【保育士の履歴書】健康状態欄の正しい書き方。アトピーや喘息などの記入例 

履歴書の健康状態欄の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。喘息やアトピーなどがあるケースや良好な場合、どのように記すとよいのでしょうか。今回は、履歴書の健康状態欄の正しい書き方について紹介します。あわせて、治療中でも完治予定の場合や既往症のある場合など、状況別に記入例をまとめました。


履歴書

hachiware/shutterstock.com

 

履歴書に健康状態を書く理由

保育士として転職する際は、履歴書が必要になるでしょう。

さまざまな記入項目があるなかで、健康状態欄についてどのように書くとよいのか戸惑うことがあるかもしれません。

 

健康状態について書くのには、応募者が心身共に無理なく働くことができるのかを、採用担当者が判断するためという理由が挙げられます。

また、入職したあとに持病などが原因で業務が負担となり、辞めてしまうことがないかを懸念することもあるようです。

 

しかしながら、健康状態に不安があっても業務に問題がないと判断されれば、採用に影響することはないでしょう。

 

通院中または持病がある場合も含めて、履歴書の健康状態欄にどのように記入するとよいのか、次から紹介します。

履歴書の健康状態欄の正しい書き方

保育士さんが健康状態欄に書く内容についてまとめました。

 

健康状態に問題がない場合

 

現状、健康状態に問題がない場合は、「良好」と書きましょう。

風邪で体調を崩していたとしても、軽い鼻風邪や軽度の貧血程度であれば、申告する必要はないようです。

 

大きな病気や怪我をしたことがなく体力に自信があるようなら、「極めて良好」と記載すると元気に勤務できるというアピールにつながるかもしれません。

 

通院中または持病がある場合

 

既往症や持病がある場合でも、業務に支障がなさそうであれば「良好」と書きましょう。

 

もし通院する曜日や日程が決まっていて、遅刻や早退、休みを頂く必要があれば補足として伝えるとよいかもしれません。

【ケース別】履歴書の健康状態の記入例

花粉症 女性

KUNG MIN JU/shutterstock.com

 

現在の健康状態に当てはめて、履歴書に良好とだけ書いてよいのか、補足情報を加えるべきなのか、確認してみましょう。

 

持病や既往症、慢性疾患のある場合

 

肩こりや腰痛、頭痛、慢性胃炎、ひどい月経痛などの症状がある場合でも、仕事に差し障りがなければ「良好」と記しても問題ないでしょう。

 

もし業務に差し障る持病などがあれば補足として伝えることで、無理することなく周囲の協力を仰ぐことができるかもしれません。

 

では、症状別に詳しく見ていきましょう。

花粉症

花粉症などアレルギー症状に悩まされている保育士さんもいるかもしれません。

業務に影響があるようであれば、一言説明を加えるとよいでしょう。

 

<記入例>

  • 良好(花粉症の持病がありますが、業務に支障はありません。)
  • 良好(業務に支障はありませんが、花粉症のためマスクを着用させていただくことがあります。)

喘息

喘息の場合、業務に差し障りがなければ特に記載する必要はないでしょう。

ただし、吸入器を常備する必要があったり、発作があったりする場合はあらかじめ伝えたほうがよいかもしれません。

 

<記入例>

  • 良好(業務に支障はありませんが、喘息の検診のため月に1度半休を頂けると幸いです。)

アトピー

業務に支障がない場合は、アトピーについて触れなくてよいでしょう。

ただし重い症状がある場合は、補足情報として記載するとよいかもしれません。

 

<記入例>

  • 良好(業務に支障はありませんが、アトピー性皮膚炎の検診のため月に1度半休を頂けると幸いです。)

精神疾患

うつ病などの精神疾患を患っている保育士さんもいるかもしれません。 

告白することでマイナスイメージになるのではと心配ですよね。

 

前職で治療や休養のために休職したことがあったとしても、これからの業務に差し障りがなければこちらから伝える必要はないでしょう。

 

ただし再発する可能性がある場合は、以下の例文のように履歴書に記入して申告をしたほうが安心かもしれません。

 

<記入例>

  • 良好(うつ病を患っていましたが、現在は業務に影響はありません。)

 

入社までに完治予定の場合

 

現在通院中でも、仕事が始まるまでに完治する場合は良好と記載します。

例えば、骨折をしていて見た目で怪我をしていることが明らかな場合、採用側が業務に差し障りが出るのではと懸念してしまうかもしれません。

 

勤務初日までに完治する予定であれば、「良好」と記したあとに補足情報として説明を加えると安心してもらえるでしょう。

記入例

  • 良好(〇〇の治療中ですが、2週間後に完治する見込みです。)
  • 良好(業務に支障はありませんが〇〇の治療中で、〇曜日午後・月〇回通院しています。)

 

身体の不調で前職を退職した場合

 

もし前の職場を怪我や病気などで退職した場合は、その旨を記載します。

業務に差し障りがなければ、そのことも伝えると採用担当者に安心してもらいやすいでしょう。

記入例

  • 良好(病気療養のため前職を退職しましたが、現在は完治しており業務に支障はありません)

 

保育に支障がある病気や怪我がある場合

 

保育に支障のある病気や怪我のある場合には、履歴書の健康状態欄を通して伝えておくと、無理なく療養できるでしょう。

 

すぐに働けない症状がある場合は無理せず、入社予定日を先延ばしに定めるなどして完治してから転職活動を再開するほうがよいかもしれません。

記入例

  • 現在〇〇を治療中であるため、週に1度午前休を頂けると幸いです。

 

過去に罹患したことがあったり、現在治療中でも完治予定日が決まっていたり、慢性的な症状があったりと、状況によって書き方を工夫するとよいですね。

履歴書の健康状態欄の書き方を知り、保育士の転職活動に役立てよう

今回は、保育士の履歴書における健康状態欄の書き方や記入例を紹介しました。

アトピーや喘息などの慢性疾患があり定期的な通院や服薬をしている場合でも、保育士として働く際に支障がなければ良好と記載してよいでしょう。

 

なお、健康状態欄に持病があることを記載しても、業務に差し障りが無いようであれば選考結果を左右することはないようです。

 

あくまでも採用後に勤務を続けられそうかを判断するための材料なので、偽りなく記入することが大切です。もし健康面に不安があっても、保育士としてのスキルや人柄が評価されれば採用につながる可能性もあるでしょう。

 

履歴書の健康状態欄の正しい書き方を押さえて、スムーズに転職活動を進められるとよいですね。

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!