2017年10月21日

プラスの積み重ねで子供を伸ばす

保育士おとーちゃんの「保育の力」って何だろう?


前回は、子供のできない所を「できる」ようにする意図では、厳しく関わろうとも、優しく関わろうとも、その子への否定の関わりになってしまうことを述べました。
今回は逆に、プラスに認める積み重ねで子供を伸ばしていくための保育士のあり方について書きたいと思います。


20171020-01.jpg

子供をあやつるような関わりはやめよう


前回の復習になりますが、できないことを「できるようにする」という意図というのは、例えば、好き嫌いのある子に対して、次のような関わり方です。


厳しい関わり:



「全部残さず食べなさい」と厳しい顔や言葉を向ける
「全部食べるまでデザートはあげません」


優しい関わり:



「残さず食べられたらえらいな~」とおだてる
「お野菜も食べたらデザートあげるね」とモノで釣る
「ほら、他の子は食べているよ」他児と比べる



こういった子供への関わり方は、一般の子育てでも、保育の中でもなんの疑問もなく使われているかもしれません。
厳しい関わりに関しては分かりやすい。でも優しい関わりは、一見ソフトなイメージがありますね。
これらは子供を大人の思い通りに行動させようとする、子供をあやつるような関わりであることに違いはありません。

何が問題かというと、その子自身の意欲や自発的な行動をもちいて、その子自身を伸ばそうとする関わりにはなっていないのです。

言い換えると、保育の専門性からすると、子供の自主性・主体性を尊重した関わりではないのです。
それはつまり、子供を大人の設定した型の中にギュウギュウと押し込もうとするような関わりです。

どれほど保育者が善意でその子に「できるようになって欲しい」と思っていた所で、その子からすれば自分のいまある姿の「否定」になっています。それはつまり「マイナス」のアプローチで子供の姿を作ろうとする保育の姿勢です。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

再び登場「あぁ、そうなんだ」でありのままを受け入れる



では、どのように保育士が関わっていけばいいのでしょう?

まずはありのままの目の前のその子の姿を、そのまま受け止めてみましょう。
コラムの第2回でお伝えした「ああ、そうなんだ~」という気持ちがここで役に立ちます。
心の中で思うだけでもいいですし、実際に言葉に出して言ってみてもいいでしょう。

「ああ、そうなんだ。あなたはそのお野菜苦手なのだね」

あるがままを受け止めたら、保育者は結果を急がず子供の姿を待ってみましょう。

待っただけでは、その子は変わらないかもしれないし、もしかすると自分からほんの少しだけでも食べようとする姿がでてくるかもしれません。

もし、例えちょっとだけでも自分からそれを食べてみようとする行動をとったら、そこを「認め」ます。
このとき「褒める」必要はありません。ただ「認め」ればいいのです。

「あ、自分から少し食べてみようとしたんだね」といったように、その事実を認めればいいのです。
認められるということは、これはその子にとって「プラス」のアプローチです。


プラスのモチベーション・意欲を蓄積させる



ほんの少しかもしれないけれど、ここで「プラス」が築かれました。
この「プラス」は意欲・モチベーションとしてその子の中に蓄積されていきます。

いま目の前の結果としては大きなものではないかもしれませんが、ここで蓄積された意欲・モチベーションはきっと次の機会につながっていきます。

このときなぜ、大げさに「褒める」必要がないかというと、そこには「しめしめ、褒めることでもっと、その子をできる子にしてやろう」という大人の作為が出てしまうからです。

子供は大人の気持ちに敏感です。そういう気持ちがあると、「ああ、やっぱり自分のあるがままの姿を良くないと思っているんだな」と子供に見透かされてしまいます。

「褒める」ことは、必ずしも悪いわけではありませんが、諸刃の剣になることがあることを覚えておきましょう。


子供が自主的に伸びるためには信頼関係が大切



悠長に待っているだけで子供ってそんな都合のいい姿を出すものなの?と思う人もいるかもしれません。

もし、保育者であるあなたが子供を「支配・管理」でとらえる対象と無意識でも心の内で思って保育をしている人でしたら、いくら待ったとしても子供が自主的に前進する姿を見ることは難しくなるでしょう。

なぜ待っているだけで子供が自分から好ましい姿を出すかというと、そこには「信頼関係」があるからです。
「信頼関係」を感じられない人に対しては、子供は自主的な成長の姿を出すことはありません。自分を支配しようとする人、あやつろうとする人、信じてくれない人に子供は信頼関係を強くできないからです。

だからこそ、「ああ、そうなんだ~」と現状を否定せずありのままを受け止める保育者の心持ちが必要だったのです。

「私のネガティブな姿であってもこの人は受け止めてくれた」という事実が、子供にその保育者への信頼関係を築きます。

これがあるから、「待つ」ことで子供の自分からの前向きな姿を見ることができます。

子供を「正しい型」にはめたい気持ちをぐっとこらえて、結果を急がず「待って」見ましょう。

このことは実はとても大きな保育の専門性のひとつです。


「待てる」ことは子供を信じられること



なぜかというと「待てる」ことは、子供を「信じられる」ことだからです。

「私が介入しなければこの子は正しい姿にならないわよね」と子供を低く見てしまえば、それは子供を信じていないということです。
そういう保育者は目指すべき結果ばかりを急ぎ、待つことができません。

すると、叱ったりくどくど小言を並べてその子に正しい行動を無理やり作り出そうとしたり、その子をおだてたり釣ることで短絡的に「結果」を出そうとしてしまいます。

保育者が子供の姿を伸ばしていく上で大事なのは、目に見える「結果を作り出すこと」ではないのです。
まず、「信頼関係」の構築があり、その上で子供の自主的な意欲を無理なく導き出すことこそが本当の保育のプロとしての仕事です。

これをその子にかかわる保育者みなが理解し実践していけば、子供の「できる」は「ついてくるもの」だということを実感できるでしょう。

「結果」は「保育者が作り出す」のではなく、「ついてくる」のです。


保育士おとーちゃんコラム 過去記事


保護者の抱える「不安」を知ろう!
「子供がかわいそう」は保護者への禁句!?
保育士はいきすぎた子育ての「ブレーキ役」 保護者への心の援助~前編~
保育士は味方だよ、という姿勢で 保護者の心への援助~後編~
親に「まあ、いいか」を伝える大切さ
「ああ、そうなんだ~」でありのままを受け入れる(子供編)
「ああ、そうなんだ~」でありのままを受け入れる(保護者編)
「愛情は攻撃の言葉?!」何気ない言葉に気を付ける
本当に「個性」を伸ばすこととは


プロフィール



保育士おとーちゃん(須賀義一)

20170714-suga.png
1974年生まれ。大学卒業後、男性としてはまだ珍しかった保育士(当時は保父)資格を取得する。
2009年、保育士としての経験などを元にブログ『保育士おとーちゃんの子育て日記』を開設。

現代の子育てに合った具体的な関わり方を伝えつつ、多くの人からの子育ての悩み相談にも応える。

著書に『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』(ともにPHP研究所)など。

東京都江戸川区出身、墨田区在住。一男一女の父親。

特集コラム一覧