北海道樺戸郡月形町の保育士求人一覧

月形町で保育士として働くために

月形町の保育所は今まで町内に1か所ずつあった保育園と幼稚園が統合され、認定こども園が平成28年に開設されました。定員は80名で、乳幼児は生後6か月から、小学校就業までの子どもを保育することができます。 現在この子ども園では保育士の資格を有する保育教諭を募集中です。詳細については、保育士専門の求人サイトに掲載があり、保育士の資格があれば上記の施設で働くことができるでしょう。他は幼児教室の指導員などのお仕事の求人も掲載されています。
エリア
エリア: ...
市区町村
市区町村: ...
職種
職種: ...
雇用形態
雇用形態: ...
給与
給与: ...
施設形態
施設形態: ...
こだわり
こだわり: ...
  • 社会福祉法人幸友福祉会

    家庭の延長上のような、アットホームな雰囲気を大切に、楽しく保育を行なっています!

    • 初心者歓迎
    • 住宅補助あり
    • ブランクOK
    • 産休育休制度

    社会福祉法人幸友福祉会は、北海道札幌市内にて4つの保育施設を運営しております。長年の運営実績のノウハウを活かし、子どもたちが心身ともに健やかで逞しく成長できるようサポートしています…

    本社所在地 北海道札幌市東区北三十二条東13-1-26
    事業エリア 北海道
    運営施設種別 認可保育園、保育園
  • 01

    キープ

    アットホームな環境にて、他の幼稚園とも交流しながら感性を高めています。

    「月形大谷幼稚園」は北海道樺戸郡にある学校法人月形大谷学園により運営されてる幼稚園です。最寄り駅としては、学園都市園の石狩月形駅が歩いて15分ほどのところにあります。この幼稚園のすぐ北側には、池を有する「月形町皆楽公園」があり、その中には「月形皆楽公園キャンプ場」もあります。少し歩くと石狩川も流れています。この幼稚園では、近くの大谷幼稚園などと交流をしているそうで頻繁に合同保育が実施されているようです。また、幼稚園ではウサギなどの動物を保育しているようで、子ども達は生き物とのふれあいを通して思いやりの心を育んでいるようです。なお、戸外活動も頻繁に行うようで近くの公園を走り回っては丈夫な体作りに励んでいるようです。※2018年3月1日時点

    月形大谷幼稚園
    • 施設情報

    所在地
    北海道樺戸郡月形町字新生10
    アクセス
    学園都市線石狩月形駅徒歩12分
    施設形態
    幼稚園
  • 02

    施設情報 月形町花の里保育園

    社会福祉法人札親会

    キープ

    健康的な身体作りを軸に、様々な体験から表現や興味などを伸ばしています。

    花の里こども園は、月形町花の里保育園を前身としており、2016年4月1日より認定こども園として新たなスタートを切りました。定員は、満6ヶ月から就学前までの80名で、地域子育て支援拠点事業や一時的保育事業にも取り組んでいるようです。最寄り駅からは徒歩18分の立地で、周囲には畑が多い環境です。""一人ひとりに寄り添い、個性を尊重した丁寧な保育に努める""(社会福祉法人札親会公式HP花の里こども園より引用)和太鼓では協力して作り上げる喜びを感じ、リズムあそびでは健康な身体作りを目指し、園芸活動では命や自然への興味を伸ばすなど、心と身体のバランス良い育ちのために様々な体験を取り入れているそうです。※2018年03月02日時点

    月形町花の里保育園
    • 施設情報

    所在地
    北海道樺戸郡月形町46-1
    アクセス
    学園都市線石狩月形駅徒歩18分
    施設形態
    保育園

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

キャリアアドバイザー
専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

月形町の教育関連の取り組みについて

月形町には小学校、中学校が1つずつあり、町の教育委員会はさまざまな催しを行って子どもたちの学習意欲を引き出そうとしています。特に体力づくりには熱心に取り組んでおり、毎年4月には町民全体に町民体力測定を受けるようにうながしています。身長、体重などの計測に加えて、100メートル走の速度なども記録されるようになっており、ちょっとした運動会のように盛り上がります。 他にも子ども水泳教室や、歩け歩け大会などの実施を行い、子どもたちを元気に強く育てています。

月形町の地域の特性について

現在の月形町はオートキャンプ場があり、自然と交流を持てる場所として観光客がやってくる土地になっていますが、昔はごく初期に開拓が行われた土地であり、大勢の開拓者が入植して道路や家屋を作りました。その中には囚人も多く含まれていたといいます。 開拓の目途がたったときにはもはや囚人たちの姿はなく、現在の月形町の原型ができあがっていました。農業がさかんであり、花のピートモスの栽培が行われています。 今後はレジャー施設である道民の森をはじめ、観光事業に力を入れていこうと努力しているところです。

北海道の求人を市区町村で絞り込む