保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

保育のあるある ゆるりホッと相談室タイトル

Q.「新人の指導係を任されたのですが、何をやってもダメで、毎日怒ってばかり。どのように考えればよいのでしょうか?」


A.まずは、指導係を任されたということは、園長や主任からも何かしらの期待を持って任されたということです。
任せた方にも思いがあるということです。
新人さんはもちろん、あなたの成長も期待されているということなので、ぜひ頑張ってもらいたいところです。
そして、そのように思いを持ってあなたに「任せた」人がいるわけですから、
その方にあなたが困っていること、難しいと感じることを相談してください。
任せた方も「仕事として」あなたに任せたわけですから、必ず良き相談相手になってくれるはずです。


何でも一人でしようと思わないこと



他にも同僚や先輩、その新人さんに近い人など、周りの人にアドバイスを求めましょう。
任されたから、といって「あなた一人で」しようと思わないでよいのです。

お仕事は何事もチームワークです。
その新人さんもチームの一員であり、他にもチームのメンバーは沢山いるはずです。
パートの先生(年配の方)の意見もとても参考になりますよ。私は園長という立場で仕事をしていましたが、
パートさんたちには本当によく相談にのって頂きました。
若い人のことがわからないなと思えば、若い先生にもいろいろと聞いてみたりしました。

指導係を任される、ということは、あなたが指導のメインになること、
リーダーになることを依頼されたのであって、「一人でやりなさい」、と言われたわけではないのです。

具体的に、後輩の何が「ダメ」なのか、なぜ「ダメ」な動き、働きになってしまうのか、
一緒に仕事をしていくメンバーと、一緒に考えていくのが一番いいでしょう!


なぜ怒ってしまうのかを考える



「チームワーク」とは何か、また機会をみつけてお伝えしたいと思いますが、
今日はご質問の「怒ってばかり」の方にアドバイスをしますね。
「怒ってばかり」の自分がイヤだな、と感じていらっしゃるように思ったので...。

なぜこんなにも怒ってしまうのでしょうか。
実は、私たちが「怒り」を感じる時、相手との間に、「ルールの違い」があり、それが原因であることが多いのです。
私たちは一人ずつ、自分の「当たり前」を持っていて、それが「ルール」になっています。
ところが、この「当たり前」が少しずつ、一人ひとり、違うのです。

以前に「目玉焼きに何をかけて食べますか?」という例を出しましたね。
私は醤油をかけて食べるのが「当たり前」だと思って「目玉焼きには醤油」というルールを作っています。
ところがソース派の人は「目玉焼きにはソース」というルールで生きているのです。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

怒りの原因は「ルールの違い」



この、ルールの違いに気付くことができるかどうかが、相手を知ることができているかどうか、につながります。
相手を知らないと、自分とは異なるルールで振る舞うことに対して「不快感」が生じます。これが「怒り」の元です。
例えば、私がサッカーをしているとしたら、、ボールは手で触ってはいけませんね。なのに、新人さんはフツーに手で触るのです。

「なんでそんなことするのよ!!」と腹が立ちます。「不快感」が生じます。
しかし、当の新人さんはバスケットボールをしているのつもりだったとしたら?
ルールが違うのでボールを手で触るのは「当たり前」ですよね。

ですから、「ん?私はサッカーのつもりだったんだけど、新人さんはバスケットボールしてる?」と気付くことができれば、
「あのね、やっているのはサッカーなの」と腹を立てずに伝えることができるのです。


「不快感」を力で解消しようとすると「怒り」になる



そして「怒り」の感情には、ある特徴があります。
上から下へ、強い者から弱い者へと向かう、という特徴です。
ルールが異なるという「不快感」を感じた相手が、自分より強いと感じる時、それは「恐怖」という感情になります。
自分の力でなんとかこの「不快感」を解消しようとする時、

つまり「力」を行使しようと無意識が働く時、「怒り」の感情になるのです。

蜂がブーンと向かって来た!と想像してください。
その「不快感」は「怒り」ではなく「恐怖」になりますよね。
でも、蚊がブーンと来ました、イヤな気持ち、「怒り」になりませんか?
つまり、相手に対して「怒り」が湧くというのは、相手を自分の力で何とかしてやろうと思っている時なのです。


怒りの感情で自分を傷つけないように



チームの一員として、人として相手を尊重し、大切に思う気持ちが持てれば、「力でもってなんとかしてやろう」という感情ではなく、
「んーーー、どうやったらルールをうまく伝えられるかな」という気持ちになることでしょう。

「怒り」の感情は、あとで自分に対する嫌悪感をもたらします。
それは、相手を大切にできなかったことに、気付くからなのです。
相手を大切にできなかった...そんな感情は自分を傷つけてしまいます。
どうぞ、周りの方に助けてもらうことをよしと認め、ご自身をまず大切になさってください。
相手を大切にすることは、自分を大切にすることから始まります。
※この連載では、現役の保育士の皆さんからのお悩みを募集しています。
こちら(info@hoikushibank.jp)まで、保育士お悩み相談と明記の上、お送りください。


プロフィール



内田淑佳(うちだよしか)
一般社団法人そだち 代表理事。心理カウンセラ―。
保育士、認可保育園の園長などを経て、一般社団法人を立ち上げ、子育て支援、保育運営サポート、研修講師を数多く務める。
カウンセラーとしてメンタルサポートの仕事に取り組みつつ、現役の保育士、保育教諭から主任・園長などの管理職、資格取得を目指して勉強中の人、潜在保育士などに向けて、保育の仕事の素晴らしさや、保育をする上で大切なことを伝え続けている。
ウェブサイト https://www.sodachi.net/

関連する記事

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

Q.保護者に「もっと子どもに、こうしてあげて欲しい」と伝えるには? 子どもに対する言葉...

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

Q.行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する? 1歳児の副担任です。組んでいる同僚が凝り...

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

Q.研修で学んだことを自分の園で広げるには? 外部のさまざまな研修に出かけて、知見を...

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

Q.ピアノへの苦手意識がなかなかなくなりません。 ピアノで、生の音で歌を教えたり、歌っ...

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

Q.「園全体の行事の司会が何度やっても緊張してしまいます...」 誕生会、クリスマス会...

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

Q.「初めての学年主任になりましたが、後輩指導が上手くいきません。」 後輩に言わないと...

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

Q.「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回りません!」 日案、週案、月案、誕生会やクラ...

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

Q.「.保育の引き出しをひろげるためにはどうしたらよいか?」 いつも保育がワンパターン...

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

Q.「いつも笑顔でいるのがしんどい......」 保育士は子どものためにいつも笑顔でいる...

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

Q.保育以外の一般社会も経験しておくべきでしょうか? 「今の保育・仕事環境には満足してい...

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

Q.そろそろキャリアも中堅。主任を目指すべきでしょうか? 保育歴も10年を超えてくると、...

保育士お悩み相談 第03回「自分にとって、よい保育とは?」

保育士お悩み相談 第03回「自分にとって、よい保育とは?」

Q.「自分にとって、「よい保育」が、まだよくわからないのですが...」 A.「よい保育」...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す