保育補助は無資格でも働ける?仕事内容や求人状況、志望動機の例

保育現場で働ける仕事の一つに、保育補助があります。主に保育士のサポートをする役割を担っており、資格なしでも働くことができるため、未経験の方も挑戦しやすそうですよね。今回は、保育補助の役割や仕事内容、求人状況や給料事情を紹介します。また、保育補助として働くうえでの楽しい点や辛いこと、志望動機の例文もまとめました。


保育園で働く保育補助の写真

milatas/shutterstock.com

 

保育補助とは?

保育補助とは、保育現場において保育士さんの仕事をサポートする役割を担っている職員のことです。

 

無資格でも保育園で働くことができるため、初めて保育に携わる社会人や保育学生にも人気の職種と言われています。

 

ここでは、具体的な役割や、保育補助が必要とされる理由などを紹介します。

 

保育補助の役割

 

保育補助は、人手不足が慢性化している保育現場において、保育士さんの手が回らない部分の業務を担当する役割を担っています。

 

主にヘルプとして位置づけされることが多く、保育施設をスムーズに運営できるように手助けをするのがメインと言えるでしょう。

 

保育補助が必要とされる理由

 

保育補助が求められている理由として、保育士不足が挙げられます。

 

待機児童解消に向けて新しく保育施設が設立されていることや、既存園での保育士の離職、潜在保育士の増加などの問題があり、保育士の人手が足りていないという現状があります。

 

このような状況を受けて、保育士さんの負担軽減・離職防止を目的として「保育補助者雇上強化事業」が設置されました。

 

無資格の保育補助者の雇用に必要な費用を支援する制度で、積極的に職員の雇用管理や労働環境の改善に取り組んでいる事業者に対して支給されます。

 

近年ではこの取り組みを活用して、アルバイトやパートで保育補助を採用する園も増加しており、引き続き保育補助の需要が高まっていくことが予想されるでしょう。

 

出典:保育補助者雇上強化事業/首相官邸ホームページ

 

 

保育補助の仕事内容

それでは、保育補助はどこまでの仕事内容が任されるのでしょうか。

 

保育補助の先生が任される業務

 

保育補助の仕事内容は園によって異なりますが、基本的には以下がメインのようです。

 

  • 掃除や片付け、翌日の準備
  • 保育日誌の記入
  • 行事の準備や当日の対応
  • 壁面や製作物などの作成
  • 保育士との共同保育

 

保育士さんのサポートをすることが、保育補助の仕事内容と言えるでしょう。

 

人員配置によっては、子どもたちの寝かしつけやおむつ替え、食事介助といった直接的な保育をすることもあるかもしれませんが、保育士さんに比べて子どもに関わる業務の幅は少ないようです。

 

保育士さんのようにクラスを担任したり、保育計画を作成したりすることはなく、先生方の指示に従ってサポート業務にあたることが主な役割と考えるとよいですね。

 

保育補助の先生の1日

 

保育補助の1日の仕事内容は、保育園のスケジュールに沿ってさまざまな業務を任せられます。
ここでは、ある1日の仕事内容の例を見ていきましょう。

 

保育補助の1日の仕事内容
業務 詳しい内容
受け入れ 登園した子どもたちを保護者から預かります。
いっしょに遊び、朝のうちに活動の準備をします。
朝の会 集まって今日の予定を確認したり朝の歌を歌ったりします。
保育活動 担任の保育士さんが考案した運動や製作、ゲームといった活動を行います。
準備をしたり、子どもたちのサポートをしたりするでしょう。
着替え 汗をかいた衣服を取り替えます。
おむつ替えやトイレの補助を任されることもあるようです。
給食 配膳や片付けの手伝いを行います。
まだ1人でうまく食べられない年齢では、介助をすることもあります。
午睡 布団を敷いて午睡(お昼寝)をします。
子どもの側でトントンをしたり、おんぶをしたりと寝かしつけます。
おやつ 給食と同様に配膳や片付けの手伝いを行います。
午後の活動 好きな遊びをして過ごす園が多いようです。
クラスが落ち着いていたら、装飾物の準備や事務仕事などを任されることもあるようです。
帰りの会 1日を締めくくる会を行います。
延長保育 お迎えが遅い子どもたちは延長保育の部屋で過ごすことが多いようです。
子どもを見守ったり、掃除や戸締りをしたりします。

 

このように、保育園の生活の流れに沿って、子どもたちの生活や保育士さんの仕事内容をサポートしていきます。

 

園の状況によっては、製作物を作ったり、園内の掃除や洗濯をしたりと、雑用に専念する時間もあるでしょう。

 

