仕事の帰宅後すぐ寝てしまう保育士さんの悩み。ストレスなどの原因と解決方法

仕事を終えて帰宅後の貴重な時間。ゆっくりと自分の時間を過ごしたいのに、すぐに寝てしまうという保育士さんも多いのではないでしょうか。「帰宅後は疲れて動けない」、「何もできない」ということが続き、さらにストレスがたまることもあるかもしれません。今回は帰宅後にすぐに寝てしまう原因や解決方法について紹介します。


女性の寝落ち

polkadot_photo/shutterstock.com

 

仕事を終えて帰宅後にすぐに寝てしまう原因とは

保育士さんの仕事は業務量が多く、常に時間に追われながら多忙な毎日を過ごしている方も少なくないでしょう。

 

特に人手不足の保育現場では、多くの業務を抱える状況が続いてしまい、保育士さんの疲労やストレスの負担は非常に大きいのではないでしょうか。疲れが顕著に感じられる場合もあれば、無意識のうちに疲労が蓄積していくこともあるでしょう。

 

多忙な毎日を過ごすことによって、帰宅後は何もできずすぐに寝てしまい、その状況に悩む方もいるかもしれません。

 

まずは、帰宅後にすぐ寝てしまう原因についてみていきましょう。

 

疲労とストレスの蓄積

 

適度な疲労やストレスであれば、余暇にゆったりした時間を過ごしてリラックスしたり、好きなことをしたりすることで、解消できることもあるでしょう。

 

しかし、過度な疲労は自分がまだ起きていたくても、脳が睡眠をとることで身体の回復をはかろうとします。その結果、自分の意志とは関係なく眠くなってしまい、気がついたら朝になってしまうこともあるようです。

 

また、精神的なストレスも心に大きな負担がかかり気持ちが疲れてしまいます。朝、仕事にいきたくないと感じる日もあるでしょう。そのときに眠気がとれずに睡魔が襲ってくるのも、身体が回復をはかろうと睡眠を必要としている表れかもしれません。

 

夜中に目が覚めて睡眠不足

 

帰宅後に疲れて何もできないと感じたとき、そのままの状態で寝てしまうと眠りが浅く、夜中に目が冷めてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

夕食や入浴など、リラックスする時間をとれないまま寝てしまうことで、睡眠の質が下がったり、熟睡できなかったりする場合も多いかもしれません。

 

また、夜中に目が覚めると、目が冴えてしまいその後は寝つけなくなる方もいるようです。この状態を繰り返すとことでトータル的な睡眠時間が不足し、さらに疲労が溜まるという悪循環に陥りやすくなってしまうでしょう。

 

緊張が解けて脱力感に見舞われる

 

仕事中は子どもの保育だけではなく、職場の人間関係や保護者の方への対応に神経を使うことも多く、緊張状態にある保育士さんも少なくありません。

 

自宅に帰ると、仕事中に張りつめていた緊張の糸が切れたように、強い脱力感を襲われることもあるかもしれません。日頃からさまざまなことに気を遣い、常に気を張っている状態でいると、その反動が大きく出てしまい家に着くと一気に疲労に襲われて、もう動けないと感じるケースも多くあるようです。

 

保育士さんの退職理由で一番多い理由は「人間関係」という調査結果もあります。職場の雰囲気が悪いと身体に大きな負荷がかかり、精神的なストレスは蓄積されるでしょう。

 

家具やインテリア配置に問題がある

 

自宅の家具やインテリアの配置によって、すぐに寝てしまいやすい状況を作り上げているケースもあるでしょう。

 

例えば、身体に負担がかかりにくいソファベッドや、枕にできるクッション・タオルケット類が側にあり、そのまま寝てしまえる環境の方もいるのではないでしょうか。

 

リラックスできる環境はストレスの解消や疲労回復には望ましいかもしれませんが、帰宅後そのまま眠ってしまうことも多くなるでしょう。

 

家具やインテリアの配置を工夫して、自分が寝つきにくい状況にすることで、つい寝落ちしてしまう回数も減らすことができそうです。

帰宅後にすぐ寝てしまうことによる悪影響

帰宅後に何もできない・動けない状態になり、そのまま寝てしまうことでさまざまなリスクが起こる可能性があります。ここでは、すぐに寝てしまうことで起きる悪影響について考えてみましょう。

 

入浴ができない

 

仕事の後、入浴せずに寝てしまうと睡眠の質の低下を招く恐れがあるでしょう。

 

老廃物が体の中にたまると、体温が上がりにくくなります。本来、身体の温度が上がることで脳が体温を下げようと熱を体外に排出します。熱の放出によって体温が下がる過程で身体は眠気を感じて深い眠りに入ることができます。

