節分行事の豆まきの由来とは?紙芝居やペープサートなど、子ども向けに説明する方法

保育園で行われる節分行事のなかでも、豆まきは子どもたちにとって一大イベントでしょう。由来や意味を子どもたちに説明して、季節の風習に親しみをもつきっかけを作れるとよいですね。今回は、豆まきが行われるようになった由来と、紙芝居や絵本などを使って子ども向けにわかりやすく説明する方法を紹介します。


節分の豆の写真 <br

Wako Megumi/shutterstock.com

 

子どもたちに豆まきの由来を伝えよう

2月3日は節分。2021年度は、一日早い2月2日にあたります。

保育園でも、子どもたちと節分行事をすることがあるでしょう。

 

そもそも、節分は季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」という意味で、1年に4回あります。

 

しかし、旧暦では春から1年が始まっていたため、立春の前日の節分が、大晦日にあたる大事な日とされていました。

 

そのため、現代では立春の前日である節分のみが重視され、節分といえば2月3日として定着したようです。

 

日本では、節分の日に恵方巻を食べたり豆まきをしたりして過ごすのが一般的でしょう。保育園でも豆まきをすることがあるかもしれません。

 

では、なぜ節分に豆まきをするようになったのでしょうか。

くわしく見ていきましょう。

節分に行われる豆まきの由来や意味

ここでは、節分に行われる豆まきの由来や意味を紹介します。

 

豆まきの由来

 

豆まきの由来は古代の中国にあると言われています。

 

かつて中国では、大晦日に追儺(ついな)と呼ばれる邪気を払う儀式が行われていたそうです。

 

この儀式が奈良時代に日本に伝わり、平安時代に宮中行事として取り入れられました。

 

そのなかで行われていた「豆打ち」が「豆まき」という名前に変わり、江戸時代頃に庶民へと広まっていったと伝えられています。

 

昔は季節の分かれ目や年の変わり目には邪気が入りこみやすいと考えられており、豆まきは大晦日に行われるものとされていました。

 

そのため、旧暦で大晦日を表す立春の前の節分に行われるようになり、邪気払いの行事として親しまれるようになったそうです。

 

豆まきの意味

 

節分に行われる豆まきは邪気払いの行事で、無病息災の意味が込められていたようです。

 

かつて、鬼は邪気や厄の象徴として捉えられており、目に見えない病や災害などのあらゆる恐ろしい出来事はすべて鬼の仕業と考えられていました。

 

そして、日本では古来より大豆に穀霊が宿るとされ、邪気を追い払う力があると信じられていたことから、鬼を追い払うために大豆が使われるようになったようです。

 

豆=「魔滅(まめ)」、豆を炒ることで「魔の目を射る」という意味があることから、豆まきには炒った大豆を使うのが習わしとなったと伝えられています。

 

また、豆まきをする際によく唱えられる「鬼は外、福は内」という言葉には、「邪気を追い出し、福を呼び込む」という意味があると言われています。

豆まきの由来を子ども向けに説明する方法

鬼のお面をかぶっている子ども

maroke/shutterstock.com

 

保育園で豆まきをするのには、「豆まきを通して日本の伝統行事に親しみをもつ」というねらいがあるようです。

 

節分行事では、このようなねらいをもって豆まきや節分行事について子どもたちに伝えてみましょう。

 

ここでは、豆まきの由来や意味を子ども向けにわかりやすく説明する方法を紹介します。

 

絵本や紙芝居を読み聞かせる

 

絵本や紙芝居を読み聞かせて、子どもたちに豆まきの由来を説明してみましょう。

 

絵本に豆をまいているキャラクターや鬼のイラストがえがかれていると、豆まきがどんな行事なのかイメージしやすいかもしれません。

 

乳児クラスの子どもの場合、節分の意味を理解するのは難しいかもしれませんが、豆まきがどんなものかを知って行事に興味を持てるようになるとよいですね。

 

ペープサートやパネルシアターを作成して説明する

 

ペープサートやパネルシアターを作って、節分や豆まきの由来を物語風に説明してみましょう。

 

先生がその場で演じるため臨場感もあり、子どもたちも飽きることなく楽しめるかもしれません。

また、キャラクターが動いたりセリフを言ったりするので、よりストーリーを理解しやすくなりそうですね。

 

ペープサートやパネルシアターは前もって準備しておく必要があるので、余裕をもって作成しておくとよいでしょう。

 

簡単な言葉に言い換える

 

年長クラスなど、行事の意味を理解して参加できるようになる年齢の子どもたちには、簡単な言葉に言い換えて伝えてみましょう。

 

ここでは、子どもからの質問を想定した言い換え例を紹介します。

Q.どうして豆をまくの?

「豆をまくことで、目に見えない悪いものを追い払うことができるんだって。保育園で豆まきするときも、たくさんよいことが起こりますように、ってお願いしながら豆まきしようね。」

Q.なんで鬼がやってくるの?

「昔は、病気や悪いことが起こったときに、鬼のせいだと思っていたんだって。みんなもおなかが痛くなったり、風邪を引いちゃったりすることがあるよね。それもみんなの中にある鬼のしわざなんだって。だから鬼をやっつけるために豆をまくんだよ。」

 

このように、鬼が悪いものの象徴であり、豆はそれを払うための手段であることをわかりやすく伝えてみましょう。

 

「病気にならないように、みんなのなかにいる鬼をやっつけよう」など、目には見えない鬼がいることを伝えると、豆まきの意味も理解しやすくなりそうですね。

豆まきの由来を子どもに伝え、節分に対する理解を深めよう

今回は、豆まきの意味や由来と、保育園で子どもたちにわかりやすく説明する方法を紹介しました。

 

旧暦では節分が大晦日にあたる大切な日とされていたため、季節の変わり目に現れる邪気を追い払う行事が行われるようになりました。

 

節分行事の一つである豆まきも、悪いものの象徴である鬼を払い、無病息災を願う意味があるようです。

 

豆まきの由来について子どもたちに説明するときは、絵本やパネルシアターなどの視覚的にわかりやすくストーリー性があるものを用いたり、簡単な言葉に言い換えたりしてみましょう。

 

豆まきがもつ意味や由来を子どもたちに伝え、節分に親しみをもつきっかけになるとよいですね。

 

行事重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!