仕事内容にはどこまで行うかという決まりはありませんが、保育士さんの指示を聞きながら臨機応変にサポートする行動力が必要と言えるかもしれません。

 

プレミアム求人

 

保育補助の働き方と待遇・給料事情

玩具の点検をする保育補助の写真

milatas/shutterstock.com

 

保育補助として働く場合、どのような働き方があるのでしょうか。給料や雇用形態、求人状況から見ていきましょう。

 

雇用形態

 

保育補助の雇用形態は、基本的には正社員よりもアルバイトやパートが中心となっています。

 

無資格でもなれるため、未経験の方を募集している園もあるようですが、保育経験があると優遇されやすいかもしれません。
子育て経験などがある方は、志望動機を書く際にアピールすることもできますね。

 

また、保育補助者雇上強化事業において、園に対する支援費用の支給条件に「保育補助者には、保育士資格の取得に努めること」と規定されています。

 

それを受け、資格取得の際には祝い金を支給する、パートから正社員へ登用する制度を導入するといった福利厚生のある求人もあります。

 

未経験の方にとっては、資格なしからスタートし、働きながら資格の取得に励みやすい環境があると言えそうですね。

 

給料事情

 

パートやアルバイトなどの求人が多い保育補助の場合、給料がいくらもらえるのかも気になるところでしょう。

 

ここでは、厚生労働省の資料をもとに、保育士と保育補助の給料を以下の図で比較してみました。

 

私立保育所で働く保育士と保育補助の月給 ※どちらもボーナス込み
  常勤 非常勤
保育士 30万1823円 18万7816円
保育補助 22万3584円 16万8561円

 

このように、保育士と保育補助の給料には多少なりとも差があることがわかります。
特に、正社員の常勤保育士と保育補助の場合、約8万円の差が発生しています。

 

また、パート保育士の時給はおよそ1000円から1500円程度が平均的ですが、資格なしのパート保育補助の時給は950円から1100円程度と言えるでしょう。

 

地域や運営法人によって違いはあるものの、保育士資格を持っていると時給が100円程アップすることもあるようなので、求人票を確認してみましょう。

 

保育補助がスキルアップする方法

 

求人によっては保育スキルを求められることもある保育補助の仕事ですが、スキルアップに役立つ資格として「子育て支援員」があり挙げられます。

 

子育て支援員とは、子育て支援に関わる仕事に就きたいと考える無資格の方向けにできたもので、新しい子育て支援の担い手として注目されている資格です。

 

施設によっては、配置基準において保育士としてカウントされることもあり、今後、補助職員としての需要が高まっていくことが予想されるでしょう。

 

子育て支援員になるには、自治体が実施する子育て支援員研修を受講する必要があります。

 

受講料は基本的に無料で、一般的に1週間程度で修了できるなど取得しやすい資格であるため、資格なしで不安という方は資格の取得を目指すのもよいかもしれません。

 

出典:保育補助者雇上強化事業/首相官邸

出典:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】/内閣府

 

保育補助の求人状況

保育補助の求人は、多くの保育施設で募集されています。

 

先ほど説明したように、アルバイトやパートとして募集をかけている園が多いようですが、正社員の保育補助求人もあるようなので、希望の働き方が実現できる園を探してみるとよいですね。

 

また、無資格OKの求人や、ブランク・未経験歓迎の求人もあるので、保育現場が初めてという方も働きやすいかもしれません。

 

また、1日2時間や4時間からの勤務可能であったり、扶養内でシフトを調整してもらえたりと、プライベートとの両立が実現できる園も多いようです。

 

保育補助の求人一覧

 

保育補助として働くうえでの楽しいことや辛いこと

保育補助として働くうえでのメリットやデメリットとともに、楽しいことや辛いことについてまとめました。

 

楽しいこと・メリット

保育に関する知識を得ることができる

保育補助として働くと、保育に関する知識を得ることができるでしょう。

 

初めて保育現場で働く未経験の方や、保育士資格の取得を目指している方にとって、現場で働きながら実践的な保育の知識を得られることは大きなメリットかもしれません。

 

保育補助は資格なしでも働くことができるため、いずれ保育に携わりたいという方にとっては楽しいと感じられる仕事と言えそうですね。

仕事とプライベートを両立させやすい

保育補助はアルバイトやパートでの勤務がメインとなるため、勤務日数や時間を調整し、自分のプライベートの時間を確保しながら働けるかもしれません。

 

私生活を充実させることができれば、仕事に対する意欲向上にもつながりそうですね。

 

ただし、人手不足の園ではアルバイトやパートであっても週5日のフルタイム勤務が求められる可能性もあります。
希望に合った働き方ができるのか、きちんと求人をチェックしておきましょう。

