【徹底解説】保育園で働く栄養士の仕事内容や役割は?求人や給料、志望動機の例文など

保育園の子どもたちのために、給食の調理や献立作成をする栄養士さん。実際の仕事内容や必要な資格のほかにも、転職・就職を考えると給料事情や求人状況も気になりますよね。今回は、保育園で働く栄養士の仕事内容や役割を紹介します。働くうえでの楽しいことや大変なこと、面接で役立つ志望動機の例文もまとめました。


給食を作る保育園栄養士の写真

metamorworks/shutterstock.com

 

保育園栄養士の仕事内容と役割

保育園では、保育士さん以外にも看護師さんや事務員さんなどさまざまな職種の方が働いていますが、栄養士さんも保育園に欠かせない人材になります。

 

保育園栄養士さんの役割や求人状況、給料などを知って、就職・転職に活かせるとよいですね。

 

まずは、保育園で働く栄養士さんの仕事内容について詳しく説明します。

 

保育園栄養士の役割

 

保育園で働く栄養士さんの主な役割は以下の通りです。

 

  • 子どもたちの栄養管理を行う
  • 給食やおやつの調理をする
  • 子どもたちに食の大切さを伝える

 

子どもの成長に沿った献立の立案や、昼食やおやつの調理をすることが主な仕事と言えるでしょう。

 

また、昼食やおやつの時間に食材や栄養にまつわる話などをして、子どもに食べることの大切さを伝える食育活動を行うことも、保育園栄養士さんの大切な役割になります。

 

保育園栄養士の仕事内容

 

保育園で働く栄養士さんの主な仕事内容を詳しく見ていきましょう。

給食の献立を作成する

保育園の栄養士さんの仕事内容の一つに給食の献立を作成するという役割があります。

 

子どもの栄養バランスを考えるのはもちろん、季節に合ったメニューを出したり、さまざまな食材を楽しめるようにしたりと、子どもの豊かな食生活を支えるために工夫されているようです。

給食やおやつの調理をする

保育園の調理師さんと協力して、給食やおやつを調理します。

 

施設によっては100人~200人もの子どもたちがいる保育園もあるため、時間内に食事を提供できる調理スキルも求められそうですね。

子どもたちに食育指導を行う

子どもたちが食事に関心を持てるよう、栄養士さんが楽しい食育活動を考案して、実際に子どもとかかわるという保育園もあるようです。

 

食育に力を入れる保育園では、読み聞かせや行事食を提供するほかにも、園庭で野菜を育てたりクッキングをしたりと食材にふれる活動を取り入れることもあるでしょう。

アレルギー対応を管理する

食物アレルギーを持つ子どものために、卵や乳など特定の食材を除去した対応メニューを考案・提供するのも保育園栄養士さんの大切な役割です。

 

保育園で誤食(誤ってアレルギー食材を口にしてしまう)が発生しないよう、先生たちと連携して、注意しながら食事を提供することが求められます。

給食だよりを発行する

保護者の方へ向けて、保育園での給食の様子や食育指導について知らせる給食だよりを配布するのも栄養士さんの仕事内容であるようです。

 

栄養バランスの知識や季節の食材など、家庭でも豊かな食事が楽しめるようおたよりを通じて発信していくという役割があります。

 

保育園栄養士の1日

 

ここでは、保育園で働く栄養士さんの1日の仕事内容を時系列に見ていきましょう。

 

保育園で働く栄養士さんの1日の仕事内容
時間 仕事内容
8:00~ 出勤 今日の献立、アレルギー食、登園人数の確認
9:00~ 午前おやつの配膳・提供、食器の片付け
9:30~ 昼食の調理開始
11:00~ 昼食の配膳・提供、検食の実施
11:30~ 子どもたちの食事の様子の観察、食事の介助
12:00~ 食器の下膳、片付け
12:30~ 順番に休憩、おやつの準備
15:00~ おやつの配膳・提供、検食の実施
15:30~ 下膳、片付け、給食室の清掃
~17:00 献立の立案、食材発注、事務作業など

 

調理をしたり、子どもたちとかかわったりと保育園の栄養士さんは一日忙しく過ごしているようです。
仕事内容や一日の流れを知ると、保育園栄養士さんの働き方をイメージしやすくなりますね。

保育園栄養士として働くために必要な資格やスキル

保育園栄養士さんの役割や一日のスケジュールはわかったものの、働くうえで必要な資格などはあるのでしょうか。

 

