【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

22卒の保育学生さんに向けて、冬採用に取り組む保育施設もあるかもしれません。次年度の人手が不足している園では、新卒人材の確保を目指して採用活動を行うことが多いでしょう。今回は、冬採用とは何かや、成功に導くポイントを詳しく紹介します。この時期に就活する保育学生さんの特徴もあわせてまとめました。


新卒保育士

fizkes/shutterstock.com




「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。


法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら


新卒保育士を集めたい!冬採用の時期とは

一般的な企業での冬採用とは、12月から3月にかけて行う人材の採用活動のことを指します。保育園においても「秋の採用活動でなかなか人材が集まらなかった」「新入園児が急増して保育士さんが不足している」などの理由から、冬の時期に採用活動に取り組むケースがあるでしょう。


特に保育業界は人材不足が深刻化しているため、冬採用に積極的に取り組む園も多いかもしれません。早めに人材を確保して、次年度の運営をスムーズに進められるとよいですね。


新卒保育士の獲得に向けて採用を成功に導くためのポイントを把握し、人材の確保に役立てていきましょう。

冬の時期に就活する保育学生の特徴

まずは保育学生がどのような理由から冬の時期に就活しているのかを紹介します。特徴を把握し、採用活動を行う際の参考にしてみてくださいね。



内定が出ていない 


就職活動を行ってはいるものの、内定が出ていない保育学生の方は、冬も引き続き活動を行うことでしょう。人気の園をねらって受けていたり、応募する園が少なかったりするとなかなか採用通知をもらえないケースもあるようです。


また、内定が決定したにもかかわらず、園側の事情により、急に内定が取り消しになった方もいるかもしれません。



内定を辞退した


一度内定通知をもらったものの「一人暮らしを予定していたが急遽実家で暮らすことになった」「採用が決定した園の悪いうわさを聞いた」などの理由から、内定を辞退した保育学生さんもいるでしょう。


また、面接時の園の印象が悪かったり、見学の際に園の雰囲気がよくなかったりした場合も内定を断り、新たに就職先を探しているケースがありそうです。


このように、自分が納得した形で内定をもらいたいと考えている方は、冬も就職活動を続けている可能性があるでしょう。



進路を変更した


保育士の公務員試験に落ちた場合や、大学・大学院に進学するのを辞めて就に就くことを決めた場合は、冬から就職活動を開始することとなりそうです。


このような方々は学習意欲が高く、仕事に対して真摯に取り組む人材かもしれません。採用することで、自園での活躍が期待できそうですね。




法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら



【新卒の保育士向け】冬採用を成功に導くポイント


保育士が面接している様子

The_Molostock/shutterstock.com


冬採用を成功に導くためのポイントを紹介します。



保育士養成校に内定状況を確認する


養成校の保育士さんを採用できるよう、学校側に学生の内定状況を確認するとよさそうです。


「就職が決まらずに困っている学生の方はいませんか?」「急に内定が取り消しになった方はいませんか?」など就活担当の先生に聞き、自園で募集していることを伝えましょう。


