保育で引っ越し鬼(島鬼)をして遊ぼう!指導案に記入するねらいやアレンジの仕方

保育園で子どもたちと引っ越し鬼をして遊びたいと考える保育士さんもいるのではないでしょうか。簡単なルールを理解しはじめる3歳児頃から取り入れることができ、4歳児、5歳児クラスであれば基本的な遊び方を工夫しても楽しめそうですね。今回は引っ越し鬼のルールやアレンジの仕方、指導案に記入するねらいや導入などを紹介します。


走る男の子

ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com

 

引っ越し鬼(島鬼)とは?

子どもたちに人気の鬼ごっこ。

色鬼や手つなぎ鬼、ひょうたん鬼などいろいろな種類がありますが、そのなかの一つに島鬼とも呼ばれている、引っ越し鬼もあります。

 

引っ越し鬼とは、鬼に捕まらないように島を渡りながら逃げる遊びです。比較的わかりやすい遊び方なので、簡単なルールを理解しはじめる3歳児頃から取り入れることができるでしょう。

 

保育に引っ越し鬼を取り入れるのには、以下のようなねらいが挙げられます。

 

  • 友だちといっしょに引っ越し鬼の遊び方を知る
  • 引っ越し鬼を通して、移動したり追いかけたりすることを楽しむ

 

保育士さんや友だちといっしょに引っ越し鬼を楽しむことや、ルールを理解することなどが挙げられます。このようなねらいをもとに、導入の仕方も考えながら指導案を作成できるとよいですね。

 

保育士さんは活動前にわかりやすく子どもたちに遊び方を伝え、約束事を認識したうえで取り入れていきましょう。

今回は、保育園で楽しめる引っ越し鬼(島鬼)を紹介します。

引っ越し鬼(島鬼)の基本的なルール

ねらいがわかったところで、引っ越し鬼の基本的なルールを見ていきましょう。

 

1.はじめに地面にいくつかの島を作ります。

2.じゃんけんなどで鬼を1人決めます。じゃんけんに負けた人が鬼となり、他の子どもは逃げます。

3.鬼はその場で10秒数えて、他の子どもは島の中に逃げます。

4.10秒数えたら、鬼は他の子を追いかけてタッチします。このとき鬼は島で囲われている線を踏むことも飛び越えることもできませんが手を伸ばしてタッチするのはOKです。

5.タッチされた子どもが次の鬼となり、(1)~(5)を繰り返します。

 

導入として普通の鬼ごっこで遊び、基本的なルールが理解できてから引っ越し鬼を始めてもよいでしょう。島の線をわかりやすく書いたり、島同士の間を少し開けたりすることがポイントです。

 

はじめは保育士さんが鬼になって子どもたちといっしょに遊ぶと、子ども自身でルールを理解しやすくなるかもしれませんね。

【アレンジ】引っ越し鬼(島鬼)の遊び方

二人の子ども

maroke/shutterstock.com

 

基本的なルールがわかったところで、引っ越し鬼のアレンジした遊び方を見ていきましょう。

 

大人数で遊ぶときは鬼を複数人作る

 

大人数で遊ぶ場合、鬼は捕まえるのが難しくなったり、逃げている子を捕まえられなくなったりして楽しくないと感じる子どもも出てくるかもしれません。

そのため、子どもの人数が増えたら鬼も複数人にすると、より逃げたり追いかけたりするのが楽しくなり、集中力も育めそうですね。

 

島にいられる時間を決める

 

逃げずに島の中にずっといる子が出てくるかもしれません。

そうするとずっと捕まらず、鬼ごっことして成立がしなくなってしまいます。

 

あらかじめ、島の中に入れる時間は10秒や20秒と決めておくと、全員が平等に逃げたり追いかけたりすることができるでしょう。

 

捕まった子も鬼になる

 

鬼に捕まった子も鬼になり、どんどん人数が増えていくアレンジの仕方もあります。

 

全員捕まったらゲーム終了となりますが、最後のひとりまで逃げ切った子どもにはみんなで拍手してあげたり、手作りメダルをあげたりして盛り上げましょう。

 

島の形を変える

 

島の形を丸だけでなく、長細い丸にしてみたり、三角にしてみたりと形を変えてみましょう。

 

丸でないと鬼がタッチできる範囲が増えるため、逃げている子どもはどうすればタッチされないか自分なりに考えながら楽しめるでしょう。

どんな形だと面白いか子どもたちと話し合ってもよいかもしれません。

 

島を渡るときケンケンにする

 

別の島に移動をするとき、走るのではなくケンケンに変えてみましょう。

 

走って逃げるより時間がかかるため、鬼にとってはタッチしやすくなり、逃げている子どもの集中力や判断力が育まれそうです。

はじめる前に保育士さんがケンケンの見本を見せるとよいかもしれませんね。

引っ越し鬼(島鬼)をするときのポイント

引っ越し鬼で遊ぶときのポイントをまとめました。

 

島を大きくしすぎない

 

引っ越し鬼で遊ぶときは、島のサイズに注意することがポイントです。

 

大きくしてしまうと、鬼がタッチしにくくなったり、逃げている子どもが島に滞在する時間が増えたりしてしまうことが考えられます。そのため、子どもの人数に合わせた大きさの島にするようにしましょう。

 

年齢によって難易度を上げる

 

3歳児の場合はタッチされたら交代するというシンプルなルールで行ないましょう。

 

4歳児や5歳児クラスは、基本のルールを理解したあとで、島を渡るときにケンケンをしたり、島を細長化したりするなどのアレンジを加えて遊ぶと難易度が上がり楽しめそうです。

 

引っ越しの鬼(島鬼)のルールや遊び方を知って保育に取り入れよう

今回は引っ越し鬼の遊び方についてくわしく紹介しました。

 

引っ越し鬼は、島を作ってその中に逃げたり、別の島に渡ったりして鬼から逃げる遊びです。

3歳児クラス頃から取り入れることができ、引っ越し鬼の遊び方やルールを知ったり、保育士さんや友だちと逃げたり追いかけたりすることを楽しむというねらいがあります。

 

導入として普通の鬼ごっこをするなど、ねらいや配慮する点を把握したうえで指導案を作成できるとよいですね。

また、島を大きくしすぎないように注意すれば、年齢に合わせて遊び方をアレンジできるので、4歳児や5歳児クラスの子どもたちも楽しめるでしょう。

 

引っ越し鬼の遊び方を知って、日々の保育に役立ててみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

劇遊びに使える題材にはどのようなものがあるでしょうか。子どもに人気のある絵本のストーリーや...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!