先生の製作 2018年05月18日

【動画】抱っこひもよだれカバー かんたん手作り



園児が大きくなってくるにつれて、抱っこひもをなめたり、しゃぶったりするようになってきますよね。よだれで抱っこひもが汚れてしまわないようにする時に、よだれカバーが役に立ちます。好きな柄でオリジナルのよだれカバーを作ってみませんか?手軽にかわいいよだれカバーができますよ!作り方を保護者の方に紹介してもいいですね♪


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・ガーゼタオル 2枚(綿100% 20×25cm)
・タオル(20×25)1枚 吸収性の良いものがオススメ
・針
・糸
・はさみ
・スナップボタン 3組 マジックテープでもOK
・マチ針


作り方



1.ガーゼの1枚目は表、2枚目は裏、1番上にはタオルを順番に重ねていきます。

20180215-04b.jpg
2.裏返し用の幅外側5cmをあけて1周縫います。

20180215-04d.jpg
3.あけた部分から内側を引き出して裏返しにしていきます。

20180215-04f.jpg
4.あいている部分を縫って閉じます。

20180215-04h.jpg
5.ボタンをつける所に6ヶ所印をつけていきます。

20180215-04i.jpg
6.印をつけた所にスナップボタンを置いて縫いつけたら完成です。

20180215-04j.jpg


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


ポイント1 手作りの抱っこひもカバーはかんたん♪



市販のものでかわいいよだれカバーもたくさん売っていますが、使わなくなったガーゼタオルがあればオリジナルのよだれカバーが簡単につくれます!
抱っこひもを使う期間は限られているので、たくさんはいらないけれど気分を変えてかわいいよだれカバーを使いたい!と思ったときに自分で手作りしてみませんか?
スナップボタンよりも簡単に作りたい場合は、マジックテープを代用しても作れます。
100円ショップでも幅、カラーを豊富に揃えているので、材料を選びながら作れて楽しいでしょう。
リバーシブルで使えるので、その時の気分で使えるのもうれしいです。


関連記事

新着記事

特集コラム一覧