して、季節を肌で感じるイベントが盛りだくさん!森の中にいるような木の遊具に、農園やプールも設置されていま...

所在地 群馬県邑楽郡大泉町北小泉3-9-6
アクセス 東武小泉線「小泉町駅」より徒歩9分
給与 月給175,000円 ~
施設形態 認定こども園

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

邑楽郡の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
邑楽郡 × 保育士 × オープニング
邑楽郡 × 保育士 × 住宅補助あり
邑楽郡 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
邑楽郡の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

住宅手当はいくらもらえる?

住宅手当として給与に上乗せがある場合、保育園によって負担してくれる金額の上限があります。都市部の保育士需要が高い地域だと、最大8万円程度の手当が出る園もあり、家賃のほぼ全額をカバーできますね!

住宅補助の制度とは?

保育園の福利厚生の一つに「住宅補助」があります。企業によっては、「家賃補助」とも呼ぶことも。企業から、住宅費の補助として支給されるのが住宅補助です。一人暮らし・配偶者の有無などの世帯の構成などによって支給額は異なりますが、保育業界では他業種に比べて手厚い住宅補助が用意されているのが特徴です。例えば住宅手当として、給与に固定で数万円を上乗せというパターンや、国の借り上げ住宅制度を活用して、実質負担1~2割程度で賃貸住宅に住めるなど、待遇は園によって異なるものの、おおむね何らかの補助があるでしょう。また、関東地方では大幅な待遇改善に取り組んでおり、一人当たり最大月額8万2千円の住宅補助を給付する市区町村もあります。実費負担ゼロでも家を借りることが十分出来ますね。ただし、首都圏とはいえ、全ての保育園で住宅補助が支給されるのではないので、求人などを見て確認しましょう。

寮があると使えるお金がこんなに増えます

保育士のために、職員寮を提供している保育園もあります。職員寮は、大きく家賃を抑えることができるでしょう。寮費は家賃相場の半額、や1万円程度という価格設定で提供されています。初期費用がかからなかったり、引っ越し費用を支給してくれるケースも多く、上京就職者には特にオススメできます。こうした職員寮を利用すれば、1か月の生活費を大きく抑えることができますよ。例えば、東京で一人暮らしをするのに、家賃を7万円だと仮定すると1か月に17万円程度かかりますが、家賃1万の職員寮に住むと、家賃が1万円まで抑えられたことで、10万円で1か月生活できる計算となりますね。手取り17~18万円であれば、十分に生活できますし、賞与を活かせば貯金もできるでしょう。

他業界と比べても、恵まれている保育業界の住宅補助

保育業界の中では、住宅補助は一般的な制度ですが、他業界ではどうでしょうか。2016年の厚生労働省の調査では、企業全体としても、住宅補助の支給率は49.3%でした。世間の会社の半分程度でしか、住宅補助は行われていないということです。さらに見ると、多くの保育園と同規模である「従業員100人未満の一般企業」では、住宅手当の支給率は2割弱となっています。また、支給額は一定ではありません。一方で、保育士業界では、家賃が全額支払われる園や数万円単位の家賃補助が、多くの園で支給され、定着しています。他業界に比べて、住宅補助は保育士ならではの手厚い手当だといえますね。

上京特集