 

しかし、入浴せずに寝てしまうと体温が上昇せず熱の放出が行われないことから眠りが浅くなり、睡眠の質の低下につながることもあるようです。

 

寝ているのに疲れがとれにくい場合、睡眠の質が低下していることも原因のひとつかもしれません。

 

自律神経が乱れる

 

浅い眠りや寝落ちしてしまうことにより、疲労やストレスを解消できない状況が続くと、自律神経への悪影響につながってしまうこともあるようです。

 

自律神経が乱れると、過食になったり倦怠感がとれなくなったり、人によっては便秘や冷え性などが悪化することもあるでしょう。

 

精神面では不安やイライラなどがおきやすく、安定した状態で仕事をすることが困難になることも少なくありません。

 

慢性的に疲労が蓄積する

 

質の高い睡眠がとれないことから、身体や精神が休まらず継続的な疲労状態に陥るでしょう。

 

疲れやだるさを感じる中で、多岐に渡る保育業務を行うことは保育士さんをより一層辛い状況に追い込むことにもつながるでしょう。

 

疲労感は身体だけではなく心の余裕もなくしてしまうことが多々あります。常に子どもと接する保育士さんの心の負担は、自分にも周囲の子どもにも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるかもしれません。

帰宅後すぐに寝てしまわないための解決策


リフレッシュする女性

metamorworks/shutterstock.com

 

帰宅後すぐ寝てしまう場合の、解決アイデアを紹介します。

 

すぐに入浴する

 

帰宅後、なるべく早い段階で入浴しましょう。

 

入浴は睡眠の2~3時間前がよいとされています。余裕があれば逆算して自分のペースで調整しますが、少しでもゆっくりしてしまうとそのまま寝てしまうこともあるでしょう。帰宅後できるだけ早いタイミングでお風呂へ向かってもよいかもしれません。

 

入浴は、体温が上昇し体内の血流がよくなるようです。血流がよくなると新陳代謝が上がり老廃物を身体から排出しやすくなるため、疲労軽減につながりやすくなるでしょう。

 

ただし、熱すぎるお風呂は交感神経が活発になり興奮状態に近くなってしまうため、寝つきが悪くなることもあるようです。高温ではなく、ぬるめのお湯で入浴するとよいでしょう。

 

何か作業をするまで座らない

 

「夕飯を作る」「入浴する」などの作業を終えるまで座らないという方法もあるでしょう。

 

座ってしまうとそのまま動けない状態になってしまい、寝てしまう場合も多いかもしれません。その場合はあえてソファや椅子に座らず、先に行おうとしていた作業に取り掛かるとよいでしょう。

 

ただ、身体が強い疲労を感じているときは無理をせず「できるところまで」少しずつ行うと、負担を感じずに取り組めるかもしれません。自分に合ったペースではじめてみるとよいでしょう。

 

適度な運動をする

 

休日や通勤の時間を利用して、運動をしてみてもよいでしょう。

 

「一駅分歩く」、「散歩をする」など自分が行いやすいもので構いません。適度な運動は気分のリフレッシュ効果を生むこともあるでしょう。

 

緑の多い場所を歩いたり好きな音楽を聞きながら動いたりすることで、ストレスの解消につながることもあるかもしれません。

 

朝活に生活スタイルを切り替える

 

帰宅後にどうしても眠くなってしまう場合は、時にはそのまま欲求に従ってもよいでしょう。眠気は身体が必要としているから出てくるものでもあるため、まずは睡眠をとることも悪いことではありません。

 

その代わり、少し早起きをして「朝活」を取り入れ、朝の時間帯にやりたかったことなどを行うとよいでしょう。仕事以外何もできないという状況は、プライベートな時間を持てずさらなるストレスにもつながりやすいでしょう。

 

余暇は夜だけと決めずに、朝に活動することで心のリフレッシュをはかってみてもよいかもしれません。

帰宅後すぐに寝てしまう原因を払拭して、仕事後の時間を有意義に過ごしましょう

今回は、保育士さんが帰宅後にすぐに寝てしまう理由と改善アイデアについて紹介しました。

 

多忙な保育士さんは、自分のための時間を作りにくく疲れやストレスを溜め込んでしまうことも少なくないでしょう。自分に合った方法で、できるところから取り組んでみることが負担の軽減につながります。

 

無理をせずに、自分の身体と心のバランスをとりながら余暇を過ごしてみてくださいね。

 

土日休みの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの中には、貯金を考えていてもなかなか実行できていないという方もいるでしょう。「給...

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!