保育園でのトイレトレーニングの進め方。いつから始めるのか、表を活用した方法など

保育園でのトイレトレーニングの進め方に悩む保育士さんは多いかもしれません。いつから始めるとよいのかや、0歳児・1歳児・2歳児それぞれの目安も知れるとよいですよね。今回は保育園でトイレトレーニングについて、やり方や始める前に必要な準備などをお伝えします。成功できるポイントや注意点を踏まえて、トイレトレーニングに取り組みましょう。


トイレ 女の子

MIAStudio/shutterstock.com


そもそもトイレトレーニングとは?

保育園では保育の一環として、子どもが一人で排泄できるようにサポートすることもあるでしょう。


そもそもトイレトレーニングとは、子どもが自分の意思でトイレに排泄できるよう取り組む練習のことをいいます。


トイレトレーニングの開始は、早ければ早いほどよいというものではありませんが、保育園ではいつからどのように進めるとよいのでしょうか。


子どもの状況に合わせて無理なく、適度なタイミングでサポートできるとように目安などをきちんと把握しておきましょう。

保育園でトイレトレーニングを始めるタイミング

保育園でトイレトレーニングに取り組むのはだいたい2歳児クラスからで、2歳半前後にスタートするケースが多いようです。


しかしながら、0歳児クラスでもオムツはずれを意識した言葉がけをするなど、できることがあるかもしれません。


保育園でのトイレトレーニングに向けた、0歳児、1歳児、2歳児それぞれの内容と接するときのポイントを見ていきましょう。

【年齢別】トイレトレーニングの内容と接し方



0歳児


0歳児では、オムツが汚れると不快に感じてぐずることもあるでしょう。


オムツ替えのときに「すっきりしたね。」などと、新たなオムツを履いて心地よくなったという気持ちを保育士さんが代弁することで、今後のトイレトレーニングにつながるかもしれません。