栄養士として保育園で働く場合、以下のような国家資格が必要になります。

 

  • 栄養士
  • 管理栄養士

 

それぞれの資格の内容を詳しく紹介します。

 

栄養士

 

栄養士の仕事内容は、個人や集団に対して栄養の知識をもとに、健康な食生活のためのアドバイスをすることです。

 

栄養士資格は、大学・短大・専門学校などの養成校を卒業すると同時に取得することができます。

 

保育園は献立の立案や子どもたちへの食育活動などを行う観点から、栄養士資格を持つ人材が求められるようです。

 

管理栄養士

 

管理栄養士は栄養士資格の上位資格にあたり、病院での健康管理やアスリートの栄養管理など、専門知識をもとに幅広い栄養指導を行うことが役割です。

 

管理栄養士の資格は、養成校での修業期間と実務経験をあわせて5年間の経験を積んだあと(養成校を3年で卒業+実務経験2年など)、国家資格試験に合格することで取得することができます。

 

これらの資格にあわせて、離乳食や幼児食などの調理経験や、食堂や病院などでの大勢の調理を担当したスキルがあると、保育園への就職・転職では有利に働くかもしれません。

 

また離乳食に関する資格や、食物アレルギー栄養士の資格があれば、保育園で働く際のアピールポイントになるでしょう。

 

出典:管理栄養士資格試験/厚生労働省

保育園栄養士の給料や求人事情

転職や就職を考えるうえで知っておきたい、保育園栄養士さんの給料や求人情報、待遇をまとめました。

 

保育園栄養士の給料事情

 

保育園の栄養士さんの給料は、正職員で月14~22万円、パートの場合は時給900~1200円が一般的なようです。

 

アレルギーや食育に関する専門分野に通じた認定資格を取得することで、給料アップを望めるかもしれません。

 

保育園栄養士の求人状況

 

栄養士さんを募集している保育園求人は全国各地にありますが、なかでも関東地方に数多く存在しているようです。

 

そのなかで、栄養士または管理栄養士のいずれかの資格を持っている方を求めている保育園がほとんどとなっています。

 

資格を持っていればスキル不問で応募できる職場もあるようなので、勉強中で資格取得見込みの方も求人を探してみるとよいかもしれませんね。

 

保育園栄養士の働き方・待遇

 

保育園の栄養士さんには、正社員として働くほかにも、パートで週3~4日勤務するという働き方もあるようです。

 

保育士さんの処遇改善が進んでいる保育園では、福利厚生やボーナスが充実しているなど働きやすい待遇の求人も見つかるでしょう。

 

保育園栄養士の求人一覧

 

保育園栄養士として働く楽しいこと・大変なこと

給食の献立を作る保育園栄養士の写真

metamorworks/shutterstock.com

 

保育園で栄養士として働くときの、やりがいや楽しいことと、反対に大変なことについてまとめました。

 

やりがい・楽しいこと

自分で工夫しながら献立を考えられる

自分で立案した献立に沿って食材を用意したり調理をしたりすることで、栄養士としての達成感を味わうことができるかもしれません。

 

考案した食事が子どもの成長を担っているということに、やりがいを感じることができるでしょう。

子どものよろこぶ顔を見られる

保育園では季節ごとのいろいろな行事を行うことができ、子どもの笑顔にたくさん触れることが楽しいと感じられるかもしれません。

 

イベントにちなんで季節の行事に合わせた給食やおやつを用意し、子どもがよろこんで食べてくれる姿を見ることもやりがいにつながるになるでしょう。

食のプロとして保護者のサポートもできる

保育士さんとも連携をとりながら保護者の希望を汲んで、子ども一人ひとりが安心して口にできる食事を提供します。

 

また、離乳食の進め方や子どもの好き嫌いに関する相談を保護者の方から受けることもあるでしょう。

 

食という専門分野で、子どもだけでなく保護者の方にもよろこんでもらえることは保育園栄養士さんの大きなやりがいになると言えますね。

 

大変なこと

献立の立案には予算や使用食材などの規定がある

保育園の昼食やおやつの献立作成では、毎月の予算を意識しながら食材を考えることを大変だと感じる方もいるでしょう。

 

また保育園によっては、給食としての安全性や購入経路を考慮して、使用できる食材に規定が設けられているケースもあるようです。

 

