【採用担当者コラム】新人保育士を育成するポイントは?抱えやすい悩みや指導方法

保育園の新人保育士さんの育成に取り組み、長期雇用や早期退職の防止につなげたいと考える採用担当者の方もいるかもしれません。指導マニュアルを作成したり、定期的に面談の機会を作ったりすることで、サポート体制を整備していきましょう。今回のコラムでは、新人保育士さんが抱きやすい悩みや育成するポイントなどを詳しく紹介します。


milatas/shutterstock.com

 

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

保育園で新人保育士の育成に取り組もう

保育園の人材の定着化を目指すうえで、新人保育士さんの育成に取り組むことが大切です。

 

せっかく採用が成功しても、新人の方がすぐに辞めてしまえば、またいちから採用活動をスタートしなければなりません。

 

早期退職を招かないためにも、職員が「ここの園に就職してよかった!」と仕事へのモチベーションが高まるように、育成について考えていきましょう。

 

まずは、新人保育士さんが抱えやすい悩みについて紹介します。人間関係や仕事量の多さなど、悩みの内容を確認し、指導方法を工夫することで、働きやすい環境づくりに役立てていきましょう。

新人保育士の3つの悩み

 

人間関係

 

新人保育士の方で人間関係で悩まれる方は少なくありません。

 

保育園には、数十年働いているベテラン保育士や年が近い先輩保育士など、さまざまな年齢や経験を重ねた方が働いており、チームで協力して子どもたちの保育活動を行います。

 

小規模の園も多く、狭い環境の中でいろいろな年代の方と働くことに慣れておらず、コミュニケーションの仕方がわからないと、ストレスを抱える新人の方もいるかもしれません。

また、新人保育士さんはベテラン保育士さんとペアで仕事を進めることも多いでしょう。

 

担任を任されるという重圧の中で、ベテラン保育士さんから失敗したときに叱責されたり、指導の仕方に上手く対応できなかったりすると、連携が取れず、プレッシャーを感じてしまうこともあるようです。

 

このような状況が続いてしまうと、萎縮して保育活動に集中できずに精神的に負担となることが考えられます。

 

指導の仕方によっては、失敗を恐れて萎縮してしまい、保育活動に集中できなくなってしまうことも考えられます。

 

保育技術の未熟さ

 

経験が浅いゆえ、保育技術の未熟さに不安を抱く新人保育士さんもいるでしょう。

 

保育士さんは、子どもの基本的生活習慣を支えるため、着替えや食事、排泄の援助、安全面を考えた環境設定、衛生管理などさまざまな業務をこなす必要があります。

 

また、子どもたちがケンカした場合は仲裁したり、製作やゲームの参加を拒否した場合は声をかけたりと、園児の一人ひとりの言動や行動を見守り、適切に介入することも求められます。

 

しかし、働いて間もないころは、仲裁の仕方や集団活動への促し方などがわからずに悩むことも少なくありません。

 

まだ先輩保育士さんと打ち解けられておらず、1人で抱え込んでしまうこともあるでしょう。

 

仕事量の多さ

 

保育士さんは保育活動以外にも、行事や設定保育の準備保育記録の作成、保護者対応など多種多様な仕事をこなす仕事です。

 

その中で新人保育士さんは指導案や保育記録、連絡帳の記入の仕方などを指導担当の方に提出し、業務に慣れるまで、添削を受けたり、反省会に参加したりと多忙になることが考えられます。

 

イメージしていた保育士の業務と仕事量の多さにギャップを感じることで、これからの勤務に対して気力や体力が続くのか、不安になる方もいるでしょう。

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

新人保育士を指導するポイント


保育士の2人

milatas/shutterstock.com

 

新人保育士さんの指導の仕方を把握することで、悩みを抱く方の心に寄り添い、成長を支えることができるかもしれません。

 

新人保育士さんの指導するポイントについてまとめてみました。

 

新人保育士の育成マニュアルの作成

 

まず、新人保育士さんの育成に取り組むためには、指導方法などを記載したマニュアルを作成しましょう。

 

1年目の段階的なステップアップを支えられるよう、研修の概要や指導方法の内容を具体的に記載するとよいかもしれません。

 

また、保育施設によっては、英語やリトミックなどを専門的な活動を保育の中で取り入れている園もあるでしょう。

 

新人保育士さんが園独自の特色をしっかり理解し、徐々に経験を重ねられるように、工夫できるとよいですね。

 

指導保育士へのフォロー

 

新人保育士さんは、人間関係などで悩むことも多いことから、指導担当の方に相談しやすい環境を作ることも大切でしょう。

 

指導担当の方が業務量の多さに時間的・精神的に余裕がない状態だと、新人保育士さんへの指導が思うように進まない可能性もあります。

 

そのような事態に陥らないよう、指導担当の方の業務の負担軽減に取り組んだり、相談し合える環境を作り上げたりして、フォロー体制を整備していきましょう。

 

定期的に面談する

 

新人保育士さんは環境に慣れるまでに時間がかかることが予想されるため、定期的に面談を行い、積極的にコミュニケーションの場を設けるようにしましょう。

 

面談では悩みや不安の有無などを聞き、精神的なケアができるように配慮するとよいかもしれません。

 

また、業務で忙しい場合は朝の朝礼後、園内の清掃時などに「何か不安はない?」、「悩みがあるなら話してね。」など、新人さんに一言伝えることを意識すると、信頼関係を育むきっかけとなるしょう。

 

研修・講習会を開く

 

新人保育士さん向けに保育活動に必要な知識な技術を習得を支えるために、研修や講習会を積極的に開くことも大切です。

 

厚生労働省の「保育士が働きやすい職場づくりの手引き」の資料によると、保育内容の専門性を高めるために外部から講師を招き、年間で5回のコーチング研修や保育カウンセラー研修を開催してる保育施設もあります。

 

担当する子どもの年齢に応じて「1歳児は、生活の全般の援助を行う」、「5歳児は、身の回りのことを自分でこなすことができるように自主性を育てる」など保育のねらいも異なるため、普段の保育に活かせるような研修や講習会を開催できるとよいですね。

 

出典:保育士が働きやすい職場づくりの手引きP26/厚生労働省

新人保育士の育成に取り組み、長期雇用の実現へ

新人保育士さんの育成に取り組むためには、マニュアルの作成や精神的ケアができるよう、面談の設定などを行うことが重要です。

 

環境に慣れない中で、1人で悩みを抱えてしまうと早期離職につながる可能性もあります。

 

長期雇用を目指し、新人保育士さん一人ひとりがキャリアアップできるような職場環境を整備していきましょう。

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

関連する記事

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

人材の育成や定着化のために重要な役割を持つ「保育士の新人研修」。人手不足の保育業界において...

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

22卒の保育学生さんに向けて、冬採用に取り組む保育施設もあるかもしれません。次年度の人手が...

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

新卒の保育学生さんを採用しても、内定辞退の申し出を受けるケースがあるかもしれません。人材を...

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

内定者に入職意思の確認や労働条件の説明などを行う「内定後面談」。保育園での面談に向けて、事...

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

面接テクニックとしてよく耳にする言葉「アイスブレイク」。面接に関係のない天気や地域のネタを...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!