保育士の髪色やトーンはどの明るさまでOK?グラデーションやインナーカラーを入れる場合

最近は髪色自由の園もあるなど、おしゃれを楽しむ保育士さんもいるようです。しかし、実際にどの程度の明るさなら問題ないのか、またデザインカラーはOKなのかなど、気になることが多いのではないでしょうか。今回は、保育士の髪色事情を紹介します。また、転職時や研修中、1年目の保育士さんに適した髪色についてもまとめました。


髪の毛を整える女性

takayuki/shutterstock.com

 

保育士の髪色はここを見て判断しよう

保育士の仕事は、安全面の問題から洋服やアクセサリーなどでおしゃれをしにくい職業ですよね。しかし、髪色自由という園があるなど、髪色は服装よりも自由度が高いかもしれません。

 

とはいえ、自由だからと言って赤やピンク色など派手な色でもよいというわけではありません。

 

保育士さんがヘアカラーに挑戦する際、どのようなポイントをチェックしておくべきなのでしょうか。

 

保育園の規則

 

髪色を変える前に、園の決まりがないかを確認しましょう。

 

完全に自由という場合もあれば、色や明るさについて一定のラインを設けているなど、園ごとに認識は異なります。

 

また、就業規則に具体的に定められていなくても、園長先生や主任保育士さんのなかで「このくらいまでならOK」という目安がある可能性もあるでしょう。

 

トーンが落ち着いていたり黒に近い色に染めたりする場合でも、まずは規則を確認することが大切です。

 

職員さんのファッションテイスト

 

いっしょに働く保育士さんたちが、どのような髪色やファッションなのかを見て判断することも大切でしょう。

 

周囲が落ち着いた髪色のなかで1人だけ明るい髪色にしていると、周りから浮いている印象を持たれてしまう可能性もあります。

 

そのため、他の職員さんの雰囲気を確認したうえで、周囲になじむようなカラーやトーンを選ぶとよいかもしれませんね。

 

保護者の反応

 

保護者の目にどのように映るかといったことも意識しましょう。

 

長らく担任を務め信頼関係を築けている保護者であれば、多少明るい髪色であっても気にしないという方もいるかもしれません。

 

しかし、新人保育士さんや初めて担任をする保育士さんに預ける場合、関係を築くまでは保護者側も不安を抱えていることが考えられます。「髪色が明るい=派手」という印象を与えないようにするためにも、まずは落ち着いたカラーやトーンを心がけるとよさそうですね。

 

保育士さんの髪色について厳しく決まりを設けている園は多くはないものの、子どもを預かるうえで適当かといったところが重視されるでしょう。

 

そのため、髪色を変える際は単純にファッションとして色を選ぶのではなく、子どもを保育するうえでふさわしいかといった点を念頭に置くとよいかもしれません。

【ケース別】ふさわしい保育士の髪色

髪色に関する明確な規則がない場合、判断に困ってしまうケースもあるようです。ここでは、ケースごとにふさわしい保育士の髪色を紹介します。

 

研修期間

 

研修の間は、明るくなく地毛に近い自然な髪色であることが望ましいとされています。

 

研修期間は、今後仕事をしていくうえでとても大切になります。

期間中の行動や態度はしっかりチェックされていることもあるので、現時点で髪が明るい場合は研修が始まる前に地毛に近い色に戻しておくとよいかもしれませんね。

 

1年目の新人保育士の期間

 

新しい園に転職した1年目の新人保育士さんは、はじめのうちは自然な髪色にしておくとよいかもしれません。

 

初日に明るい髪色で出勤して周りから浮いてしまうといったことがないように、まずは他の保育士さんの様子を見てから判断しましょう。

 

1年目のうちにどのような雰囲気の園か、同僚や先輩・保護者の様子などを見極めておくとよいですね。

 

転職活動中

 

転職活動中は、自分の髪色が面接官に対してどういった印象を与えるかを考えて判断しましょう。

 

応募者の見た目で採用の可否が決定してしまう可能性もあるので、落ち着いて見える黒・またはナチュラルなカラーが好ましいかもしれません。

 

また、金髪やピンクなど明るい髪色はスーツから浮いてしまいます。転職活動では清潔感が重視されるため、髪色が心配な方は服装との統一感を考えて控えめな色にしておくとよいでしょう。

保育士の髪色、これはOK?

