保育でひょうたん鬼を楽しもう!やり方や子どもと楽しめるアレンジルールなど

鬼ごっこの一つ、ひょうたん鬼を保育に取り入れてみましょう。基本的なやり方を押さえれば、ルールをアレンジするなどしてより楽しめるかもしれません。今回は、道具いらずで楽しめるひょうたん鬼について、遊び方やルールを解説します。あわせて、取り入れる際のねらいや適した年齢、遊ぶときのポイントもまとめました。


走る子どもたち

Tom Wang/shutterstock.com


保育にひょうたん鬼を取り入れるねらい

保育園の外遊びで鬼ごっこを行うことがあるでしょう。


鬼ごっこには色鬼や高鬼などさまざまな種類がありますが、なかでもひょうたん鬼とは、地面にえがいたひょうたんの形を使うユニークな遊びです。


道具いらずで楽しめるので、鬼ごっこ遊びの一つとして保育に気軽に取り入れてみるとよいかもしれません。


保育でひょうたん鬼を行うねらいとして、以下が考えられます。


  • ひょうたんの形を使った鬼ごっこにおもしろさを感じる
  • ひょうたんの形を活かし、鬼につかまらないよう工夫しながら逃げる
  • ひょうたん鬼のルールをもとに、アレンジした遊びを楽しむ

ひょうたん鬼は、ルールのある遊びを楽しめるようになる3歳児くらいから挑戦できるでしょう。


月案や指導案を作成する際は、遊びのねらいをふまえて活動内容を練っていくとよいですね。


今回は、保育に役立つひょうたん鬼について紹介します。

保育で楽しめるひょうたん鬼のルールとやり方

まずは、ひょうたん鬼の基本的なルールとやり方を解説します。



ルール


ひょうたん鬼には、次のようなルールがあります。


  • 鬼はひょうたんの中に入らずに子を追いかける
  • 鬼はひょうたんの線を踏んではいけない
  • 鬼はひょうたんの細い窪みの部分を飛び越えてもよい

子は、ひょうたんの中でのみ逃げることができ、外には出られません。



遊び方


ひょうたん鬼は、次のような流れで進めます。

遊ぶ前に子どもにルールと遊び方を説明しましょう。


1.地面にひょうたんの線をえがきます。

2.鬼を一人決め、鬼以外の子はひょうたんの中に入ります。

3.鬼はひょうたんの外側から手を伸ばして子をタッチします。

4.鬼に捕まった子は、鬼を交代します。


ひょうたんの形や遊びの特徴を活かして、どこに逃げれば鬼につかまりにくいのかなど、子どもたちが自分で考えながら楽しむ力が身につくとよいですね。


次に、ひょうたん鬼を楽しむためのポイントを紹介します。

保育園でひょうたん鬼を楽しむためのポイント


走る女児

Purino/shutterstock.com


やり方を工夫して、より一層ひょうたん鬼を楽しんでみましょう。



初めは保育士さんが鬼になる


最初は保育士さんが鬼になり、動き方の見本を示してみましょう。

なかには、鬼になるのが嫌な子どももいるかもしれません。


保育士さんが鬼として楽しそうに振る舞うことで、子どもが鬼の役割に興味をもてるようになるかもしれませんね。



鬼のお面をかぶる


鬼になった子どもが、鬼のお面をつけて追いかけるとより盛り上がるかもしれません。

事前に子どもたちとオリジナルのお面を製作しても面白そうですね。



ひょうたんの形に変化をつける


ひょうたんが大きいと、鬼が子を捕まえにくいでしょう。


そこで、ひょうたんのサイズを徐々に小さくすれば鬼に捕まりやすくなり、逃げる子がスリルを味わえるかもしれません。


さらに、ひょうたんの窪みを鬼が飛び越えられるほどの狭さでえがけば、さらにドキドキ感を楽しめそうですね。



ひょうたんの形を変える


ひょうたんの形にこだわらず、ハート型や星型など形に変化をつけてみるのも面白いでしょう。


季節や子どもの好みに合わせたり自由にえがいたりしても、新鮮さを味わいながら遊べそうですね。



ルールをアレンジして楽しむ


基本のやり方で遊んだあとは、ルールをアレンジすれば新鮮な気持ちで楽しめそうです。

鬼の数を増やす

鬼の数を1人から2人、3人と徐々に増やして遊んでみましょう。


鬼が増えるぶん逃げるのは難しくなりますが、通常より大きめのひょうたんをえがけば子が逃げやすくなるかもしれません。

ひょうたんの数を増やす

ひょうたんを2つ以上えがいてみましょう。


子が別のひょうたんへ移って逃げられるようにすることで、一つの場合とは異なるおもしろさを味わえそうです。



以上のように、鬼のお面をつけて追いかけたりアレンジルールを導入したりと、さまざまな工夫を取り入れてひょうたん鬼をより楽しみましょう。


ルールを変更して楽しむ際は、あらかじめ指導案に記しておけば、スムーズに活動に取り入れることができそうですね。

保育にひょうたん鬼を導入し、ルールを守りながら遊ぶ楽しさを味わおう

今回は、外遊びで楽しめるひょうたん鬼のルールや遊び方などを解説しました。


ひょうたん鬼は道具いらずで楽しめるので、外遊びの際に気軽に取り入れられるでしょう。地域によって遊びの名称やルールが異なるようなので、調べてみてもおもしろいかもしれません。


ひょうたん鬼はルールを理解できるようになる3歳児頃から楽しめそうですが、5歳児クラスで行う際は、子ども同士で相談をしながらオリジナルのルールを作って遊んでもよいでしょう。


指導案を作成する際は、ひょうたんの形を活かして工夫しながら逃げるなど、遊びの特徴を捉えたねらいを立てるとよいですね。


保育園でひょうたん鬼を行い、子どもが体を思い切り動かしながら、友だちといっしょにルールのある遊びに親しめる機会を作ってみましょう。





遊び重視の保育求人を紹介



関連する記事

保育園で楽しめる紙袋製作11選!遊びのねらいと、行事に使えるパペットやお面

保育園で楽しめる紙袋製作11選!遊びのねらいと、行事に使えるパペットやお面

保育園で、紙袋を使った製作にチャレンジしてみましょう。紙袋の特徴的な形を活かして、動物のパ...

【9選】紙粘土で遊ぼう!保育園で楽しめる0歳児~5歳児別、秋の製作アイデア

【9選】紙粘土で遊ぼう!保育園で楽しめる0歳児~5歳児別、秋の製作アイデア

保育園で子どもといっしょに遊べる、紙粘土の製作アイデアを探している保育士さんもいるでしょう...

保育士の仕事納めの挨拶。園長先生や保護者への伝え方のポイントと例文

保育士の仕事納めの挨拶。園長先生や保護者への伝え方のポイントと例文

保育士さんの中には、仕事納めの挨拶の仕方を知りたい方もいるのではないでしょうか。ゆっくり話...

【動画】Seriaの商品で作るクリスマスオーナメント!雪の結晶で冬の保育室を彩ろう

【動画】Seriaの商品で作るクリスマスオーナメント!雪の結晶で冬の保育室を彩ろう

おしゃれな品揃えが人気の100円均一ショップ「Seria」の商品を使って、保育園で使えるク...

保育園で遊べるなぞなぞ70選!幼児向けのいじわるクイズや、食べ物・動物の問題

保育園で遊べるなぞなぞ70選!幼児向けのいじわるクイズや、食べ物・動物の問題

保育園での隙間時間やレクリエーションなどで楽しめるなぞなぞ。クイズのように簡単なものから、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!