北海道檜山郡厚沢部町の保育士求人一覧

緩やかに許可保育所を利用する子どもの増加

北海道檜山郡厚沢部町は、緩やかに許可保育所を利用する子どもが増えている地域です。2012年4月時点では88人でしたが2016年10月時点で111人が利用しています。定員数は200人に定められているので、すぐにでも北海道檜山郡厚沢部町の許可保育所を利用可能です。全ての許可保育所は、北海道檜山郡厚沢部町で運営されています。また待機児童が発生していないのが北海道檜山郡厚沢部町にもなっており、子育て環境充実を目指しています。
エリア
エリア: ...
市区町村
市区町村: ...
職種
職種: ...
雇用形態
雇用形態: ...
給与
給与: ...
施設形態
施設形態: ...
こだわり
こだわり: ...
  • 社会福祉法人幸友福祉会

    家庭の延長上のような、アットホームな雰囲気を大切に、楽しく保育を行なっています!

    • 初心者歓迎
    • 住宅補助あり
    • ブランクOK
    • 産休育休制度

    社会福祉法人幸友福祉会は、北海道札幌市内にて4つの保育施設を運営しております。長年の運営実績のノウハウを活かし、子どもたちが心身ともに健やかで逞しく成長できるようサポートしています…

    本社所在地 北海道札幌市東区北三十二条東13-1-26
    事業エリア 北海道
    運営施設種別 認可保育園、保育園
  • 01

    キープ

    家庭と共に基礎的な生活習慣づくりを実践する、厚沢部町の保育所です。

    ※こちらの園はすでに閉園しております。厚沢部町の市街地に設けられている厚沢部保育所は、1965年から50年以上にわたり町立保育所として運営されていました。町内3か所の保育所との合同保育で、異年齢・同年齢の児童との交流が定期的に行われていたようです。異世代交流をねらいに、町内の老人ホームで歌やお遊戯を披露することもあったそうです。保育所は町民交流センターの隣で、町立図書館まで徒歩5分の立地でした。""考えていることを素直に表現する力、そして相手の話を上手に聞ける態度を養う。""(平成30年度厚沢部町立保育所のしおりより引用)保育所生活の中で、相手の話を聞く態度を育てる教育を実践していたようです。※2019年6月28日時点

    厚沢部保育所
    • 施設情報

    所在地
    北海道檜山郡厚沢部町新町181-21
    アクセス
    厚沢部町役場徒歩4分
    施設形態
    認可保育園
  • 02

    キープ

    相手の身になって考える力を育てる保育を行う、厚沢部町の保育所です。

    ※こちらの園はすでに閉園しております。厚沢部町南部に位置する館保育所は1970年に設立された保育所で、定員は60名です。自由遊びやクラス別保育を通じて、協調性や日常生活のリズムを確立する幼児教育に取り組んでいるそうです。四季の変化に合わせた遊びを通じて、基礎体力づくりを実践しているようです。七夕会やクリスマス会など季節ごとに様々な行事を行っているようです。保育所の周辺には、町立小学校や地域振興センターがあります。""考えていることを素直に表現する力、そして相手の話を上手に聞ける態度を養う""(平成30年度厚沢部町保育所のしおりより引用)おやつ作りや食べ物に関するごっこ遊びを通じて、食への興味関心を引き出す食育にも取り組んでいるようです。※2019年6月30日時点

    館保育所
    • 施設情報

    所在地
    北海道檜山郡厚沢部町館町116-2
    アクセス
    厚沢部町役場車15分
    施設形態
    認可保育園

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

キャリアアドバイザー
専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

子どもの健康な成長を実現する為の環境整備

厚沢部町で生活している子どもが健康的に成長できるように学校で支給される学校給食は、厚沢部町の食材を使用してバランスよく支給されています。郷土芸能に触れ合う事で、子どもに郷土の大切さを教えられる教育にも力を入れている地域です。安全な通学を実現する為にスクールバスの運行や厚沢部町の通学路交通安全プログラムも行われています。効率よく子どもの教育を行えるようにICT機器導入も積極的な取り組みが実施されています。

多くの名所が存在している厚沢部町

厚沢部町は多くの名所が存在している地域で、土橋自然観察教育林や五葉松自生北限の地など自然豊かなエリアです。うずら温泉は、多くの観光客が訪れるスポットの一つで、厚沢部町の大切な収入源になっています。メークインや光黒大豆の栽培が盛んで、農業が発展しているのが厚沢部町です。厚沢部町民にとって、大切な移動手段が函館バスになっており、多くの町民が利用しています。太鼓山や二つ山の他にも厚沢部川があって、昔から自然が守られている環境です。

北海道の求人を市区町村で絞り込む