保育士さんが髪色を変えるうえで意識したいのが、色味とトーンです。

 

ここでは、控えめながらもおしゃれを楽しめる保育士さんにぴったりのデザインカラーを紹介します。

 

アッシュカラー


アッシュカラー

SCphoto28/shutterstock.com

 

赤味や黄味を抑えられ、透明感が出ると人気のアッシュカラー。

灰色がかったくすみのある色を基調としており、ピンクやグレーを混ぜた色など、色味のバリエーションを楽しめるのが特徴です。

 

髪色自由の園であれば、アッシュグレーやアッシュベージュなどのカラーを楽しむのもよいでしょう。

 

また、ブリーチをすると退色が早くなり明るくなりやすいため、ブリーチせずに落ち着いたトーンにするとよさそうです。

 

グラデーションカラー


グラデーションカラー

Maaleenn/shutterstock.com

 

髪の根元は濃く暗めのカラーで、毛先にかけて自然と明るくなっていくように染めるのがグラデーションカラーです。根元が暗めなので生え際が目立たず、長い髪も軽やかな印象になるでしょう。

 

ただし、グラデーションカラーは時間が経つと毛先の色が抜けて明るくなりやすいという特徴があります。そのため、色落ちしたことを想定して色味やトーンを選ぶのがポイントでしょう。

 

毛先の明るさが気になる方は、お団子スタイルにするなどして目立たないように工夫するとよいかもしれません。

 

インナーカラー

 

インナーカラーとは、髪の毛の内側に表面とは別の色を入れてアクセントをつけるデザインカラーのことです。

 

髪を下ろしているときは表面しか見えず、髪を結んだりかきあげたりしたときに内側のカラーを見せることができます。

 

髪色に関する規定がない場合は、インナーカラーに挑戦してみてもよいかもしれません。ただし、あくまでさりげなく、自然なグラデーションになるようにすることがポイントです。

 

トレンドのピンクや赤、オレンジなどは派手な印象を与えてしまう恐れがあるので、落ち着いたトーンのグレージュやアッシュベージュなどにするとよいかもしれません。

 

ハイライトカラー


ハイライトカラー

low shiwei/shutterstock.com

 

ハイライトカラーとは、髪の毛全体をブリーチするのではなく、表面に部分的にブリーチをして色を入れるデザインカラーです。

 

ハイライトを入れるとさりげなく髪色が明るくなり、立体感や動きを出すことができます。

また、全頭ブリーチをしないため地毛が伸びてきても目立ちづらく、忙しい保育士さんにぴったりかもしれません。

 

ハイライトは髪の表面や顔周りに入れることが多いので、単色のカラーよりもマイルドに仕上げることができます。

 

しかし、表面に多く入れすぎると派手な印象になってしまうため、美容師さんと相談しながら落ち着いたトーン、かつ細かい束でさりげなく入れてもらうようにしましょう。

保育士の髪色は、園の雰囲気や規則を確認したうえで決めよう

今回は、保育士の髪色について、染める前に確認しておきたいことや、グラデーション、インナーカラーなどデザインごとのポイントなどを紹介しました。

 

保育士の髪色は、園によって認識が異なります。そのため、まずは園の規則を把握し、他の職員さんのスタイルを確認することが大切でしょう。

 

また、研修期間中や1年目の新人保育士さんなどは、園の雰囲気から浮かないよう黒や暗めの茶色など、控えめな髪色・トーンにしておくとよいかもしれません。

 

園の決まりや周囲の雰囲気を確認したうえで、髪色自由という場合はハイライトやアッシュカラーに挑戦してさりげないおしゃれを楽しんでみるのもよいですね。

 

気になる保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの中には、貯金を考えていてもなかなか実行できていないという方もいるでしょう。「給...

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!