製作遊び 2017年12月26日

【動画】簡単手作り楽器♪ドレミも鳴るよ ストロー笛


「ストローの長さで音が変わる!?」ストロー笛の作り方をご紹介します。ストローの穴をテープでふさいで、息を吹きかけると音がでます。うまくストローの長さを調整するとオリジナルのハーモニカができますよ♪「ドレミ」の音階を作って演奏会をしましょう!


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・ストロー
・セロハンテープ
・ハサミ


作り方



1.ストローの一方の穴をセロハンテープで隙間のできないよう塞ぎます。

20171227-01b.jpg
2.ストローを切って、長さの違う笛を作ります。

20171227-01d.jpg
3.ストローの切った部分を間に挟み、笛をセロテープでつなげたら完成です。

20171227-01f.jpg
*ドレミの音階を作るためのストローの長さ*

20171227-01e.jpg
低い「ド」の音を「1」の長さとすると、

ド:0.5 シ:0.53 ラ:0.59 ソ:0.67 ファ:0.75 ミ:0.79 レ:0.89 低いド:1

この倍率で音階ができます。


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

ポイント 音の違いを楽しもう!


ただのストローがテープでふさぐだけで音の出る楽器に変わります。
そして、この工作の面白いところはストローの長さによって音の高さが変わること。音の違いに子どもたちと一緒に耳を凝らせましょう。子どもたちの知的好奇心を刺激すること間違いなしです。

ご紹介した比率でストローの長さを切ると「ドレミ」の音階を作れます。ストローで作った笛がまるでハーモニカのような楽器になりますよ。子どもたちに簡単な曲を演奏してあげましょう。子どもたちも自分たちで作ったストローの楽器からおなじみの曲のメロディが聞こえると、もっと楽しいはずです。

ジャンル別 保育お役立ち動画

折り紙

お絵かき

季節の製作

先生の製作

製作遊び

手遊び

関連記事

新着記事

特集コラム一覧