【採用担当者向け】保育士さんにとって働きやすい環境にするためには?採用活動に活かせる改善策のポイント

保育士の離職率が高まる中、保育士さんにとって働きやすい環境にするためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。採用活動が成功しても、離職に悩む採用担当者の方もいるかもしれません。今回は保育士さんの退職理由をふまえたうえで、人間関係や待遇、労働条件などにおける具体的な改善策について紹介します。


保育士が働いている様子

buritora/shutterstock.com

 

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

保育士さんにとって働きやすい環境にするには

保育士さんの人材不足や離職率の高さが懸念される中、求職者に選ばれる施設づくりを目指すことは大切です。

 

採用担当者の方も、保育士さんにとって働きやすい環境を作るためにはどのような取り組みを行えばよいのか悩むことがあるかもしれません。

 

まず、保育士さんが就業した施設を退職してしまう理由をきちんと知ることが、働きやすいと感じてもらうための第一歩になります。

 

厚生労働省の資料をもとに、保育士さんが退職してしまう理由について見ていきましょう。

保育士さんが退職してしまう理由

厚生労働省「保育士さんの現状と主な取組」の資料を見てみると、「過去に保育士として就業した者が退職した理由」は、以下のようになっています。

保育士の退職理由

出典:保育士さんの現状と主な取組/厚生労働省から抜粋

 

全体で「職場の人間関係」が(33.5%)が最も多く、次いで「給与が安い」(29.2%)といった待遇面の不満や「仕事量が多い」(27.7%)、「労働時間が長い」(24.9%)などの労働条件に対する不満が、主な退職理由となっています。

 

また、一般的な企業に勤めている場合は、妊娠、出産を機に産休を取得し、復職を希望する女性もいますが、保育士さんの場合は「妊娠、出産」によって退職する方が「22.8%」と多いことがわかりました。

 

このようなことから、保育士さんがどのような理由で退職してしまうのか、具体的な原因を考え、働きやすい環境にするためにはどんな改善策が必要となるのか考えていきましょう。

 

出典:保育士さんの現状と主な取組/厚生労働省

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

働きやすい環境づくりの改善策:人間関係

 

人間関係が悪くなってしまう原因

保育観のぶつかりあい・意見のズレ

施設では、基本的に保育士ひとりに対して、受けもつクラスが決められており、担任と副担任、補助職員などと連携して子どもの保育を行います。

 

その中で、互いの保育観がぶつかったり、業務の手順に違いがあったりするとお互いの考えかたによるズレが生じ、人間関係が悪くなってしまうこともあるようです。

 

小規模園の場合は働いている保育士さんも少なく、上手く連携できないことで、信頼関係が築けずに離職に至るケースもあるでしょう。

 

役職に就いていない職員同士の関係性

保育士は園長・副園長・主任の3つ以外は役職が特になく、横並びとなる傾向にあります。

 

特に中堅保育士は役職のある先輩からの指示や新人の教育など、どのような関係を築けばよいのかわからず、人間関係について悩むことも多いかもしれません。

 

上下関係の中でパイプ役を務めることで、戸惑いや不安を誰にも相談できずにストレスを抱えてしまうこともあるようです。

 

人間関係を良くするためには

 

自園の人間関係を良くするために、まずはどのような雰囲気で人間関係が築かれているのか、客観的に現状を把握し、「適材適所」を意識した人材の配置を行うことが大切です。

 

園の中で、人間関係を良くするための具体的な方法を見ていきましょう。

交流会などを開き、現状を把握する

 

積極的に交流会を開き、職員がどのような性格なのか、職員同士の関係性などを見て、勤務している保育士についてよく知り、現状の人間関係を把握しましょう。

 

保育士一人ひとりの人物像をとらえたうえで、円滑な人間関係を目指すには、どのような人材の配置が適切なのかを考えるとよいかもしれません。

 

職員同士の相性については、お互いを補い合えるようなチームを組むことで良好な関係性を築きあげられるのではないでしょうか。

精神的なケアを担う人材を配置する

保育士さんは子どもの表情や行動を汲みとりながら、心に寄り添った保育活動を行うため、感受性が豊かで責任感が強い方も多いことでしょう。

 

そういった「優しさ」をもっていることは保育士として大切な要素ですが、ときには自分を責めたり、悩みを抱えても誰にも相談できなかったりと不安になることもあるかもしれません。

 

保育士さん一人ひとりの精神的なケアを担う人材を配置し、悩みを抱えた場合に受け皿となるような取り組みも必要です。

 

業務に対するさまざまな不安を解消できるように、職員間で話し合いの場を設けるなどして、互いに頼り、頼れる関係を築けるような機会を作れるとよいでしょう。

働きやすい環境づくりの改善策:待遇

給与について悩む保育士

karins/shutterstock.com

 

待遇面に不満をもつ原因

 

給与が安いなど、待遇面で不満を抱える保育士さんも多いようです。

 

厚生労働省による2019年度「賃金構造基本統計調査」において保育士のお給料は、平均月収で24.45万円としていますが、この数値は公立の保育園も含まれているものです。

 

私立の保育施設の場合は平均給与が下回っている園もあり、低い給与で生活することが厳しいと深刻な状況にある保育士さんもいるでしょう。

 

