大川市(福岡県)のブランクOKの保育士求人一覧

保育現場に戻りたい人 ブランクあり歓迎!

「ブランクあり歓迎」は、以前に保育園を辞めてしまったけれど、また保育の現場で働きたいという保育士さん向けの求人です。例えば、出産で現場を離れた後、子育てが落ち着いてから復帰する人、一度、保育業界以外に転職した人などを歓迎している求人です。

エリア
大川市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
ブランクOK

株式会社ten

本気で楽しむ保育のシゴト、わたしたちと一緒に始めてみませんか?

  • 残業少なめ
  • ブランクOK
  • 乳児保育のみ
  • WEB面接OK

株式会社tenでは、一緒に働く仲間一人ひとりを「主役」と考えています。「一人ひとりにとって大切な働く場所を、より輝ける場所にしていきたい。」そんな思いから、これまで保育園の開園に携…

本社所在地 福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目1-27
事業エリア 東京都、福岡県ほか
運営施設種別 企業主導型、認可保育園ほか

学校法人田中学園

2023年1月には新規園もオープン!残業少なめ・持ち帰りなし・職場復帰率100%

  • オープニング
  • ボーナスあり
  • 残業少なめ
  • 新卒も歓迎

福岡県久留米市に2つの園を運営しており、2023年1月には企業主導型保育所も開園予定!職員がのびのびと仕事に向き合えることが幼児教育の質を向上させると考え「働きやすさ」の実現を目指…

本社所在地 福岡県久留米市山川追分1丁目12-30
事業エリア 福岡県
運営施設種別 認定こども園、企業主導型
01

求人情報
田口保育園
保育士
正社員

社会福祉法人田口福祉会

プライベートと両立しやすい環境作りを徹底しています

キープ
田口保育園(福岡県大川市)
  • 新卒も歓迎
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ブランクOK
  • 年休120日超
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎

休憩1時間必ず取得。しかもテレビ・コーヒーマシーン・おかし完備のお部屋有り。残業年間で6時間程度。3~4日連休取得出来るよう就業規則変更中。お子さまの急な体調不良でのお休み相談可能...

所在地 福岡県大川市大字三丸164-1
アクセス マイカー通勤可(駐車場代無料)
給与 月給158,400円 ~
施設形態 認可保育園

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

大川市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
大川市 × 保育士 × オープニング
大川市 × 保育士 × 住宅補助あり
大川市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
大川市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、大川市の求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。在職中でも、転職相談や情報収集だけでも大丈夫です。大川市担当のキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

あなたの経験を求めています!

保育園はブランク明けの保育士さんに、これまでの経験を活かして働いてほしいと思っています。保育士の経験だけでなく、子育ての経験があれば保護者の目線で考えることができますし、一般企業で働いた経験があれば、社会人としてのマナーを教わる必要もありませんし、事務作業やマネジメントでも活躍できるでしょう。

ブランクが不安な方のために

現場を離れていたブランク期間を不安に思う方も多いでしょう。特に、手遊びなどの実技や救命処置は現場を離れてしまうと忘れがちです。今は、お住まいの市区町村や都道府県が、無料で職場復帰のための研修会を開催していることも多いので、ぜひ利用してみましょう。

求む!ブランクのある「潜在保育士さん」!

保育士の資格を持っているけれど、職場を離れている保育士さんのことを、「潜在保育士」といいます。今、多くの保護者、保育園、自治体がこの「潜在保育士さん」が職場復帰することを望んでいます。厚生労働省の調査によると待機児童数は2015年度には45,315人いるといわれており、出産後の女性の職場復帰の妨げになっています。全国の自治体の4分の3で保育士が足りていないとの報告もあり、国や自治体も待機児童解消に向けたあらゆる取り組みをしています。現場の保育園も保育士さんの職場復帰を求めています。厚生労働省の委託調査では、アンケートに答えた8割以上の保育園が、新卒採用だけでなく、職場経験があり即戦力として期待できる潜在保育士さんを採用したいと答えています。職場復帰を考えている保育士さんがまさに今必要なのです。

復帰に向けたサポートが増えています

ブランクが長いから体力的に、技術的に、不安があるという保育士さんも多いと思います。そんな保育士さんの復職を支援するため自治体と保育園が協力したサポートプログラムが増えています。例えば、都道府県レベルでは、保育士就職支援セミナーとして5日間、2日の講習会と3日の実習を開いていたりします。講習会ではアレルギーや衛生管理、応急手当の方法などを確認し、実習では現場に入って子どもたちの保育をするだけでなく、報告書の作成など事務作業も含まれています。そのため、5日間で保育の楽しさを再体験し、現場復帰への不安を解消できる、充実した内容になっています。こうした講習会はまだまだ認知されていないものもあります。ぜひ、ご自身の住んでいるところで実施しているサービスをチェックしてみてくださいね。

復職者を援助する自治体も

復職を考えている保育士さんに向けたサポートのうち、講習会はほんの一例です。多くの都道府県で実施しているのが、潜在保育士さんへの復職準備資金として、20~40万円程度を貸し付けてくれる制度です。借りたお金は、最初は貸し付けなのですが、地域内の保育園で数年間勤務すれば、返済が免除される、といったことが一般的です。また、お子さんを持つ保育士さんの職場復帰をサポートするため、1年間保育料の半額を限度として貸してくれる自治体も。こちらも地域内で2年間勤めることで、返済が免除されます。このように、潜在保育士さんをサポートしてくれる仕組みが増えてきています。ご紹介した例と同様の制度は、保育士不足に悩む自治体では導入していることが多いので、職場復帰の前には、ぜひウェブサイトなどで探してみましょう!

上京特集
×