折り紙 2018年06月21日

【動画】忍者の手裏剣の折り方 懐かしの定番折り紙の作り方


日本の伝統文化を象徴する、忍者の手裏剣を折り紙で作ってみましょう!
折り紙を2枚使って、忍者の飛び道具である手裏剣を本格的に作ることができます。折り紙を2枚使うとなると少しハードルが高そうに見えますが、子どもでも簡単に作れますよ。


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・折り紙 2枚


作り方



1.折り紙を半分に折って折り目をつけます。

20180418-04b.jpg
2.折り目に向かって折ります。

20180418-04c.jpg
3.折り目にそって半分に折ります。

20180418-04d.jpg
4.同じものをもう一つ作ります。

20180418-04e.jpg
5.上下を斜めに折ります。

20180418-04g.jpg
6.横に並べて外側を上に、内側は下に折ります。

20180418-04h.jpg
7.両方を「Z」の形になるように持ち、十字に重ねます。

20180418-04j.jpg
8.折り紙の角を真ん中の袋に入れていきます。

20180418-04k.jpg
9.形を整えたら完成です!

20180418-04l.jpg


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


ポイント1 いろいろな折り紙で折ってみよう


2種類の柄や色の折り紙を使ってみたり、本物の手裏剣のように黒一色で作ってみたりと、いろいろな折り紙を自由に使って折ってみましょう。日本の歴史的なものなので、千代紙などの和柄にするとより雰囲気が出ますね。


ポイント2 手裏剣入れゲーム


かごや箱などを少し離れた場所に置き、手裏剣を投げ入れるゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?運動会の玉入れのように、チームに分かれて遊ぶと盛り上がって楽しめますよ。一回に持てる手裏剣を一人5つと決めて、持っているものがなくなったら次の人に交代、という感じでリレー形式で遊ぶとよいでしょう。


関連記事

新着記事

特集コラム一覧