以上のように使える食材が限られたなかで、栄養バランスのよい献立を作る大変さがあるようです。

アレルギー対策・誤飲の防止への配慮と徹底が必要

栄養士さんの役割は、子どもに安全な食事を提供することです。

 

誤嚥を防ぐ食材の調理や、アレルギー用の別メニューの考案など、気を遣うことがあるでしょう。

 

一口大を小さくしたり子どもの年齢に沿った調理をしたりと、注意深く日々取り組むのは大変に感じることもあるかもしれません。

時間に追われながらの大量調理が求められる

保育園では昼食やおやつの時間が規則正しく決められており、時間に追われながらの調理が求められるでしょう。

 

園児数に合わせて献立に使う素材の量を考えたり、大人数の給食を調理したりすることも慣れるまでは大変に思う方もいるようです。

保育園栄養士の面接対策・志望動機の例文

保育園栄養士の就職や転職活動に活かせる、履歴書に書く志望動機のポイントと、面接対策についてお伝えします。

 

志望動機の書き方

 

まずは、履歴書や面接で伝える志望動機について見ていきましょう。

志望動機を書くときのポイント

履歴書に志望動機を書く際には、以下の3点を意識してみましょう。

 

  • ポジティブに書く
  • 保育園で働く栄養士としての目標を定める
  • 子どもの健康管理に絡める

 

特に保育園の栄養士として働くにあたり、子どもの健康や食育に対する熱意が伝わるようにするとよいかもしれません。

 

具体的には、以下のような例を参考にしてみるとよいでしょう。

志望動機の例文

  • 栄養士の資格を活かし、子どもの健康を支えられる職場に就きたいと考えています。
  • 食育を通じて、子どもたちへ食事のすばらしさや楽しさを伝えたいと思います。
  • 保護者の声にも耳を傾けながら、子どもが安心して食べられるような献立を作りたいと思っています。

 

以上の例文のように、前向きな志望動機で意欲をアピールしてみてくださいね。

 

保育園栄養士として働く際の面接対策

 

次に、就職面接における対策方法を紹介します。

面接での受け答えのコツ

面接の際の受け答えでは、以下の3点に気をつけるとよいでしょう。

 

  • 子どもが好きなことをアピールする
  • 食育の理解度や大切さを伝える
  • 前職で得たスキルを伝える

 

栄養士としての立場から、子どもの頃の健康管理を支えたいという点を話してみましょう。食育インストラクターやアドバイザーなどの経験があれば伝えるとよさそうです。

 

また、栄養士であっても調理師さんや保育士さんと連携をとったり、時には子どもたちとかかわったりすることもあるでしょう。

 

そのためにも、これまでどんな風に対人関係を築いてきたのか、コミュニケーションを取るうえで意識していることなどをアピ―ルできるとよいかもしれませんね。

面接に必要な準備

基本的なことを含めて面接の際には、以下の3点を準備しておきましょう。

 

  • 身だしなみを整える
  • 忘れ物がないか事前に確認する
  • 移動手段を調べておく

 

遅刻しないようあらかじめ保育園までの移動経路を調べて置き、履歴書など提出書類に忘れ物はないか余裕をもって確認を済ませておくとよいかもしれません。

 

また、栄養士として働くには清潔感も大切なので、髪をまとめ、爪は短く整えて面接に臨みましょう。

 

 

保育園栄養士として働くことを検討してみよう

今回は保育園で働く栄養士さんの仕事内容や楽しいこと、大変なことなどをお伝えしました。

 

保育園の献立作成や食育を行うといった役割を持つ栄養士さんの仕事には、子どもの成長をサポートするというやりがいがあります。

 

栄養士さんを配置していない保育園もあるため求人情報はそれほど多くはありませんが、子どもに携わる仕事がしたいという思いがあれば、保育園栄養士への就職を検討してみてもよいかもしれませんね。

 

志望動機の例文や面接対策を参考に、保育園栄養士の転職活動に活かしてみましょう。

 

保育園栄養士の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とは何か、気になる保育士さんもいるでしょう。取り組みについて保育者の役割...

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターは育児家庭をサポートする地域交流の場です。支援センター求人を目にした転職...

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園の先生になるために、一種・二種どちらを目指すべきか悩んでいる方もいるかもしれません。...

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。教育者として求められることや役割、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!