保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

保育のあるある ゆるりホッと相談室タイトル

Q.「園全体の行事の司会が何度やっても緊張してしまいます...」
誕生会、クリスマス会、(懇談会なども)などの行事で、保護者や園長、先輩、大勢の子どもたちに緊張して、何度やっても慣れずに失敗してしまいます。

A.自分で自分自身を応援してあげて!
緊張する~~~!!これ、どうにかしたい!と思っている方は結構たくさんいらっしゃいます。スポーツの世界大会に出場するアスリートの方でも「本番すごく緊張して...」というコメントをされますよよね。
まず、緊張するということは、誰にでもあることで、決して不思議なことでも、ダメなことでもない、という意識を持って欲しいな、と思います。
緊張しちゃう自分に×をつけない、ということです。緊張しちゃうんです。何度やっても慣れないんです。それって悪いことですか?いいえ、決して「悪いこと」ではありません。どうぞ「緊張する自分」を認めて差し上げてください。それだけでもだいぶ楽になります。
緊張というのは「自分」に意識が向いている状態です。「自分」が「自分」にプレッシャーをかけている状態です。ですので、そのプレッシャーを外してあげることで緊張はなくなります。外す方法は2つあります。

行事の少ない求人を紹介


20180112-03.jpg

自分を信じて応援する


1つは「自分を信じて応援する」方法。子どもが何かに挑戦する時、応援しますよね。それを自分にしてあげます。「大丈夫、見ててあげるから。失敗してもいいんだよ。やってみないとわからないよ、大丈夫、上手くできなくてもいいんだよ」そんな風に子どもを応援しますよね。それを自分にしてください。ただ、緊張される方は、その「自分への応援」がそんなにうまいことできないんだよーという方であることがほとんどなので、2つ目の方法を参考になさってください。


意識を自分から相手にスライドさせる


2つ目の方法とは、「自分」にむいている意識を「相手」にスライドさせることです。
すごーく緊張していても、目の前で子どもが鼻血をタラタラ流しはじめたら、「え、○○ちゃん、大丈夫?」となり、自分の緊張...忘れませんか?これが意識を「相手」にスライドさせるということです。
誕生会は、誰のためにありますか?何のためにありますか?はい、子どものため、子どもが楽しい時間を過ごすことが大事ですね。あなたが司会を上手にすること、失敗しないこと、が目的ではなく、子どもが楽しむことが目的です。ですから、子どもたちの顔を見て、楽しいかな?私の声、聞こえてるかな?室内の温度は大丈夫かな?気分の悪い子はいないかな?そんな風に意識をスライドさせて欲しいと思います。
保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


上手くできなくてもいい


保育者が、司会のプロである必要はありません。うまくできなくてもいいと思います。実際に、あなたの司会が下手でダメですと、園長や保護者が言いましたか?多少は上手な人をスゴイなと思うことはあるでしょうが、下手だからダメ、と思っている人は、そういませんよ。あなた自身が自分に×をつけてしまっているだけです。多少の失敗があっても、人間らしくてよいではありませんか。上手でなくても、子どもたちが楽しい時間を過ごしていれば、よいではありませんか。
それでも緊張はしてしまうと思います。でも、いいのです。人は緊張する動物です。そんな自分を認めて、子どもたちのために、ベストを尽くしていれば、それでいいと思います。


プロフィール



内田淑佳(うちだよしか)
一般社団法人そだち 代表理事。心理カウンセラ―。
保育士、認可保育園の園長などを経て、一般社団法人を立ち上げ、子育て支援、保育運営サポート、研修講師を数多く務める。
カウンセラーとしてメンタルサポートの仕事に取り組みつつ、現役の保育士、保育教諭から主任・園長などの管理職、資格取得を目指して勉強中の人、潜在保育士などに向けて、保育の仕事の素晴らしさや、保育をする上で大切なことを伝え続けている。
ウェブサイト https://www.sodachi.net/

関連する記事

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

Q.保護者に「もっと子どもに、こうしてあげて欲しい」と伝えるには? 子どもに対する言葉...

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

Q.行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する? 1歳児の副担任です。組んでいる同僚が凝り...

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

Q.研修で学んだことを自分の園で広げるには? 外部のさまざまな研修に出かけて、知見を...

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

Q.ピアノへの苦手意識がなかなかなくなりません。 ピアノで、生の音で歌を教えたり、歌っ...

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

Q.「初めての学年主任になりましたが、後輩指導が上手くいきません。」 後輩に言わないと...

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

Q.「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回りません!」 日案、週案、月案、誕生会やクラ...

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

Q.「.保育の引き出しをひろげるためにはどうしたらよいか?」 いつも保育がワンパターン...

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

Q.「いつも笑顔でいるのがしんどい......」 保育士は子どものためにいつも笑顔でいる...

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

Q.保育以外の一般社会も経験しておくべきでしょうか? 「今の保育・仕事環境には満足してい...

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

Q.そろそろキャリアも中堅。主任を目指すべきでしょうか? 保育歴も10年を超えてくると、...

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

Q.「新人の指導係を任されたのですが、何をやってもダメで、毎日怒ってばかり。どのように...

保育士お悩み相談 第03回「自分にとって、よい保育とは?」

保育士お悩み相談 第03回「自分にとって、よい保育とは?」

Q.「自分にとって、「よい保育」が、まだよくわからないのですが...」 A.「よい保育」...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す