養成校から直接保育学生さんを紹介してもらい、スムーズに採用が決定したケースもあるようです。



求人票に新卒の保育士さん向けのキャッチコピーを記載する


求人票のターゲットを「新卒の保育士さん」であることを意識して、魅力的なキャッチコピーにするとよいかもしれません。


<例>


「22卒保育学生さん急募!土日休み・年間休日120日以上共に働き、保育士としてのキャリアアップを目指しましょう」


「2022年に卒業する保育学生さん必見!研修や昇給制度が充実しています。住宅の補助8万円支給あり」


新卒の保育士さんはインターネットで求人を検索する際に、「2022年 採用 保育士」など、年度を入力して就職活動を行うことが考えられます。


求人票に年度を入れ、保育学生さんの目に留まるようなキャッチコピーを記載するとよいかもしれません。



求人を出す媒体を見直す


新卒の保育士さんを採用する場合は、養成校の紹介を中心に行っている保育施設も多いかもしれません。


その他にハローワークや人材紹介など、求職者を直接紹介してくれる媒体を活用し、採用の間口を広げるとよさそうです。


最近では人材紹介や人材派遣を利用する保育学生さんも増えているようです。中途採用の活動についてもあわせて相談できることから、利用を検討してみるとよいでしょう。



新卒の保育士さん向けの園見学会を開催する


新卒者に自園の魅力を伝えられるように、園見学会を開催してみてはいかがでしょうか。


実際に子どもや職員の勤務の様子などを紹介すると、園の和やかな雰囲気を伝えることができるかもしれません。

園見学のあとに園の保育理念や方針を説明し、誠実に対応することで園の考えに共感した保育学生さんからの応募が期待できそうです。



応募者とのコミュニケーションを大切にする


新卒の保育学生さんは「自分が保育士として子どものお手本になれるだろうか」「命を預かる責任のある仕事を全うできるだろうか」と不安を抱きながら、就職活動を行っている方もいるでしょう。


こまめに連絡を取ったり、優しさをもって配慮した言葉をかけたりすることで、自園の職員として働きたいという意欲が高めることができるかもしれません。

応募してくれたことの感謝を伝え、コミュニケーションを大切にしながら人材の確保を目指しましょう。



応募から内定までを短期間で行う


転職者の中には他園と併願して応募している方もいるようです。冬に就職活動を行っている方は「どこでもいいから内定が欲しい!」という焦りから、いろいろな園に応募することが考えられます。


内定通知を出すまでに時間がかかってしまうと、「採用の連絡が来なかったので不採用だと思い、他の園に決めてしまいました。」と断られてしまうケースもありそうです。

優秀な人材を獲得するためにも、応募から内定までをスピーディーに進められるように採用活動を調整していきましょう。


2022年度の新卒保育士さんの冬採用を成功させよう

冬採用を成功させるためには、まず保育学生さんの元に求人情報を届ける必要があると言えます。


求人媒体や求人票の内容を見直し、学生の応募が集まるように工夫することが大切になりそうです。


また、自治体や人材紹介会社などが主催している就職・転職フェアなどに新卒の保育士さんが訪れる場合もあるでしょう。各地域での開催日程を確認し、参加を検討するとよいかもしれません。


上記で紹介した冬の採用活動でのポイントをおさえ、人材の確保に役立てていきましょう。



「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。


法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら


関連する記事

【採用担当者コラム】保育園での新人社員の歓迎方法5選。フォロー体制を整え定着率アップ!

【採用担当者コラム】保育園での新人社員の歓迎方法5選。フォロー体制を整え定着率アップ!

保育園で新入社員の歓迎方法に迷う採用担当者の方もいるでしょう。歓迎会の開催やメッセージカー...

【採用担当者コラム】保育士がすぐに辞める理由とは。早期退職の防止方法

【採用担当者コラム】保育士がすぐに辞める理由とは。早期退職の防止方法

人材の定着率をアップするため、保育士さんがすぐ辞める理由を知りたい採用担当者の方もいるかも...

【採用担当者コラム】3つの内定ブルー対策で入職前の保育学生をフォロー!タイミングと原因を解説

【採用担当者コラム】3つの内定ブルー対策で入職前の保育学生をフォロー!タイミングと原因を解説

保育学生さんが内定ブルーに陥らないよう、フォロー方法を知りたい採用担当者の方もいるでしょう...

【採用担当者向け】保育士の採用においてミスマッチを防ぐには。発生の原因や対策方法

【採用担当者向け】保育士の採用においてミスマッチを防ぐには。発生の原因や対策方法

保育士の離職率が高まる中、「採用ミスマッチ」が起こる理由を知りたい担当者の方もいるかもしれ...

【採用担当者向け】採用後の保育士に向けたフォロー対策とは?定期的な面談や役割の明確化など

【採用担当者向け】採用後の保育士に向けたフォロー対策とは?定期的な面談や役割の明確化など

内定者に対する入社前のフォローは、保育士さんの早期退職や内定辞退を防ぐためにも大切になりま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!