製作遊び 2018年07月12日

【動画】ビー玉落とし 手首を上手に使って落とせるかな?


子どもの手首を動かす練習にもなる、ビー玉落としを作ってみませんか?動くビー玉と、穴を通させるゲームに子どもは夢中になってしまいそうですね。材料は身近なものでそろうので、ぜひチャレンジしてみてください。


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・ペットボトル 1本
・マスキングテープ 1個
・厚紙 1枚
・ビー玉
・カッター
・ハサミ
・テープ


作り方



1.ペットボトルが3等分になるようにマスキングテープを貼ります。

20180711-03b.jpg
2.ペットボトルをマスキングテープにそってカットします。

20180711-03d.jpg
3.厚紙を半分に折り、ボトルの切り口に合わせて半円を描きます。

20180711-03f.jpg
4.線に合わせてハサミでカットします。

20180711-03g.jpg
5.厚紙にビー玉サイズの穴を開けます。

20180711-03h.jpg
6.厚紙をペットボトルの中に貼り付けます。

20180711-03i.jpg
7.ボトルを貼り合わせて組み立てます。

20180711-03j.jpg
8.ボトルを飾り付けたら完成です!

20180711-03o.jpg


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


ポイント1 穴の位置は2枚で違う場所に


厚紙にビー玉が通る穴を開ける時に、2枚とも違うところに穴を開けましょう。同じ位置に穴を開けると、1枚目の穴をビー玉が通ったと同時に2枚目の穴も通りやすくなってしまうためです。1枚目は真ん中、2枚目は端っこなどのように穴の位置を工夫してみましょう。


ポイント2 穴は大きすぎず、小さすぎず


厚紙に開ける穴は大きすぎず小さすぎず、適度な大きさになるように調節してみてください。大きすぎるとビー玉がすぐに穴を通ってしまって簡単になりすぎてしまいます。反対に、小さすぎるとなかなか穴を通らず難しくなってしまいます。ちょうどよい大きさになるよう、中に入れるビー玉の大きさを見ながら調整してみてくださいね。


関連記事

新着記事

特集コラム一覧