1歳児


1歳児では、まずはトイレに興味をもってもらうことが大切です。

トイレの時間が億劫にならないよう、楽しい雰囲気作りを意識するようにしましょう。


オムツを汚したとき「おしっこ でた。」と伝えられるようになった子どももいるかもしれません。

そんなときには、排泄を知らせることができたことを褒めましょう。



2歳児


2歳児になると、膀胱にある程度の尿をためられるようになるでしょう。

徐々におしっこの間隔が2~3時間になるなどして、オムツを汚さなくなったと感じることがあるかもしれません。


オムツが濡れていないときには「トイレでおしっこができるかもしれないね。」などと、トイレへ促してみましょう。


子どもが「おしっこ 出る」などと伝えられるようになったときは、たくさん褒めることでオムツはずれのきっかけにつながるかもしれません。

保育園でのトイレトレーニングに必要な準備

トイレトレーニングを始めるときの事前準備についてまとめました。



必要用品を揃える


保護者の協力のもと、以下の4点を用意するとよいでしょう。


  • トレーニング用パンツ
  • トレーニング用オムツ
  • おねしょシーツ
  • 補助便座

最初のうちは昼寝の間だけ通常のオムツを履くなど、活動内容によりトレーニング用と併用するとよいかもしれませんね。



トイレの環境を整える


トイレトレーニングに合わせて、トイレの環境を改めて見直しましょう。

掃除用具

トイレトレーニングを始めると、子どもがおもらしをしてしまうこともあるかもしれません。


トイレや保育室の床掃除などに即対応できるよう、排泄用の掃除用具を用意して使いやすい場所に備えておくとよいですね。

洗濯

子どもがおもらしした際には、着ている衣服やパンツなどを汚してしまう回数も増えてしまうでしょう。


おしっこのついた服を洗ったり干したりする場所など、改めて確認しておくとよさそうですね。

危険物

トイレトレーニングを進めると、子どもそれぞれのタイミングに合わせてトイレを利用する回数が増えるかもしれません。


子どもの手の届く場所に洗剤などの危険物が置いていないか、あらためて注意しましょう。

トイレットペーパー

トイレのやり方に慣れていない子どもは、必要以上にトイレットペーパーを使いすぎることがあるかもしれません。


そんなときは、例としてウォールポケットを活用すれば、トイレットペーパーを1回分ずつ小分けしておくことができます。

子どもが使いやすいよう準備しておくとよさそうですね。



保護者と情報を共有する


トイレトレーニングを進めるにあたり、保護者の協力は不可欠です。


以下の項目を参考に、保護者と連携がとれるとよいかもしれません。

トイレトレーニングの進め方を伝える

いつぐらいからトイレトレーニングを始めるのかなど、子どもの状況に合わせて個別に保護者へ伝えましょう。


トイレトレーニング中にはトイレへ行くことを促すタイミングや、トレーニングパンツを履いている時間帯など、保育園でのトイレトレーニングの進み具合を報告して保護者と共有できるとよいかもしれません。

家庭で取り組んでほしい内容を共有する

保育園でトレーニングパンツに慣れてきても、家でオムツばかり履いているとオムツはずれの時期を逃してしまうことも考えられます。


できる限り家庭でもオムツを履く時間帯を定めてもらうなど、保育園でのトイレトレーニングの進み具合を伝えながら家庭でも取り組んでほしいことを伝えるとよいでしょう。


その際に子どもが失敗してもとがめないよう、アドバイスもするとよいかもしれません。

協力してほしいことを伝える

トイレトレーニング中は着脱しやすい服装で登園し、排泄に失敗したときの着替えを多めに用意をしてもらいましょう。


洗濯物が増えることもあらかじめ伝えておくとよいかもしれません。

保育園でのトイレトレーニングのやり方、進め方

保育園 トイレ

DaViDa S/shutterstock.com


トイレトレーニングの進め方を、順番にみていきましょう。

          

1.絵本など視覚的な方法で導入する


トイレで排泄する方法は、口で説明するよりも以下の道具などを使うと子どもは楽しく覚えられるかもしれません。


  • 絵本
  • ビデオ教材
  • パネルシアター
  • ペープサート
  • 人形劇

トイレトレーニングにちなんだ絵本やペープサートなどを活用したり、ぬいぐるみを使ってトイレのやり方を伝えたりと、いろいろ工夫してみましょう。


おままごとなどごっこ遊びのなかで、トイレの一連の動作を教えるのもよいかもしれませんね。



2.トイレへ促す


子どもがトイレに足を運びやすいよう、楽しい雰囲気で声かけをするようにしましょう。


無理強いは避け、食事前や昼寝の後など生活リズムに合わせてトイレの時間を定めるとよいかもしれません。



3.便器に座らせる


目安としては、1歳児でもトイレに興味があれば便器に座らせてみてもよいでしょう。


たとえおしっこが出なくても便座に座る習慣をつけることで、トイレでできるイメージを作ることができそうです。

保育園でのトイレトレーニングを成功させるポイント

保育園で取り組むトイレトレーニングを成功させるために注意するポイントをまとめました。



トイレの環境を明るくする


まずは、トイレに行くという行為に興味をもってもらうことが大切でしょう。

子どもの好きなキャラクターを使って壁面装飾をするなど、トイレの空間が楽しくなるように工夫したいですね。



小さな成功も褒める


トイレに行きたいという意思を伝えることができた、自分でズボンを脱げた、などの小さな成功も子どもをうんと褒めましょう。


成功体験を積み重ねることで自信がつき、オムツはずれに結びつくかもしれません。



ごほうびなどの表を作成する


表を作るなどして、トイレで排泄ができたらごほうびのシールやはんこで記しをつけられるようにすると、子どもの励みになりそうですね。


また排泄時間が分かるような表を作り、トイレで排泄ができた時間に印をつけてみましょう。

トイレトレーニングを進める目安になり、保護者への伝達の際にも使えるかもしれません。

保育園でのトイレトレーニングを成功させよう

今回は保育園でのトイレトレーニングの方法などについて、いつから始めるとよいのかや進め方のポイントなどをお伝えしました。


本格的には2歳児クラスから始めるという保育園が多いようですが、個人差があるため、子どもの状況をみながら進められるとよさそうですね。


子どもひとり1人がそれぞれのタイミングで自然にオムツを卒業できるよう、楽しい雰囲気作りを意識しながらサポートしていきましょう。



持ち帰り残業なしの保育求人を紹介



関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!