 

辛いこと・大変なこと

雑務が多いことも

どこまでの仕事を保育補助が任されるかは園によって異なるため、雑務が多いことに対して辛いという声もあります。

 

保育補助はあくまでも保育士さんの仕事内容をサポートする立場であるため、場合によっては子どもとほとんど関われずに、雑用や事務作業ばかりになってしまうこともあるようです。

 

子どもとたくさん関わりたい方にとっては、保育に携われない時間が続くと辛いと感じるかもしれません。

 

求人票に記載されている仕事内容を確認したり面接のときに質問したりして、事前にミスマッチを防いでおくとよいでしょう。

正社員保育士よりも給料が安定しにくい

アルバイトやパート勤務をメインとする保育補助は、正社員に比べると給料水準が低くなりがちというデメリットがあります。

 

そのため、ほかの正社員保育士よりも給料が不安定で、生活に不安を感じる方もいるようです。

 

また、給料は勤務日数や時間に左右されるため、アルバイト・パートだと勤務時間が一定でないことも不安要素の一つかもしれません。

 

安定した給料を得て働きたいという方は、資格取得支援制度などを導入し、正社員へのステップアップを応援している園で働くことを視野に入れてみるとよさそうです。

保育補助の志望動機の例文

最後に、保育補助として求人に応募する際に活用できる志望動機の例文を考えてみました。
面接や履歴書の作成に役立ててみてくださいね。

 

志望動機の例文1

 

私は現在、幼い頃からの夢であった保育士になるため、保育士資格の取得に向けて勉強中です。


知識として学んだことを、実務のなかでより実践的なスキルとして身につけていきたいという思いから、貴園に応募させていただきました。


保育園の仕事は初めてですが、保育補助の仕事をしながら保育士に求められるスキルを吸収していきたいと思います。

 

志望動機の例文2

 

自身の子育てで保育園を利用した際に、保育士の方々にあたたかく受け入れてくださった経験から、保育補助の仕事を志すようになりました。


無資格ではございますが、3人の子どもを育てた経験を活かして、子どもだけでなく保護者の方にも寄り添える職員になりたいと考えています。


保育の知識においてはまだまだ未熟ですが、体力と責任感には自信があります。
子どもたちを縁の下で支える存在となれるよう、精進して参りますのでよろしくお願いいたします。

 

保育補助として働くうえで、「子どもが好き」「心身ともに健康」といった素質は大切になります。また、子どもを預かることへの責任感を持っていることも求められそうです。

 

保育補助の志望動機や自己PRを書くときは、これらの要素を盛り込んでアピールするとよいかもしれませんね。

 

無資格でも働ける保育補助の役割を知って保育現場で働こう

今回は、保育補助とは資格なしでもできるのかや、仕事内容や給料・求人事情などを紹介しました。

 

保育補助は、保育士さんの業務をサポートする役割を担っており、無資格でも保育に携わることができる仕事です。

 

アルバイトやパートでの募集が多いですが、正社員登用や資格取得を支援している求人もあるため、探してみるとよさそうです。

 

保育現場が初めての方は、現場で働きながら保育を勉強したいことを志望動機や面接の場で伝えてみると、熱意をアピールできるでしょう。

 

保育補助の仕事には、楽しい点も辛い点もありますが、これから保育にチャレンジしてみたいという人にはぴったりの仕事かもしれませんね。

 

保育補助の求人を紹介

 

 

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

【徹底解説】保育園で働く栄養士の仕事内容や役割は?求人や給料、志望動機の例文など

【徹底解説】保育園で働く栄養士の仕事内容や役割は?求人や給料、志望動機の例文など

保育園の子どもたちのために、給食の調理や献立作成をする栄養士さん。実際の仕事内容や必要な資...

【2021年最新版】保育園で働く調理師になろう!仕事内容や給料・求人事情

【2021年最新版】保育園で働く調理師になろう!仕事内容や給料・求人事情

調理師免許を活かして働ける場所に保育園があります。栄養バランスのよい給食を作る存在として、...

乳児院で働く看護師とは。役割や仕事内容、給料事情など

乳児院で働く看護師とは。役割や仕事内容、給料事情など

看護師資格を活かして働ける転職先の一つとして、乳児院を検討している方もいるかもしれません。...

ベビーシッターになるには?資格や仕事内容、向いている人の特徴

ベビーシッターになるには?資格や仕事内容、向いている人の特徴

ベビーシッターになるにはどうしたらいいのか知りたい方もいるでしょう。利用者の個人宅などで子...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!