子どもの命を預かるという責任量を考えると、見合わない給与で働くことによって、違う職種に転職を考える保育士さんも少なくないようです。

 

待遇面を改善するためには

 

保育士の待遇面の改善に向けて、2019年時点で厚生労働省は約1%改善(月額約3000円程度)、技能・経験に応じて月額5000円から40000円の給与改善の取り組みを行っています。

 

保育士人材が不足する中、国としても上記のような策を実施していますが、待遇面を改善するためには園独自の対応も必要となるでしょう。

 

改善策としては、まずは自園がどのような経営状態なのか収支を把握することが大切です。

主に保育施設の経費としては、以下が考えられるでしょう。

 

  • 人件費
  • 広告費
  • 賃料
  • 消耗品費
  • 水道光熱費
  • 傷害保険、賠償保険料

 

経費削減に向けてICTシステムの導入によるペーパーレス化などさまざまな取り組みを行い、無駄を省くことで人件費を増やし、待遇改善につなげていくことが大切になるでしょう。

働きやすい環境づくりの改善策:労働条件

 

労働条件に不満をもつ原因

 

仕事量が多い、労働時間が長いなど労働条件に不満をもち、離職してしまう保育士さんもいるでしょう。

 

保育士の仕事は、保育活動を行うだけでなく、園児の管理、連絡帳の記入などの事務作業、月案、日案、指導案などの文書作成、行事の企画、準備など多岐に渡り、残業や自宅に持ち帰って仕事をする場合もあります。

 

その結果、休日も仕事があり、プライベートの時間が確保できずに、労働条件に対して不満を感じてしまうのかもしれません。

 

労働環境を改善するためには

 

施設の中には園独自のカリキュラムがあり、子どもによりよい保育を提供するために、保育士に求める労働条件の改善に消極的な施設もあるかもしれません。

 

しかし、業務負担が多いことで、保育士自身が子どもが好きという想いがあったとしても「体力」と「精神力」がすり減り、離職せざるを得ない状況になることも考えられます。

 

手作業で行っていた業務においてはICTシステムの導入を検討、仕事の役割分担の見直しを行ない、効率的に会議を進めることが大切になります。

 

そして残業時間の短縮を目指すなど、さまざまな視点から取り組みを行い、保育士さんの労働環境を改善していきましょう。

働きやすい環境づくりの改善策:妊娠・出産支援

 

妊娠、出産により離職する原因

 

保育士さんが日々子どもと接するうちに自分も親になり、子どもを産み育てたいという思いを抱くのも当然のことでしょう。

 

しかし、妊娠、出産を機に産休を取得する場合もありますが、職場を離れてしまう保育士さんも多いようです。

 

妊娠、出産も際に、「仕事量を考えると続けられない」、「人材不足の中で体調を崩した場合に休めない」など職場の状況を考えて、産休を取らずに辞めてしまうことが考えられます。

 

妊娠、出産の支援をするためには

 

保育士さんが妊娠、出産後も復職を望む施設にするためには、手厚い支援を用意することが大切です。

 

つわりなど体調不良となったときは、職場で支えられるようにシフトの体制を整えるなど、安心して仕事ができるような取り組みを考えていきましょう。

 

施設の中には「忙しい雰囲気で妊娠、出産を打ち明けられない」と悩む保育士さんもいるかもしれません。

 

園としてあらかじめ妊娠、出産をバックアップできるような環境を整え、働いている保育士さんへ事前に説明を行うことも大切です。

 

「ずっとこの園で働きたい」という想いを抱くことができるような雰囲気を作っていきましょう。

 

出典:賃金構造基本統計調査/厚生労働省

保育士さんが働きやすい環境づくりに取り組み、求職者に選ばれる施設を目指そう

 

今回は、保育士さんの退職理由を捉えたうえで、働きやすい環境にするにはどのような改善策が必要なのかを解説しました。

 

求職者の採用が決定したとしても、実際に勤務する中で、「働きにくい」と感じてしまうと、早期離職につながってしまいます。

 

保育士さんの待遇面の改善については、すぐに対応することは難しいかもしれません。

 

しかし、職員同士の人間関係や労働環境における業務負担の軽減などについては、現状を把握したうえで、改善策を考えることで人材の定着化においても役立つのではないでしょうか。

 

求職者に選ばれる施設を目指すために、保育士さんが働きやすい環境作りに取り組んでいきましょう。

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

関連する記事

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

新卒の保育学生さんを採用しても、内定辞退の申し出を受けるケースがあるかもしれません。人材を...

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

内定者に入職意思の確認や労働条件の説明などを行う「内定後面談」。保育園での面談に向けて、事...

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

面接テクニックとしてよく耳にする言葉「アイスブレイク」。面接に関係のない天気や地域のネタを...

【採用担当者コラム】ハローワークでの保育士求人の出し方は?費用や募集手順

【採用担当者コラム】ハローワークでの保育士求人の出し方は?費用や募集手順

ハローワークを利用した保育士求人の出し方を知りたい採用担当者の方もいるでしょう。費用をかけ...

【採用担当コラム】保育の質の向上を目指す!職場環境や採用活動の強化への取り組み

【採用担当コラム】保育の質の向上を目指す!職場環境や採用活動の強化への取り組み

保育園では、子どもたちの健やかな成長を支えるうえで「保育の質」の維持・向上に向けた取り組み...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!